本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



無料SIM付きのポータブル翻訳機なら海外に行ってもWi-Fiいらず!
各国の入国制限も大幅に緩和されつつある昨今。海外旅行がしやすくなり、また、海外から日本への渡航者も徐々に増えています。そんな海外の人々との交流において大活躍するのが、ポーランドに本社を構えるVasco Electronics社のポータブル自動翻訳機「Vasco Translator V4」(4万95...
別窓で開く

「韓国の特許王」ソウル半導体、今度はドイツ企業に勝訴…100戦無敗に
世界3位のLED(発光ダイオード)企業である韓国企業・ソウル半導体(Seoul Semiconductor Co., Ltd)が、欧州の大型流通業者を相手にした特許訴訟で勝訴した。特許を侵害した欧州企業製の照明製品には販売禁止処分が下された。今回の勝訴でソウル半導体は2003年以後、合計100回の訴...
別窓で開く

「サイボーグゴキブリ」開発 危険地域の探索など“寿命が続く限り”可能 理研&早大
モビリティになる可能性だってありますよ!ゴキブリに太陽電池を取り付けてサイボーグ化 早稲田大学は2022年9月5日、理化学研究所と同大ならびにシンガポール南洋理工大学の国際共同研究チームが、「光エネルギーで再充電可能な電源ユニットを含む電子部品を搭載したサイボーグ昆虫」を開発したと発表しました。...
別窓で開く

ソニーがEVに参入 トヨタや米テスラ、中国BYDに独VWだけじゃない熾烈な競争に「勝算」は?
ソニーグループが電気自動車(EV)に参入する。吉田憲一郎社長が2022年1月4日、世界最大級の家電IT見本市「CES」(米ラスベガス)の開幕に合わせて、新会社「ソニーモビリティ株式会社」を今春に設立し、量産化を検討すると発表した。EVは「脱炭素」の流れが強まるなか、ガソリン車に比べて技術的な障壁が低...
別窓で開く

ソニー SUVモデルの電気自動車を発表! EV専門の子会社も発足へ
SUVタイプのEVは7人乗り新型EVの発表とともに子会社の設立も ソニーは2022年1月5日(水)、独自開発したEV(電気自動車)の「VISION-S」を発表するとともに、それを扱うための新たなグループ会社として「ソニーモビリティ株式会社」を設立すると発表しました。...
別窓で開く

無線もOK!高性能Bluetoothコーデックでリスニング環境を操ろう
1台4役のメディアHUB機能として、こだわり派のオーディオファンから熱い支持を集めていたFiiO Electronicsの高機能USB DAC「BTA30」が、機能を大きくアップデートさせた新モデル「BTA30 Pro」(予想実勢価格:1万5950円前後)としてリニューアル。...
別窓で開く

薄くてもあったか〜い電気ブランケットは家でもオフィスでも大活躍!
日中は暑くても、朝晩はひんやりと秋の深まりを感じる今日この頃。そろそろオフィスやリビングでブランケットが恋しくなってきまね。とはいっても、思いの外かさ張るので置き場に困るブランケット。でもペラペラだと温かくないし……。...
別窓で開く

CESに登場した次世代ディスプレー技術
− ミニLEDバックライトやマイクロLEDが多数登場 −■本記事の3つのポイント毎年1月に開催される米国の家電見本市「CES」では、FPD関連の最新技術も多く披露、展示された次世代ディスプレー技術の1つであるマイクロLEDではサムスンやLG、ソニーなどが大型テレビなどを披露したスマートグラスの展示も...
別窓で開く

意外と知らないBeats(ビーツ)のススメ!新型 Beats Studio Budsも含めて違いを教えて!
Beats(ビーツ)とはアメリカで誕生したオーディオブランドであり、2014年にAppleの傘下に入りました。プロをも認める高音質と洗練されたデザインが特徴であり、世界中の多くの音楽関係者やアスリートに愛用されています。...
別窓で開く

コストコで「コロナ禍に、買ってよかった!」口コミ高評価のお買い得商品ベスト10
新しい生活様式が徐々に浸透してきていますが、緊急事態宣言が出された当時、三密を避けながら生活必需品の食料品や消耗品をどのように入手するかは、大きな懸念事項でした。...
別窓で開く


<前へ12次へ>