本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


長期金利の上限を0.5%から事実上1%に引き上げた植田日銀総裁の「今後の狙い」
経済アナリストのジョセフ・クラフトが8月7日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。アメリカの7月の雇用統計について解説した。金融政策決定会合に関して、会見する日本銀行の植田和男総裁=2023年7月28日午後、東京都中央区 写真提供:産経新聞社米7月の雇用統計が前月より増加 〜利...
別窓で開く

金融緩和への第一歩か、YCC柔軟化が意味するもの?外為オンライン・佐藤正和氏
 日本銀行の金融政策決定会合で発表された「YCC(イールドカーブコントロール)柔軟化」は、ドル円相場に大きな影響を与え、ドル円相場は瞬間的に3円以上動く荒れた相場となった。結局、1ドル=143円台まで上昇し円安傾向が進んでいるものの、ドル高に対する警戒感も根強く、今後の展開には市場関係者も判断に苦慮...
別窓で開く

どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!■東京株式市場 強含みの展開か 米国の利上げ終了観測が強まり、米国株が堅調に推移...日経平均株価の支援材料に東京株式市場見通し(7月31日〜8月4日)日経平均株価予想レンジ:3万1800円〜3万3500円今週の東京株式市場の日経平均株価は、強含みの展開か。...
別窓で開く

人手が集まらず、世界的な賃上げに 欧州中央銀行が0.25%の追加利上げ
双日総合研究所チーフエコノミストの吉崎達彦が7月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。欧州中央銀行が決定した0.25%の政策金利の引き上げについて解説した。欧州中央銀行欧州中央銀行が0.25%の追加利上げ欧州中央銀行(ECB)は7月27日、金融政策を議論する定例理事会を開...
別窓で開く

FRB議長が後押し、米国株126年ぶり記録的上昇目前! ソフトランディングは本当? エコノミストが指摘「本当の危機はこれから」「日本株にも飛び火」
米国株の上昇が止まらない。2023年7月26日(現地時間)のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価が13営業日続伸した。1987年1月以来、36年半ぶりの記録となる。同日、FRB(米連邦準備制度理事会)が市場予想通り、0.25%の利上げを発表したが、その際、パウエルFRB議長が「もはや景気後退は予測し...
別窓で開く

米国の利上げは最終局面なのか? 9月の次回FOMCが正念場、FRBは慎重姿勢崩さず
【米国経済の動向】FRB(米連邦準備理事会)は2023年7月26日、FOMC(米連邦公開市場委員会)で利上げを決定、政策金利のFF(フェデラルファンド)金利の誘導目標を0.25%引き上げ、5.25〜5.50%とした。...
別窓で開く

 27日の香港マーケットは、主要80銘柄で構成されるハンセン指数が前日比273.97ポイント(1.41%)高の19639.11ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が121.49ポイント(1.86%)高の6670.68ポイントとそろって反発した。売買代金は1135億6400万香...
別窓で開く

 27日前場の香港マーケットは、主要80銘柄で構成されるハンセン指数が前日比263.89ポイント(1.36%)高の19629.03ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が129.17ポイント(1.97%)高の6678.36ポイントとそろって反発した。売買代金は649億8020万...
別窓で開く

 26日の香港マーケットは、主要80銘柄で構成されるハンセン指数が前日比69.26ポイント(0.36%)安の19365.14ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が55.01ポイント(0.83%)安の6549.19ポイントとそろって反落した。売買代金は874億9210万香港ドル...
別窓で開く

 26日の中国本土マーケットは、主要指標の上海総合指数が前日比8.49ポイント(0.26%)安の3223.03ポイントと反落した。 前日に急伸した反動で、戻り売りに押される流れ。前日の上海総合指数は2.1%上昇し、約2週ぶりの高値水準を回復した。また、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表(日本...
別窓で開く


[ fomc ] の関連キーワード

frb