本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ジェームズは役割を譲らないと」シャックとバークレーが新生シクサーズの不安材料を指摘「ボールはひとつしかない」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズはトレード期限最終日の現地時間2月10日(日本時間11日)、不満分子と化していたベン・シモンズをブルックリン・ネッツへ放出し、スーパースターのジェームズ・ハーデンの獲得に成功した。 チームはジョエル・エンビードとの強力デュオでリーグ優勝を目指すことになったが、殿...
別窓で開く

ノビツキー、ヤニス、ドンチッチ…“歴代ヨーロッパベストメンバー”を識者が選定!<DUNKSHOOT>
近年は海外出身選手が増え、国際化が進んだNBA。そのなかで、ヨーロッパ出身の歴代ベストメンバー選出した場合、どういった顔ぶれが並ぶのだろうか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの“ベストダンカーチーム”を選んでもらった。...
別窓で開く

かつてジョーダンと覇を争った男が語る1985年のスラムダンク・コンテスト秘話「NBAはとっさにあの判断をした」<DUNKSHOOT>
今年もNBAオールスターウィークエンドの季節が到来した。 当日の日曜日に行なわれる本戦だけでなく、ライジングスターズ・チャレンジ、スラムダンク・コンテスト、3ポイント・コンテスト、スキルズチャレンジなど、楽しいイベントが盛りだくさんの祭典だ。...
別窓で開く

マッグレディが独自の「歴代ベスト5」を選定。悩んだPFとセンターの候補者、「最高のライバル」の名も<DUNKSHOOT>
現役時代にNBAで2度の得点王に輝いた経験を持ち、2017年にバスケットボール殿堂入りも果たしたトレイシー・マッグレディ。そんなレジェンドが、『Playmaker HQ』のインタビューで自身が選ぶ「歴代ベスト5」を発表している。...
別窓で開く

ケガから復帰の八村塁がシーズンハイの20得点で勝利に貢献!3ポイント好調の要因は「自信ですね」<DUNKSHOOT>
現地時間2月17日(日本時間18日、日付は以下同)に敵地バークレイズ・センターで行なわれたブルックリン・ネッツ戦で、ワシントン・ウィザーズの八村塁が2試合ぶりに復帰。14日のデトロイト・ピストンズ戦で右足首を捻挫し、16日のインディアナ・ペイサーズ戦を欠場したことで、ネッツ戦の出場は微妙だったものの...
別窓で開く

1980年代後半の世界最高センターはアマチュア選手。“ドリームチームの生みの親”アルビダス・サボニス【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
プロバスケットボールの最高峰であるNBAには、世界中から最も優秀な選手が集まってくる。だが、1980年代後半における世界最高のセンターは、NBAの選手でなかっただけでなく、プロですらなかった。 当時のソビエト連邦(以下ソ連)代表として、アマチュア資格でプレーしたアルビダス・サボニス。...
別窓で開く

ネッツに移籍したシモンズのデビューは?ナッシュHCは「精神的にかなりいい状態にある」と早期復帰を示唆<DUNKSHOOT>
現地2月14日、ブルックリン・ネッツの本拠地バークレイズ・センターに10日にフィラデルフィア・セブンティシクサーズからトレードで加入したベン・シモンズの姿があった。 ネッツのロゴがプリントされたフーディーに身を包んだシモンズは、シュートアラウンドでエースのケビン・デュラントをはじめ、新しいチームメイ...
別窓で開く

ハーデン放出でシモンズらを獲得したネッツ。デュラントは「どんな形でシーズンを終えることになるのか楽しみだ」<DUNKSHOOT>
現地時間2月10日、NBAはトレード・デッドラインを迎え、今年も複数のトレードが成立して多くの選手たちがシーズン途中で移籍した。 なかでも最大の衝撃となったのはブルックリン・ネッツとフィラデルフィア・セブンティシクサーズによる大型トレードだ。...
別窓で開く

1位は2009年レイカーズの優勝メンバー。NBAで最もトレード回数が多い選手TOP5を発表!<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのトレード・デッドラインは現地時間2月10日に設定されている。締め切りが迫った2月8日には、プロ入りからポートランド・トレイルブレイザーズ一筋だったCJ・マッカラムが、ニューオリンズ・ペリカンズにトレードされ話題となった。 どんな選手にとっても移籍は付き物だが、なかには頻繁にト...
別窓で開く

「マジックとバードがNBAを救い、ジョーダンが別次元に変えた」バークレーが3人の“救世主”を語る<DUNKSHOOT>
今季で75周年を迎えたNBA。その長い歴史のなかで、リーグには時代の節目ごとに歴史を変えるようなスーパースターが登場してきた。 1980〜90年代にフィラデルフィア・セブンティシクサーズやフェニックス・サンズなどで活躍し、当時のNo.1パワーフォワードとしてリーグを席巻したチャールズ・バークレーは、...
別窓で開く