本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ピッペン、ロッドマン、デュマース…“無名大学出身のベストメンバー”はオールスター級の豪華布陣に<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとって、NBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に最強...
別窓で開く

レブロンとカリーの選出は確実も、アデトクンボとドンチッチは微妙?「NBA75周年記念チーム」のメンバーを予想<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日、日付は以下同)、NBAコミッショナーのアダム・シルバーはリーグ創設75周年目となる2021−22シーズンに向けて「我々は選手たちとチーム、過去と現在において世界中のファンの皆様を魅了してきたその双方を称えることを楽しみにしています」と語った。...
別窓で開く

「我々の時代とは違う」ユーイングが黒星スタートのアメリカ代表に同情「世界が追いついた」<DUNKSHOOT>
7月25日に幕を開けた東京五輪バスケットボールの予選リーグで、グループAのアメリカ代表はフランス代表との初戦に76−83で敗れ、オリンピックの連勝が25でストップした。 フランスは2019年のFIBAワールドカップの準々決勝でもアメリカを下しており、最高のスタートを切った。...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生】セルビアで腕を磨いた“八村の後輩”やフランス産の有望ガード。2巡目候補にも逸材揃い<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)、ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される2021年のNBAドラフト。近年注目度が増しているヨーロッパのプロスペクトでは、スペインのウスマン・ガルバ、トルコのアルペラン・シェングンらが1巡目の指名候補に挙がっている。...
別窓で開く

【NBA秘話】リーグに隆盛をもたらしたデイビッド・スターン——“最後の晴れ舞台”で起きたサプライズ<DUNKSHOOT>
2020年1月1日、前NBAコミッショナーのデイビッド・スターンが不帰の人となった。 好き嫌いはあるにせよ、彼なくして現在のNBAの隆盛はなかった、それだけは確かな事実である。今回は追悼企画として、この名物コミッショナーの秘話をお届けする。スターンはドラフトで毎年激しいブーイングを浴びせられていたが...
別窓で開く

サンズの“28年前の大黒柱”バークレーが優勝を逃した当時の敗因を語る「第1戦ですべてが決まった」<DUNKSHOOT>
フェニックス・サンズは今季、クリス・ポール、デビン・ブッカーを中心に11年ぶりのプレーオフ進出を果たし、勢いそのままにNBAファイナルに進出。シリーズ2連勝を飾り、球団初優勝へあと2勝に迫っている。 サンズがこの大舞台に立つのは1992−93シーズン以来のこと。...
別窓で開く

コビーが「初代ドリームチームに勝てる」と豪語。数々の新記録を樹立したロンドン五輪アメリカ代表の軌跡【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
2004年のアテネ五輪で惨敗し、失墜したアメリカのプライドを取り戻したのが“リディームチーム”だった。2008年の北京五輪で頂点に返り咲くと、2012年のロンドン五輪にもアメリカはオールスターキャストで参戦。コビー・ブライアント曰く「ドリームチームに勝てる」ほどの豪華メンバー...
別窓で開く

「俺たちは負けた。何も成し遂げてない」不完全燃焼で今季を終えたデュラント。来季に向けた確かな手応えも…<DUNKSHOOT>
アキレス腱断裂の大ケガを乗り越え、今季2シーズンぶりにコートに復帰したケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)。レギュラーシーズンでは平均26.9点、7.1リバウンド、5.6アシスト、1.3ブロックをマークしたほか、フィールドゴール成功率53.7%、3ポイント成功率45.0%、フリースロー成功率8...
別窓で開く

ご意見番バークレーがバックスの優勝を予言!ただ「不調な時ヤニスにばかりボールを集めるのは…」と不満点も<DUNKSHOOT>
“事実上のファイナル”とも喧伝されたブルックリン・ネッツとのシリーズを制し、イースタン・カンファレンス決勝へと勝ち上がったミルウォーキー・バックス。今季の優勝候補と目された強力ビッグ3を擁するネッツを倒したことで、彼らがリーグの頂点へと駆け上がる可能性は俄然高まってきたと言っ...
別窓で開く

ウィザーズGMが八村塁の東京五輪での活躍に期待「彼にとって素晴らしい経験になる」<DUNKSHOOT>
今からちょうど2年前の2019年6月20日(日本時間21日)、日本バスケットボール界に新たな歴史が刻まれた。この日はブルックリンのバークレイズ・センターでNBAのドラフトが開催。八村塁が1巡目9位でワシントン・ウィザーズから指名された日だ。 それから2シーズン、八村はウィザーズの主力として着実に成長...
別窓で開く