本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



液晶パネル、過去最大級の価格上昇
− FPD各社の収益が大幅改善へ − 6月以降、液晶パネルの価格上昇が続いている。特にテレビ用を中心に価格の上昇率が高く、「過去最大級の上げ幅」(業界アナリスト)という水準まで来ている。2019年は多くのFPD(Flat Panel Display)メーカーが液晶の価格下落に苦しみ、営業赤字から抜け...
別窓で開く

台湾LED大手のレクスター、ミニLEDバックライト製品群を発売
− 液晶テレビなどの高画質化に寄与 − 台湾LED大手のレクスターエレクトロニクス(Lextar Electronics、隆達電子)は、液晶ディスプレーに搭載するミニLEDバックライトの新シリーズとして「I-Mini Blue LED」を発表した。...
別窓で開く

復調の自動車産業、車載半導体は時間差で回復か
− 自動車販売は中国一強の様相 −■本記事の3つのポイント中国を中心に自動車産業が復調の兆しを見せている。中国は5月以降、3カ月連続で前年を上回る販売台数を記録している車載半導体メーカーの業績も4〜6月期を底に回復に向かう見通し。...
別窓で開く

マスクじゃなくてウェアラブル空気清浄機 LGが「PuriCare Wearable Air Purifier」を発表
8月27日、LG Electronicsがウェアラブル空気清浄機「PuriCare Wearable Air Purifier」を発表しました。「PuriCare Wearable Air Purifier」は、鼻と顎周辺の空気漏れを最小限に抑え、使用者の顔にフィットするように人間工学にもとづいて設...
別窓で開く

LG化学、液晶用偏光板事業を中国企業に売却
− 有機ELへのシフトに活路 − 韓国の大手化学メーカーであるLG化学(ソウル市)は、中国の化学材料メーカーである寧波杉杉(シャンシャン)グループに液晶パネル用偏光板事業を売却すると発表した。売却額は11億ドル(約1兆3000億ウォン)。...
別窓で開く

厳しい局面に立つ車載半導体〜4〜6月期は大幅なマイナス成長必至〜
■本記事の3つのポイント車載用半導体市場は中長期では成長が見込めるものの、足元では新型コロナの影響が出ており、自動車産業全体と同様に厳しい事業環境ただ、20年1〜3月期はサプライチェーンでの在庫積み増し影響などもあって、業績の落ち込みは軽微一方、4〜6月期ガイダンスは在庫調整の影響を強く受けるもよう...
別窓で開く

部屋の広さから考える高音質テレビの選び方【趣味時間 最新モノ案内】
【趣味時間 最新モノ案内】ゴールデンウィークが終わり、6月が近づくといよいよ梅雨シーズン。長雨が続くなら、いっそ普段はなかなか観られない映画やドラマを動画配信サービスなどで一気に楽しんでしまうのもひとつの手だ。そして、存分に満喫するには “部屋の広さ” に適した映像&音響機器をそろえるのがベスト。...
別窓で開く

自宅で手軽に大画面を楽しめるプロジェクター4選【コスパ最強モノ】
【特集】コスパ最強モノGoodsPressの人気特集『安くて良いモノ特集』が今年もやってきました! しかし、ホンモノを求める我々は “安物” には興味ナシ! 知りたいのは「本当にそれ使えんの?」ってところ。安いからと買ってはみたものの、「ちょっと高くても、やっぱりアッチにすべきだったな」なんて経験、...
別窓で開く

地デジ移行から10年!今、買うべき4K有機ELテレビ6選【コスパ最強モノ】
【特集】コスパ最強モノGoodsPressの人気特集『安くて良いモノ特集』が今年もやってきました! しかし、ホンモノを求める我々は “安物” には興味ナシ! 知りたいのは「本当にそれ使えんの?」ってところ。安いからと買ってはみたものの、「ちょっと高くても、やっぱりアッチにすべきだったな」なんて経験、...
別窓で開く


<前へ12次へ>