本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



統制? 放任? インターネットにおける表現の自由を考える
インターネットの普及に合わせて、各国ではさまざまな政策が取られました。しかし現在は、GAFAMに代表されるようなインターネット企業に与えられた特権を見直そうという動きがあります。SNSによる誹謗中傷やフェイクニュースなど世界中に広まった「無責任な空間」は、今後どのように変化していくのか。国際政治アナ...
別窓で開く

止まらぬ円安 「1米ドル=130円」は節目でしかない!?(4月25日〜29日)【株と為替 今週のねらい目】
円安が止まらない。米ドル円相場は、米国の利上げ幅の拡大懸念に伴い、日米の金利差の広がりが見込まれ、ドル買い・円売りへの警戒感が強まっている。注目される2022年4月27〜28日の日本銀行の金融政策決定会合だが、金融緩和策は維持される見通し。一方、米国では5月3〜4日に開催される米連邦公開市場委員会(...
別窓で開く

ウェブ3.0の最前線とは...東洋経済「テクノロジーの未来地図」、エコノミスト「世界エネルギー大戦」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする(※「週刊ダイヤモンド」は、先週が今週との合併号だったため、今週は休刊)。...
別窓で開く

アマゾンの「価格制限」は違法なのか? 大企業による寡占化で消費者利益は失われているかも【馬医金満のマネー通信】
みなさん、こんにちは。馬医金満です。いま、独占禁止法が気になっています。遡ること2021年7月、バイデン米大統領は自国経済に市場競争を促す大統領令に署名しました。背景には、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)に代表される巨大IT企業の市場支配力の拡大に対して、積極的...
別窓で開く

食料品の値上がり心配...エコノミスト「戦時日本経済」 ダイヤモンド「日米強い株」、東洋経済は「経済超入門」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。...
別窓で開く

表現の「自由」と「規制」そのバランス  山田太郎参議院議員が語る
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月29日放送)に参議院議員の山田太郎が出演。表現の規制について解説した。参院予算委員会で質問する自民党・山田太郎氏=2020年3月16日午前、国会・参院第一委員会室 写真提供:産経新聞社表現規制3月24日に星海社新書から『「表現の自由」の闘い方』...
別窓で開く

自分にとって都合がいい快適な世界はどこ?
 ステイホームで、ラジオをBGMに過ごすことが増えた。その中で「メタバース」の話題が増えてきているように感じる。気になって調べてみると、日本でも伊勢丹デパートや凸版印刷など、すでに多くの企業がメタバース事業に取り組んでいるようだ。どんどん耳にする機会が増えたメタバースとはいったい何なのか、まさにその...
別窓で開く

NTTはGAFAと戦えるか。民営分割後の経営改革に迫る
 NTTはその名を知らない人がいない日本を代表する巨大企業である。しかし、あまりに大きく、多岐にわたるのでその実像はほとんど理解されていない。電話会社から進化してネットの世界でも重要な役割を担っているらしいが、米国のGAFAのような派手な印象がない。これが日本人の平均的なNTT像である。...
別窓で開く

GAFAは分割されるかもしれない?! アメリカ「反独占」の歴史から紐解く!
格差拡大、世界経済停滞の原因はGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック=現メタ、アマゾン)なのか。巨大グローバル企業による独占と寡占が進んだ結果、市場の競争原理と新規参入がはばまれ、イノベーションが妨げられたからだ——。...
別窓で開く

AIを使い、ネット上ですべてをコントロールしようとする中国政府
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月16日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。中国の会員制交流サイトで北京五輪の選手や競技解説者への攻撃的な投稿などがあったとして、22万件以上の書き込みが削除されたというニュースについて解説した。...
別窓で開く


[ gafa ] の関連キーワード

アメリカ 参議院 ntt