本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「本当にムカつく!」ご意見番バークレーがレイカーズのフロント陣を痛烈批判「2人に責任をなすりつけようとしている」<DUNKSHOOT>
現地時間1月19日(日本時間20日、日付は以下同)のインディアナ・ペイサーズ戦、ロサンゼルス・レイカーズのフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)は「このチームに高い期待を抱いている。ビッグマーケットであり、勝利以外のどんなことも望んでいない」と、必勝態勢で臨んだ。...
別窓で開く

「努力や危機感が足りない」マジックの批判を受け止め、レブロンが決意表明!「俺たちはもっと良くなることを約束する」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは現地1月15日のデンバー・ナゲッツ戦で37点差の大敗を喫し、3連敗で再び勝率5割を下回った。この結果にフランチャイズOBであるマジック・ジョンソンが苦言を呈した。 今季のレイカーズはレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ...
別窓で開く

“センター・レブロン”は「攻守でメリットがある」。指揮官ヴォーゲルが現ラインナップの強みを語る<DUNKSHOOT>
今季最長となる4連勝を飾っていたロサンゼルス・レイカーズは、1月9日(日本時間10日、日付は以下同)のメンフィス・グリズリーズ戦を119−127で落とし、今季戦績を21勝20敗(勝率51.2%)とした。 この日は絶好調のグリズリーズの前に敗れたものの、大黒柱のレブロン・ジェームズはフィールドゴール7...
別窓で開く

レイカーズ批判のパーキンスが鮮やかな手のひら返し!「ウエストブルックが解決策になるだろう」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは、NBA2021−22シーズンの前半戦で“期待外れ”のチームに振り分けられるだろう。 レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードと熟練のスター選手を擁しながら、勝率5割がやっと(1...
別窓で開く

「今の選手たちは怠け者」シャックがスーパーチームに嫌悪感!一方でアデトクンボを称賛「リスペクトしている」<DUNKSHOOT>
「スーパーチーム」——。2021−22シーズンのNBAで頻繁に聞かれる言葉だ。 ロサンゼルス・レイカーズがレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンド(現クリーブランド・キャバリアーズ)を補強して強力な...
別窓で開く

「レイカーズは言い訳ばかり」“ビッグ3解体論”を主張するパーキンスがウエストブルック放出を推奨<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズにとって、2021−22シーズンはここまで誤算が続いている。クリスマスゲームでブルックリン・ネッツに競り負けて今季ワーストの5連敗を喫し、16勝18敗と3度目の借金生活に突入。そんな悩める名門について、辛口批評で人気を博すNBAアナリストのケンドリック・パーキンスは、レブロン...
別窓で開く

シャックがヒート時代のボッシュを「ロールプレーヤー」と一刀両断!「ビッグ3として称賛されただけ」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAには、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドを擁するロサンゼルス・レイカーズと、ケビン・デュラント、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデン、ブレイク・グリフィン、ラマーカス・...
別窓で開く

「俺はステフ・カリーを応援する」シャックが古巣レイカーズに愛のムチ。浮上に向けたキーマンも指名<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのロサンゼルス・レイカーズは、最も議論に挙がっているチームである。 レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドとオールスター経験者揃いの巨大戦力を誇りながら、ゴールデンステイト・ウォリアーズ...
別窓で開く

「今のレイカーズはガラクタだ」パーキンスがレブロン擁するスター軍団を痛烈批判!「話すのはもううんざり」<DUNKSHOOT>
今夏に大型補強を敢行したロサンゼルス・レイカーズは、シーズンの約3分の1である28試合を消化して15勝13敗と勝率5割前後を行き来している。 スーパースター揃いゆえのケミストリーの問題は開幕前から指摘されていたが、元NBA選手で。現在はアナリストを務めるケンドリック・パーキンスは、波に乗れない要因に...
別窓で開く

「コビーは敗戦後、フレンドリーに接しない」元ドラ1が今季のレイカーズを批判「リーダーシップが欠けている」<DUNKSHOOT>
現地時間12月10日、ロサンゼルス・レイカーズはオクラホマシティ・サンダー相手に最大29点差をつけて116−95で快勝した。 この試合、レイカーズはここまで平均24.0点、10.2リバウンド、3.0アシスト、1.3スティール、2.2ブロックをマークしていたアンソニー・デイビスが左ヒザを痛めて欠場も、...
別窓で開く


[ dunkshoot デイビス ハワード デイビス ] の関連キーワード

dunkshoot ロールプレーヤ フレンドリ バークレ ボッシュ
レブロン