本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の「主権」が米中に奪われかねない
 デジタル庁が発足し、新聞には毎日のように「デジタル・トランスフォーメーション」(DX)の文字が躍る。まさに一億総デジタル。良いことづくめのように語られるデジタル改革だが、本書『デジタル・ファシズム』(NHK出版)は、ちょっと待て、と注意を喚起する。私たちは「デジタル」という専制君主に率いられた、新...
別窓で開く

GAFAMと呼ばれる5社(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)に代表される世界的なアメリカの主要IT企業は、いったいどのようにトップに上り詰め、その地位を確保しつづけているのか。「バズフィード・ニュース」のテクノロジー担当シニアレポーターであるアレックス・カントロウィッツ氏...
別窓で開く

令和版所得倍増計画という非現実。ちっとも新しくない「新しい日本型資本主義」
岸田新総理が打ち出した「令和版所得倍増計画」。果たしてこれを信じている人はいるのでしょうか。結論を先に言うと、ほとんどいないと思います。実際のところ、総理自身が雑誌のインタビューで“現実的ではない"と語っていますし。今回は「新しい日本型資本主義」「成長と分配」「新自由主義からの転換」「中間層復活」な...
別窓で開く

他の追随を許さないアメリカの巨大IT企業群、GAFAM(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル、マイクロソフト)。この5社の株式時価総額だけで日本株全体の時価総額を上回るほどのビッグ・テックが、世界経済に大きな影響を与えていることは誰もが知るとおりだ。そんなGAFAMの中から、「創業初日」を合...
別窓で開く

なぜ日本は“アップル税”回避を引き出すことができたのか? 前公取委員長が明かす「私はGAFAとこう戦った」
 米アップルは9月1日、日本の公正取引委員会による調査を受けて、2022年に全世界で規約の一部を変更することを発表しました。書籍や音楽、動画などのコンテンツを閲覧する「リーダーアプリ」について、15〜30%の配信手数料を回避できるようになる規約変更をアップルが申し出たのです。「異例の譲歩」という報道...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。「週刊ダイヤモンド」(2021年10月16日号)の第1特集は「資産1億円 本気でFIRE...
別窓で開く

テックジャイアントと呼ばれるGAFAM、すなわちグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル、マイクロソフトは誰もが知る巨大企業だ。一見、順風満帆に見える5社だが、その中でアップルの未来に関して懸念を示すのが「バズフィード・ニュース」のテクノロジー担当シニアレポーターであるアレックス・カントロウィッ...
別窓で開く

エクセルマクロの挫折しない勉強法や仕事で使いこなすコツを徹底解説!講師の寺澤さんはこれまでの20年間マクロを使って様々な業務を効率化させるなど、数多くの社内表彰を受けてきました。例えば、数十万行の元データから分析用データを毎週作成する作業。人の手だと1週間かけても終わらない作業ですが、マクロを使うと...
別窓で開く

株式分割前の買いは吉か凶か!? DX関連事業のグローバルウェイ(同志社大学 SYさん)【企業分析バトル】
8月も終え、徐々に暑さが和らいでくる頃。そんなことは裏腹に、新型コロナウイルスの感染拡大がさらに猛威を振るう。デルタ株の驚異的な広がりに、緊急事態宣言が発令されたが驚きはない。もはや、緊急事態宣言の期間のほうが長いように思うほど。大学はまたもオンラインになりそうな予感......。さて本題だが、今回...
別窓で開く

生き残りをかけた「地銀改革」! その光と影とは? —地銀業界分析2021—(慶応義塾大学 八田潤一郎さん)【企業分析バトル】
銀行というとどういったイメージをもつだろうか——。大学生からみると、一時より衰えたとはいえ、まだまだ就職活動で人気のある企業だ。外資系やメガバンクはもちろん、地方銀行も地域特化型として例外ではない。一方で、マーケットの評価は低下し続け、目安となるPBR(株価純資産倍率)1倍以下はもちろんのこと、低P...
別窓で開く


[ gafa ] の関連キーワード

慶応義塾大学 同志社大学 fire 潤一郎 パワポ