本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【日経平均株価】3万円台を視野に、上昇局面へ。米要人の発言には注目
■日経平均株価は終値ベースで、一時2万9000円を回復2022年8月19日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日比11円81銭安の2万8930円33銭となりました。日経平均は前週末から急伸し、週半ばの17日水曜日には2万9222円と、終値ベースで2万9000円を回復しました。終値が2万9000...
別窓で開く

好調な株価、3万円目指す 注目は米ジャクソンホール会議でのパウエルFRB議長講演(8月22日〜26日)【株と為替 今週のねらい目】
東京株式市場の日経平均株価は好調。ここ3週連続して伸びて、3万円台が見えてきた。米国のインフレ懸念が後退したことで米国株が上昇したことが材料となっている。今週の注目は2022年8月25〜27日開催の米ジャクソンホール会議でのFRB(米連邦準備制度理事会)パウエル議長の講演。9月のFOMC(米公開市場...
別窓で開く

【1万円からはじめる暗号資産】動いた明大! ビットコインとFCRコインをすべて売却  動かぬ北大と東大【暗号資産バトル 第9節】
方向性がつかめない暗号資産市場にあって、今週(2022年7月25日週)は明治大学の城正人さんが動いた。保有するビットコインとFCRコインをすべて売却。わずかだが、プラスを確保した。一方、北海道大学の花野直樹さん、東京大学の迫嵩明さんは動けず。北大の花野さんは「来週(8月1日週)以降も、経済指標から慎...
別窓で開く

【100万円増額計画】米ドル「勝負」で明暗! 落とし穴にはまった北大と一橋大 あっぱれな同志社大【FX大学対抗戦 第9節】
米国経済はリセッション(景気後退)に陥ったのか——。FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長はこれを否定したものの、市場の見方は厳しい。これまで日米の金利差の拡大から円安傾向にあった米ドル円相場が反転した。円高ドル安に振れたことで、「市場の反転に振り回された一週間だった」と、北海道大学の金融研究...
別窓で開く

急激な「円高」逆戻り!...日本経済に吉か凶か? 大打撃を受ける投資家も...エコノミストも賛否両論「FRB次第」「再び円安」「逆風だ」
2022年3月以来、急速に進んでいた円安が、ここにきて一転、急激な円高に転じている。7月22日の東京外国為替市場で1ドル139円96銭と140円台に迫る勢いだったのが、8月2日には一時130円割れ寸前までいった。円安加速に苦しんでいた日本経済に与える影響はプラスか、マイナスか。エコノミストの分析を読...
別窓で開く

急激な円安相場の終焉か?混迷続くドル円相場! 外為オンライン・佐藤正和氏
1ドル=139円台までドル高円安が進み、このまま一気に140円台に行くかと思われたドル円相場だが、ここにきて円安トレンドのシナリオが崩れ始めてきた。予想を超えるインフレが世界で同時に進み、米国を筆頭に金利を引き上げてインフレ退治を始めたことで、ドルが買われて来た。ところが、最近になって金利上昇による...
別窓で開く

強まる米国景気の後退懸念 円安ドル高の動きに一服感?(8月1日〜5日)【株と為替 今週のねらい目】
米国の景気悪化懸念が強まっている。米連邦準備制度理事会(FRB)は、2022年7月26〜27日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、0.75%の利上げを決めた。それにより、先行きの利上げ観測がやや後退。強いドル買い材料がなくなってきている。ただ、日米の金利差が縮まっているわけではなく、米ドルが必...
別窓で開く

「景気後退」喜ぶ、米国金融市場の「不思議」 エコノミストはどう見る?...今後は円建ての米国株投信「大幅下落」に注意
いったい米国経済はどうなっているのか。景気後退に入っているのか、いないのか。景気後退に陥っていれば、ウクライナ危機に揺れる世界経済はけん引役を失いかねない。米商務省が2022年7月28日発表した4〜6月期の実質国内総生産(GDP)速報値は年率換算で前期比0.9%減り、2四半期連続のマイナス成長となっ...
別窓で開く

ようやく一服? 日経平均株価は3週続伸 好調な企業決算で米国株上昇に乗る(7月25日〜29日)【株と為替 今週のねらい目】
東京株式市場の日経平均株価が、ようやく落ち着いてきたようだ。先週(2022年7月18日週)までに3週続伸。2万8000円台を視界に入れた。当面のターゲットは6月9日の2万8389円。けん引するのは米国株。引き続き日米の金利差は気になるところだが、ドル円相場は米国の大幅利上げの拡大観測が後退したことに...
別窓で開く

「これほどインフレが加速?」ウォール街パニック! エコノミストはどう見る?...米国経済が陥る今後のシナリオとは
「インフレが予想以上に加速している!」。米ウォール街に衝撃が走った。2022年7月13日に発表された米国の6月の消費者物価指数(CPI)が市場の予想を上回る悪い数字だったのだ。今後、インフレ退治に必死のFRB(連邦準備制度理事会)の利上げが0.75%ではなく1%もあり得ると市場は動揺、7月13日の株...
別窓で開く


[ fomc frb パウエル ] の関連キーワード

ウォール街 ジャクソン パウエル 同志社大 一橋大
frb fcr