本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「Facebook」突如の社名変更ウラに内部告発の影響!?
 米Facebookのマーク・ザッカーバーグ最高責任者(CEO)は、10月28日におこなったオンラインカンファレンス「Connect 2021」の中で、社名を「Meta」に変更すると発表した。1週間ほど前から噂はあったが、事前情報なしでの社名変更発表には、やはり同社を揺るがす内部告発の影響が大きいと...
別窓で開く

【GoTo書店!!わたしの一冊】第40回『「ネオ・チャイナリスク」研究』柯 隆 著/濱口 桂一郎
■中国経済の成長は鈍化か 最近、「中国の動向がやばい」と感じる事件が多発している。香港、ウイグル、チベット、モンゴルといった民族弾圧問題は以前からだが、これまで中国経済を牽引してきた先端産業の経営者に対して弾圧とも取れる政策が矢継ぎ早に取られ、文革を礼賛するかの如き評論が掲載されるなど、中国はこれか...
別窓で開く

日米の「株価格差」はもはや埋めようがない…日本の時価総額はアメリカの約8分の1(杉村富生)
 当コラムでは日本、および日本人はすっかり貧乏になってしまった、と指摘している。なにしろ、この30年間、給料はほとんど増えていない。残ったのは国の借金ばかりである。 株式市場もそうだ。アメリカ市場の時価総額は52兆4337億ドル(約5977兆円)に膨らみ、世界の株式市場の時価総額の5割を占めている。...
別窓で開く

デジタル時代の小売企業に必要な「未来シナリオ」 大事なのは、いかに相手とは違う戦略をつくり上げるか
 IoTやAI、5Gなど、テクノロジーがビジネスにさらなる革新をもたらしている。これは小売業界も例外ではないが、その一方で、GAFAをはじめとしたビックテック企業の標的となり、旧態依然としたビジネスのやり方では生き残りが難しい状況も起こっている。...
別窓で開く

デジタル変革で前提が一変、多国籍企業にどう課税するか? ポストコロナのIT・未来予想図(第58回)
 10月に行われたG20の最大の成果は、デジタル時代の課税を巡る国際的な対応の前進であろう。元日銀局長の山岡浩巳氏が議論のポイントと課題を解説する。連載「ポストコロナのIT・未来予想図」の第58回。...
別窓で開く

あなたの「頭脳」はどこへ。「与えられ脳」になっていませんか?
「2020年の米国大統領選挙」のニュース解説でブレイクし、令和の論客としてカリスマ的な支持を得ている浅村正樹さんによる初の書籍がクロスメディア・パブリッシングから発売された。タイトルは、『バカのための思考法』。ギョッとするようなタイトルには、私たちの脳が「与えられること」に慣れ切ってしまい、思考力や...
別窓で開く

「ヤフーニュース」コメント欄 違反の判断をAIがすることの是非 〜誹謗中傷対策の強化
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月25日放送)に中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也が出演。ヤフーが誹謗中傷対策の強化としてニュースのコメントを人工知能などを活用して厳格に対策することについて解説した。...
別窓で開く

日本の「主権」が米中に奪われかねない
 デジタル庁が発足し、新聞には毎日のように「デジタル・トランスフォーメーション」(DX)の文字が躍る。まさに一億総デジタル。良いことづくめのように語られるデジタル改革だが、本書『デジタル・ファシズム』(NHK出版)は、ちょっと待て、と注意を喚起する。私たちは「デジタル」という専制君主に率いられた、新...
別窓で開く

GAFAMと呼ばれる5社(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)に代表される世界的なアメリカの主要IT企業は、いったいどのようにトップに上り詰め、その地位を確保しつづけているのか。「バズフィード・ニュース」のテクノロジー担当シニアレポーターであるアレックス・カントロウィッツ氏...
別窓で開く

令和版所得倍増計画という非現実。ちっとも新しくない「新しい日本型資本主義」
岸田新総理が打ち出した「令和版所得倍増計画」。果たしてこれを信じている人はいるのでしょうか。結論を先に言うと、ほとんどいないと思います。実際のところ、総理自身が雑誌のインタビューで“現実的ではない"と語っていますし。今回は「新しい日本型資本主義」「成長と分配」「新自由主義からの転換」「中間層復活」な...
別窓で開く


[ gafa ] の関連キーワード

facebook チャイナ goto アメリカ ヤフー