本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


国公立大学の費用は安い?高校入学から大学卒業まではどれだけかかるか
大学進学率が年々上昇しています。文部科学省が2021年12月に発表した「令和3年度学校基本調査(確定値)」によると、18歳人口の4年制大学の進学率は54.9%と過去最高を記録しました。平成21年度の学校基本調査以降、4年制大学の進学率は50%台を超えています。全国平均ではあるものの、子どもの2人に1...
別窓で開く

令和の子育て世帯の平均「世帯年収500万円台」その貯蓄や教育費は何で貯めているかを確認
1月ももう終わりますが、今年の貯蓄計画はもう立てられたでしょうか。特にいまの子育て世帯は教育費や住宅ローンを払いながら、老後資金にも備える必要があります。お子さんが小さいと働き方をセーブする女性も多く、日々の生活費に精一杯で先々の貯蓄まで考えられない場合も多いでしょう。...
別窓で開く

【女性版】仕事と家庭どちらを選ぶか。既婚女性のリアルな本音や選択とは
新年が明けたと思ったら、1月ももう終わり。4月になれば育休から復帰したり、仕事を再開したりする方もいるでしょう。2020年には共働き世帯が1240万世帯、専業主婦世帯が571万世帯と、現代は共働きが主流です(参考:総務省統計局「労働力調査(詳細集計)」)。ただ、育児中の女性の働き方はさまざま。...
別窓で開く

ヒゲトリマーで頭を剃った2歳児、母は「丸刈りの運命?」と涙も「可愛くて憎めない」(英)
大人が普段何気なくしていることを、子供はよく観察しているものである。このほどイギリスから、髭のお手入れや髪のトリミングに便利なヒゲトリマー(髭用バリカン)で、頭を剃ってしまったやんちゃな2歳児の話題が届いた。『Metro』などが伝えている。...
別窓で開く

少子化待ったなし!教育産業への影響や未来を考える。高齢者向けの習いごとが増えるか
成人の日を迎えるにあたり、毎年国内の成人者数がニュースで取り上げられています。過去最少の120万人になると総務省は発表していますが、今年は少子化やもちろんのこと、コロナ禍により留学生や技能実習生が来日できないことも影響していると各メディアは報じています。成人人口は20年前の出生数から予想できますが、...
別窓で開く

「今日は会えなかったわね」車に残されたメモに激怒した妻、追い出された夫がSNSでメモの主を探す(豪)
このほどオーストラリアにて車に残されたハートマークが書かれているメモが原因で、ある男性が妻に追い出されてしまった。男性は全く身に覚えがなかったためSNSでメモの主に名乗り出るよう呼びかけ、妻の誤解を解こうと尽力した。『news.com.au』『The Sun』などが伝えている。...
別窓で開く

8時間の空の旅で乗客は自分だけだった男性「今までで一番快適なフライトだった」(英)
今月10日、TikTokユーザーの男性が「乗った飛行機で乗客が自分だけだった」と明かして話題を呼んだ。動画には誰も座っていない機内の様子が映っており、男性は好きなシートを使って簡易ベッドを作るなど自由に寛いでいた。そのレア体験の詳細を『The Mirror』などが伝えている。...
別窓で開く

子育て世帯「年収600万円台・平均貯蓄723.8万円」でも楽観できないワケ
18歳以下への10万円相当給付を受け取った方も多いでしょう。コネヒト株式会社がママ向けアプリ「ママリ」の利用者を対象に行った調査では、給付金対象者の53.1%が給付金(現金部分)を「ベビー・子ども用品」に利用する予定と答えています(2021年12月27日)。...
別窓で開く

「ただのほくろじゃない」 医学生が見知らぬ男性のがんを発見し命を救う(米)<動画あり>
ホッケーの試合を観戦中だった医学生の女性は、フィールドで作業を行う男性スタッフの首の後ろに黒いほくろを見つけた。これが単なるほくろではないと察した女性は「一度医者に診てもらった方がいい」と本人に伝えたが、男性が病院へ行くと悪性のがんであることが判明したのだ。そして男性の命を救った女性には、ホッケーチ...
別窓で開く

「オミクロン株」はデルタ株とは別の病気か?—これまでの「コロナ診療基準」が医療ひっ迫を生む恐れあり
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の変異株のオミクロン株による第6波が始まりました。感染力が驚異的に強く、沖縄などでは連日倍々の感染者数です。一部では緩和し始めたものの、「オミクロン株感染者は全員入院」などの基準を感染の実態にさらに合わせていかないことには、官製の医療ひっ迫が起こりかねません...
別窓で開く


[ find ] の関連キーワード

オミクロン