本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアのウクライナ侵攻、どうなる停戦協定 物価上昇圧力に円安進行(3月14日〜18日)【株と為替 今週のねらい目】
ロシアによるウクライナ侵攻が激化している。停戦協定が続けられているが、進展は見られないまま。そうしたなか、欧米のロシア産原油の輸入禁止に向けた動きを受けてエネルギー価格が急騰。物価上昇を招き、米国の2月の消費者物価指数はじつに40年ぶりの高い水準となった。国内でも物価上昇圧力が強まっているうえ、1ド...
別窓で開く

止まないロシアのウクライナ侵攻 欧米日にザポロジエ原発攻撃ショック!(3月7日〜11日)【株と為替 今週のねらい目】
ロシア軍がウクライナに侵攻して10日が過ぎた。停戦協議がはじまっているものの、両国の隔たりは大きく、ロシア軍が欧州最大の原子力発電所であるザポロジエ原発を攻撃したことに、欧米日に動揺が広がっている。そうしたなか、2022年3月4日からは北京冬季パラリンピックが開幕(13日までの10日間)。...
別窓で開く

FRBパウエル議長「利上げ発言」、エコノミストはどう見たか? 情勢悪化と原油高騰重なったら、まさかの展開も?【ウクライナ侵攻】
ロシアのウクライナ侵攻という世界経済の大混乱のさなか、FRBのパウエル議長は2022年3月2日、米下院で金融政策について証言し、毅然として利上げ(金融引締め)を進めると明らかにした。もっとも、利上げ幅も「0.25%」と当初の予想より控えめで、株式市場はこれを歓迎、一気に株価が上昇した。しかし、ホッと...
別窓で開く

FRB利上げ開始で「ドル」独歩高か? 外為オンライン・佐藤正和氏
新型コロナウイルスのパンデミックによる景気減速への対応策として実施されて来た「FRB(米連邦準備制度理事会)」の様々な金融政策が、ここに来て大きな方向転換を遂げつつある。当初予定されていた金利引き上げのスケジュールも、年内に4回とも5回とも予想されている。その影響で、株式市場は大きく下落し、債券市場...
別窓で開く

日経平均株価「2万6000円割れ目前の大暴落」3つの背景とは
2022年を迎えてもうすぐ1カ月が経ちますが、株式市場は大荒れとなりました。年始には2万9000円台で推移していた日経平均は、9%下落し、一時は2万6000円を下回る寸前まで値下がりしました。今回はこのような暴落が起こった背景をご紹介します。■日経平均株価が大暴落2021年の年末から2022年の年始...
別窓で開く

「インフレ退治のタカ」と化した米FRB、利上げ決定示唆 米国株続落...エコノミスト注目「5大ハイテク株」の行方は?
米国株の下落が止まらない。先週の5営業日連続値下げに加え、2022年1月27日(日本時間)も米FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長の記者会見中に大きく値を下げた。FRBの「タカ派姿勢」(金融引き締め策)が鮮明に打ち出されたからだ。「インフレ退治」へ容赦なく金融を引き締める政策のため、世界経済...
別窓で開く

米国経済への危機感...エコノミストが警戒するFRB予想以上の「タカ派姿勢」「恐怖指数」の行方
米国株式市場の下落が止まらない。ニューヨークダウ平均価格は、2022年1月17日から6営業日連続で値下げした。オミクロン株の感染大爆発、ウクライナ情勢の悪化という不安材料に加え、なによりインフレを抑制するためにFRB(連邦準備制度理事会)が金融引き締めのペースを速める動きに出ていることが響いている。...
別窓で開く

日経平均株価は米FOMCを控え様子見の展開か。「タカ派」の姿勢が示されれば下値圧力に
− 【日経平均株価】テクニカル分析 −まずは、先週の東京の株式市場を振り返ってみましょう。2022年1月21日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より250円67銭安の2万7522円26銭でした。下げ幅は一時600円を超え、ザラ場中の安値は2万7129円と、2万7000円直前にまで迫りました...
別窓で開く

米国の長期金利上昇は止まるのか? 金融引き締めで注目高まるFOMC(1月24日〜28日)【株と為替 今週のねらい目】
米国の金融政策が注目されている。東京株式市場の日経平均株価は、米国の金融引き締めへの警戒感が高まりから、米国株が大きく下落したことを受けて急落。2022年1月25〜26日の米FOMC(連邦公開市場委員会)を控えて、ボラティリティ(株価変動率)の高い相場が続きそうだ。ドル円相場も、米国株の下落からリス...
別窓で開く

FRBは利上げ3か月前倒し 世界から取り残される? 日銀、円安とインフレ圧力で厳しい舵取り
米連邦準備制度理事会(FRB)が早期利上げの方向に踏み出した。量的緩和を段階的に縮小する「テーパリング」に11月から着手したばかりだが、その完了時期を2022年6月から3月に、3か月前倒しする。その先は利上げに向かうことになる。...
別窓で開く


[ fomc frb パウエル ] の関連キーワード

ウクライナ パウエル ロシア frb