本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



かつてジョーダンと覇を争った男が語る1985年のスラムダンク・コンテスト秘話「NBAはとっさにあの判断をした」<DUNKSHOOT>
今年もNBAオールスターウィークエンドの季節が到来した。 当日の日曜日に行なわれる本戦だけでなく、ライジングスターズ・チャレンジ、スラムダンク・コンテスト、3ポイント・コンテスト、スキルズチャレンジなど、楽しいイベントが盛りだくさんの祭典だ。...
別窓で開く

ジョーダン、ドクターJ、カーター…NBA歴代“ベストダンカーチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
バスケットボールの花形プレーと聞いて、多くの人が思い浮かべるのがリングに直接ボールをねじ込む「ダンクシュート」だろう。特に世界中から傑出したアスリートが集うNBAでは、毎年オールスターのメインイベントとしてスラムダンク・コンテストが行なわれるなど、数々の跳躍自慢が時代を彩ってきた。...
別窓で開く

指揮官や同僚も憤慨するヨキッチの“ファウル問題”。昨季のフリースロー獲得率には驚きのデータも<DUNKSHOOT>
ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボとともに、ヨーロッパ人選手として今年のオールスターの先発メンバーに選ばれたニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)。今季もすでにトリプルダブルは12回、第14週には自身10回目の週間最優秀選手に選出され、受賞回数で球団最多のカーメロ・アンソニー(現ロサンゼ...
別窓で開く

「今の自分は“過去最高のルディ・ゴベア”」最強守護神が語る、東京五輪で得た自信とジャズの課題<DUNKSHOOT>
現在、ウエスタン・カンファレンス4位につけているユタ・ジャズ。現地時間1月7日(日本時間8日、日付は以下同)のトロント・ラプターズ戦から4連敗と停滞したが、16日のデンバー・ナゲッツ戦で125−102と勝ち星をあげ、ひとまず連敗を食い止めた。そしてこの試合は、新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、...
別窓で開く

内戦による難民化、貧困から大学進学を諦めプロ入り…波乱に満ちたエマニュエル・ムディエイのキャリア<DUNKSHOOT>
新型コロナウイルスへの感染が再び拡大している今、試合が延期になったり、選手が安全衛生プロトコル入りしてロースターに欠員が出るなど、イレギュラーな状況となっているNBA。しかしその一方で、デビュー機会やプレータイムの増加といったチャンスを得ている選手もいる。 先日、サクラメント・キングスと10日間契約...
別窓で開く

「自分がレジェンドだと思ったことはない」謙虚なスター、ノビツキーが築いた偉大なキャリア<DUNKSHOOT>
トレードや解雇が目まぐるしく繰り返されるNBAで、21年間にわたり同じフランチャイズでプレーを続けるというのは、相当に特別なことである。それを実現したのが、1998−99シーズンにNBA入りし、2018−19シーズンに引退するまでダラス・マーベリックス一筋でキャリアをまっとうしたダーク・ノビツキーだ...
別窓で開く

「まずいミスが多くある」クリッパーズのエースが新公式球に本音を吐露「同じ感触じゃないし、柔らかさもない」<DUNKSHOOT>
今季ロサンゼルス・クリッパーズでエースを務めるポール・ジョージは、現地時間11月1日のオクラホマシティ・サンダー戦でゲームハイの32得点に9リバウンド、7アシスト、3スティールの大活躍で99-94の勝利へと導いた。 この試合のジョージは圧巻だった。...
別窓で開く

「この街のイメージに、自分はピッタリ」東京五輪中にニックスと契約したフランス代表戦士。加入の“決め手”となったのは?<DUNKSHOOT>
今オフ、ニューヨーク・ニックスに入団したフランス人スコアラーのエバン・フォーニエは、新天地デビュー戦でいきなりチーム記録を作る大活躍を披露した。 開幕戦の相手は、彼が昨季途中に加入し、16試合プレーした古巣(平均13点、3.1アシスト、3.3リバウンド)ボストン・セルティックス。...
別窓で開く

NBA創設75周年記念チームに選ばれた?意外な選手”と?落選した選手”<DUNKSHOOT>
現地10月19日から21日にかけて、NBAは創設75周年を記念して“偉大な75人”を発表した(投票結果タイにより、最終的に76人が選出)。 メディア、現役および元選手、コーチ、ゼネラルマネージャー、チーム幹部たちで構成される選考委員会によって選ばれた75人の顔ぶれは豪華そのも...
別窓で開く

レイカーズの秘密兵器?ベテラン軍団が20歳の“未完の大器”セコウ・ドゥンブヤと2WAY契約<DUNKSHOOT>
現地時間10月12日、ロサンゼルス・レイカーズはセコウ・ドゥンブヤと2WAY契約を結んだ。 ギニア生まれフランス育ちのドゥンブヤは、203センチ・109キロの大型フォワード。2019年のドラフト1巡目15位でデトロイト・ピストンズに指名され、2年間で94試合に出場(先発30試合)し、平均5.6点、2...
別窓で開く