本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「気の毒に思う」批判を浴びる南野拓実を元イングランド代表の名手が擁護!「彼は試合に出ていないんだから…」
 リバプールの南野拓実は、1月13日に行なわれたアーセナルとのリーグカップ準決勝第1レグで、先発の機会を掴む。 しかし、スコアレスで迎えた90分、右サイドからのクロスの対応で敵GKアーロン・ラムスデイルが飛び出したところに、絶好のチャンスが巡ってくるが、痛恨のシュートミス。試合はスコアレスドローに終...
別窓で開く

「外すほうが難しい」ガラ空きのゴールに…南野拓実の決定機逸に海外メディア反応「『最悪のミス』とファンを驚かす」
 終盤のビッグチャンスを逃しただけに、厳しい声が集まるのも致し方なしか。 現地時間1月13日に開催されたイングランドのリーグカップ準決勝・第1レグで、南野拓実が所属するリバプールが、冨安健洋がプレーするアーセナルとホームで対戦。スコアレスドローに終わった。...
別窓で開く

「マツイはまだ28歳だった」米メディアがヤンキースに鈴木誠也の獲得を推挙!松井秀喜との類似点を挙げて「2桁本塁打の可能性は十分」
新年を迎えても、MLBはロックアウトによる活動停止の状態が続いている。その中でも、広島カープからポスティングによるメジャー挑戦を目指している鈴木誠也の移籍先を占う話題は途切れることはない。現地メディアでは、これまで数々の日本人プレーヤーが活躍してきた名門球団への加入の可能性も囁かれている。...
別窓で開く

ヤンキースは「5500万ドルの契約を提供できる」。球界の盟主が“日本のトラウト”鈴木誠也獲得に動く理由
2021年の野球界で鮮烈なインパクトを残し、新年に一大チャレンジをしようとしているサムライがいる。広島カープの鈴木誠也だ。【動画】MLBスカウトをも唸らせる一撃! 鈴木誠也が放った特大アーチをチェック プロ入り9年目を終えた今季の鈴木は圧巻だった。レギュラーシーズンでは打率.317と出塁率.433で...
別窓で開く

今注目の「PS5ゲームソフト」 Amazon売れ筋ランキング(2021年12月23日17時00分更新分)
世界有数のショッピングサイト「Amazon」でどんな商品が売れているのか、gooランキングが独自に調査。今回は今最も売れている「PS5ゲームソフト」はどのタイトルなのかに注目してみました。※ランキング結果は2021年12月23日17時00分時点のものです1位は『ELDEN RING (【予約特典】ア...
別窓で開く

「ミナミノを解き放つ時だ」フィルミーノの離脱で南野拓実にリバプールファン&現地メディアが期待!「出場機会を与えるべき」
 リバプールのユルゲン・クロップ監督は11月5日、ロベルト・フィルミーノがハムストリングの重傷を負ったことを明らかにした。離脱期間は分からないとしており、現地メディアによれば、復帰には少なくとも4週間が必要になる見込みだ。 このブラジル代表FWの離脱で注目されるのが、モハメド・サラー、サディオ・マネ...
別窓で開く

「全く予想しちゃいなかった」カーメロがニックス復帰とレイカーズ入りで揺れた“激動のオフ”を語る<DUNKSHOOT>
現地時間9月15日、今夏にロサンゼルス・レイカーズへ移籍したカーメロ・アンソニーが、米メディア『Empire Sports Media』のインタビューに応じた。 すでに新チームへ合流し、28日から始まるトレーニングキャンプに向けてコンディションを整えている37歳の大ベテラン。...
別窓で開く

インディーゲームイベント「BitSummit THE 8th BIT」の出展98タイトルと協賛・パブリッシャー企業を発表
インディーゲームイベント「BitSummit」の実行委員会は、2021年8月6日から8日にかけてオンラインとオフラインで開催する「BitSummit THE 8th BIT」の出展98タイトルと協賛・パブリッシャー企業を発表しました。...
別窓で開く

『死霊館』シリーズ最新作『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』 日本公開日が10月1日に決定[ホラー通信]
大ヒットホラー『死霊館』シリーズの最新作となる『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』の日本公開日が10月1日に決定した。併せて衝撃的な場面写真が解禁となっている。今作は、被告人が“悪魔にとり憑かれていた”ことを理由に裁判で無罪を主張するという、異例の殺人事件をベースにしたストーリー。...
別窓で開く

「放出に積極的ではないが…」南野拓実の来季去就に現地メディアが見解。有力候補セインツのファンの評価は…
5月28日に行なわれたカタール・ワールドカップ・アジア2次予選のミャンマー戦では、先制点を含む2ゴールを挙げるなど攻撃面で存在感を示した南野拓実。その活躍は、彼のクラブレベルでの主戦場であるイングランドにも伝わり、サウサンプトンやリバプールのファンからも小さくない反応があった。...
別窓で開く