本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「清原和博の次男」だけで偉大な父と同じ活躍を期待するのは酷。清原勝児ら“慶応の逸材”たちをどう見るべきか?
高校野球の秋季大会も大詰めを迎え、来春の選抜高校野球への出場校も見えてきた。来秋のドラフト候補となる選手では、大阪桐蔭のエースである前田悠伍、広陵の主砲となった真鍋慧が代表格であり、注目を集めている。そんななかで、彼らよりも高い注目を集めそうなのが、清原和博氏(元西武など)を父に持つ清原勝児(慶応)...
別窓で開く

高校通算90本塁打もプロへの“課題”は多し。ドラフトまであと1年となった怪物・佐々木麟太郎の「現在地」
今年のドラフト会議も終わったばかりだが、すでに各カテゴリーで来年のドラフトへ向けたアピールは始まっている。とりわけ高校生で注目を集める存在になるのは、やはり佐々木麟太郎(花巻東)ではないだろうか。【動画】神宮の空に舞い上がった圧巻弾! 佐々木麟太郎の豪快ホームランをチェック 21年の入学当初からホー...
別窓で開く

過去10年で「最も成功」したドラフトは? 2人のMVPを輩出した西武、山本由伸を4位指名したオリックスも忘れがたい<SLUGGER>
10月20日に迫る今年のプロ野球ドラフト会議。ここでの指名が今後の球団の趨勢を大きく左右するが、果たして2012年から21年までの過去10年のドラフトで最も成功/失敗した指名は「どの年のどの球団」なのだろうか。今回は最高の指名となったトップ5を紹介する。...
別窓で開く

過去10年で「最も失敗」したドラフトは? 14年ヤクルトは5年間で8人中7人が戦力外、中日は落合GMの即戦力志向が裏目に<SLUGGER>
10月20日に迫るプロ野球ドラフト会議。ここでの指名が今後の球団の趨勢を大きく左右するが、果たして2012年から21年までの過去10年のドラフトで最も成功/失敗した指名は「どの年のどの球団」なのだろうか。今回は“最悪”の指名となったワースト5を紹介する。...
別窓で開く

「Tポイント」と「Vポイント」統合へ。何が変わるのか?
10月に入り、ポイント関連で大きなニュースが飛び込んできました。TポイントとVポイントが2024年春に統合すると、2022年10月3日、各社が報じました。Tポイントは2003年に開始した共通ポイントの老舗。さまざまなお店でTカードを提示するとTポイントがたまり、たまったTポイントは加盟店で1ポイント...
別窓で開く

バスケ女子日本代表がW杯メンバーを発表!東京五輪銀メダリスト6人に渡嘉敷ら新戦力が加入<DUNKSHOOT>
日本バスケットボール協会は8日、9月22日からオーストラリアで開催される「FIBA女子バスケットボールワールドカップ2022 」に臨む日本代表メンバーを発表した。 悲願の世界一、そして24年パリ五輪の出場権をかけた戦いに挑む12名は以下の通りだ(※年齢・所属は9月8日現在)。...
別窓で開く

企業の株価・投資に大きく影響、融資受けられないことも...加速する「カーボンニュートラル」
最近、「カーボンニュートラル」という言葉をよく聞く。直訳すると、「炭素中立」。どういうことかというと、CO2には、工場や車など「増やす側」と、森林など「減らす側」があり、この両者の量が均衡した状態がカーボンニュートラルだ。大気中のCO2は増えないので、気候変動対策として非常に重要である。...
別窓で開く

二酸化炭素が原料に! 既存のインフラがそのまま使える未来のエネルギー「合成燃料」とは?
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。「フラトピ!」のコーナーでは、未来のエネルギーとして期待される“合成燃料”について、キャスターの田中陽南が取材しました。...
別窓で開く

渡嘉敷来夢選手が明かす、「東京五輪欠場」を判断した裏側
7月31日(日)、スポーツライター金子達仁がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「The Deep」(ニッポン放送・毎週日曜20時〜20時20分)が放送。女子バスケットボール・ENEOSサンフラワーズ・渡嘉敷来夢選手が出演し、東京五輪欠場を判断した裏話を明かした。...
別窓で開く

【2022ドラフト候補ランキング|31〜50位】ランクアップした近江・山田をはじめ、この春に急成長した選手が評価上昇<SLUGGER>
前回は1月1日に公開した2022年ドラフト候補ランキング。今年のドラフトは、高校、大学、社会人とも絶対的な目玉は不在と言われているが、春のシーズンに大きくアピールした選手も少なくなかった。今回は高校野球の地方大会が本格化する前の段階でのランキングを発表したい。...
別窓で開く