本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カナダ、ギリシャ、トルコ…東京オリンピック最後の出場枠を掴むのは?【最終予選プレビュー|PART. 1】<DUNKSHOOT>
6月29日から7月4日にかけて、カナダのビクトリア、セルビアのベオグラード、クロアチアのスプリト、そしてリトアニアのカウナスの4都市で、東京オリンピックの男子バスケットボール最終予選が行なわれる。 オリンピックの出場枠は全部で12。ホスト国の日本と、2019年のFIBAワールドカップ(W杯)から7か...
別窓で開く

ヨキッチ、アデトクンボ、エンビード…MVP投票にも国際化の波。今年は約75%が外国籍出身選手に集中<DUNKSHOOT>
NBA2020−21シーズンのMVPは、デンバー・ナゲッツの万能センター、ニコラ・ヨキッチ(セルビア)が初受賞。これにより、昨年と一昨年のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス/ギリシャ)に続いて、3年連続で外国籍出身選手が選出された。 現在のNBAで外国籍出身選手たちの活躍は、アメリカ人選...
別窓で開く

ジャズのゴベアが最優秀守備選手賞を受賞!3度の戴冠は史上4人目、5年総額2億ドルの契約後に大仕事<DUNKSHOOT>
NBAは6月9日(日本時間10日)、2020−21シーズンの最優秀守備選手賞を発表。ユタ・ジャズのルディ・ゴベアが2年ぶり3度目の栄冠に輝いた。 同賞を3回以上受賞したのは、ディケンベ・ムトンボ(元アトランタ・ホークスほか/4回)、ベン・ウォーレス(元デトロイト・ピストンズほか/4回)、ドワイト・ハ...
別窓で開く

東京五輪のアメリカ代表メンバーはどうなる?カリーの出場は五分五分、レブロン&デイビスは……<DUNKSHOOT>
6月6日(日本時間7日、日付は以下同)。プレーオフ・ファーストラウンドでロサンゼルス・クリッパーズがダラス・マーベリックスを下し、シリーズ4勝目(3敗)をあげたことで、今季の優勝チームは8に絞られた。 今後プレーオフは各カンファレンスの準決勝、決勝が行なわれ、NBAファイナルを経て今季のチャンピオン...
別窓で開く

逆境を何度も乗り越えてきた男フェスタス・エジーリ。2015年ウォリアーズ優勝戦士の現在<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズの復興が始まった2012−13シーズンに入団し、2015年にチーム40年ぶりの優勝を経験したビッグマン、フェスタス・エジーリ。 控えセンターだった彼の仕事は、「バレーボールのスパイクか!?」というくらい強烈なブロックや、身体を張ったリバウンド。...
別窓で開く

加入1年目からアルバルクの得点源に!スパーズ入りをパスし異国で成功を収めたデション・トーマスのキャリア<DUNKSHOOT>
今シーズン、アルバルク東京に加入したアメリカ人フォワード、デション・トーマス。彼は欧州バスケ界に参入したアメリカ人選手の中で、最も成功している1人だ。 3月下旬に新型コロナに感染した影響もあり、Bリーグでの出場試合数は45。約25分のプレータイムで平均16.6点をマークし、3ポイントは41.5%と高...
別窓で開く

NBA新記録を打ち立てた2人のティーンエイジャー。マレドンとポクシェフスキーはサンダーの未来を担えるか<DUNKSHOOT>
昨年のドラフトで指名を受けた欧州出身のルーキー2人が、4月2日(日本時間3日、日付は以下同)、NBAに新たな歴史を作った。 この日行なわれたオクラホマシティ・サンダー対フェニックス・サンズ戦。試合は103−140でホームのサンズが勝利したが、今季からサンダーに加入したガードのテオ・マレドンとビッグマ...
別窓で開く

レイカーズはマジックが断トツ!他球団の記録保持者は…チーム別トリプルダブル達成数ランキング【パシフィック編】<DUNKSHOOT>
年々“ポジションレス化”が進行するNBAで、特に注目される記録のひとつが、1試合に3部門で2桁を稼ぐ「トリプルダブル」だ。最近ではワシントン・ウィザーズのラッセル・ウエストブルックが移籍1年目で球団新記録を打ち立てたことでも話題になった。そこで今回は、それぞれのチームにおける...
別窓で開く

弟は現役NBA、父はバレーの代表監督——琉球ゴールデンキングス、キム・ティリが語るBリーグ<DUNKSHOOT>
Bリーグで現在、西地区首位に立つ琉球ゴールデンキングス。その琉球で貴重な役割を担っているのが、今季から加入した元フランス代表のパワーフォワード兼センター、キム・ティリだ。 昨年末に右ヒザの手術を受け、その後約1か月間戦列から離れたが、2月上旬に復帰を果たし、ここまで32試合に出場。...
別窓で開く

NBAのレジェンド、パーカーの次なる野望は「凱旋門賞制覇」。昨年8月には所有馬が初陣で優勝〈DUNKSHOOT〉
NBAのサンアントニオ・スパーズで4度のリーグ制覇を成し遂げたトニー・パーカーは、引退後も精力的に活動を続けている。 母国フランスでのプロバスケットボールクラブの運営にサッカー、アスリート養成スクール、スキー場経営……。...
別窓で開く