本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「セルティックスに勝てるわけない」“NBAの御意見番”バークレーがネッツの1回戦敗退を断言した理由は?<DUNKSHOOT>
現地時間4月12日、NBAのプレーイン・ゲーム初戦が行なわれ、イースタン・カンファレンス7位(44勝38敗/勝率53.7%)でレギュラーシーズンを終えたブルックリン・ネッツは、同8位(44勝38敗/勝率53.7%)のクリーブランド・キャバリアーズと本拠地バークレイズ・センターで激突。115−108で...
別窓で開く

ウェイド、ピッペン、ガーネットらレジェンド揃い!NBAの歴代ベスト“ドラフト5位チーム”を選定<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は過去4回に続き、「ドラフト5位指名」の最強チー...
別窓で開く

今季のレイカーズはNBA史上ワーストチーム?期待を裏切った過去のスター軍団と比較<DUNKSHOOT>
現地時間4月5日、ロサンゼルス・レイカーズは敵地でウエスタン・カンファレンス1位のフェニックス・サンズに110−121で敗退。これで今季48敗目(31勝)となり、同日に順位を争っていたサンアントニオ・スパーズが勝利したためプレーオフ不出場が決まり、レイカーズの2021−22シーズンは終焉を迎えた。...
別窓で開く

「マジック、カリームを倒した? 待て待て」ジョーダンの功績に“宿敵”トーマスが異議!「活躍は作られた話だ」<DUNKSHOOT>
かつて“バッドボーイズ”と恐れられたデトロイト・ピストンズの党首アイザイア・トーマスは、現役時代にマイケル・ジョーダンと犬猿の仲だったのは有名な話だ。引退後も両者の溝は埋まらず、トーマスは“神様”の功績に対する称賛に釘を刺している。 発端は1985年の...
別窓で開く

NBAの歴代ベスト“ドラフト3位チーム”を選定!代表格はジョーダン、他ポジションは現役の候補も多数<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は「ドラフト3位指名」の最強チームを、アメリカン...
別窓で開く

サンズ強し!60勝到達でリーグ最高成績確定、球団新記録まであと「3」。ブッカーが49得点&復帰のポールが13アシスト<DUNKSHOOT>
現地時間3月24日、フェニックス・サンズが敵地ボール・アリーナで行なわれたデンバー・ナゲッツとの一戦を140−130で制し、7連勝を飾った。 第3クォーターを終えて104−106とナゲッツに2点リードを許すなか、サンズは最終クォーターにギアを上げて鮮やかな逆転勝ち。...
別窓で開く

「ジョーダンはピッペンなしでも勝てた」泥沼化する“最強デュオ”の関係性に元同僚が言及<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、かつてシカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たした史上最高のデュオのひとつだ。しかし現在は確執が泥沼化し、「どちらが選手として上か」といった比較論にまで発展。そのなかで、元同僚のチャールズ・オークレーは、独自の視点で見解を述べている。...
別窓で開く

レインビア&ロッドマン——芸術的なラフプレーで他球団から恐れられた“最凶コンビ”【NBAデュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
「今のNBAはソフトになった」 1980〜90年代にプレーしていた選手は、ほぼ例外なくそのような感想を口にする。以前よりもハンドチェックを厳しく取り締まるようになり、ゲーム自体も大きく質が変わったが、2006−07シーズンからはテクニカルファウルも厳格化された。...
別窓で開く

ハーデン獲得はシクサーズにとって「史上最悪のトレード」?OBのバークレーが指摘「2年間で優勝しないと」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズは、今年のトレード最終期限日にベン・シモンズを放出して、代わりにブルックリン・ネッツからジェームズ・ハーデンを獲得。リーグ優勝を見据えてジョエル・エンビードとの強力デュオを完成させたが、現地時間3月11日にトレード相手のネッツにホームで100−129と完敗を喫し...
別窓で開く

バークレーがGOAT論争に言及。自身は「ジョーダン派」も「レブロンは期待値を超えていった」<DUNKSHOOT>
NBAのGOAT(史上最高の選手)論争は近年、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)とレブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)の2人を中心に回ってきた。プレーした時代やリーグ全体のスタイルが異なるため、比較がフェアではないとの見解もあるなかで、往年の名選手であるチャールズ・バークレー...
別窓で開く


[ dunkshoot バークレ ] の関連キーワード

dunkshoot シクサーズ ジョーダン レブロン バークレ
トーマス nba