本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



現代の選手は「ソフト」レジェンドのアービングが語る“古き良き時代”と現リーグの相違点<DUNKSHOOT>
NBAは2021-22シーズンで創設75周年を迎え、これまで数々の名勝負や名選手を輩出してきた。この間、3ポイントラインの導入、ハンドチェック・ルールの廃止といったルール変更に始まり、センター全盛からポジションレスのスタイル変更、施設や医療の充実など、様々な変化とともに、世界最高峰のリーグとして成長...
別窓で開く

レブロン&デイビスを擁したレイカーズや2007年のヒート…米メディアがオールスター出場累計ランキングTOP30を発表!<DUNKSHOOT>
1950〜60年代に前人未到の8連覇を成し遂げたボストン・セルティックス、90年代にマイケル・ジョーダン&スコッティ・ピッペンを中心に2度の3連覇を達成したシカゴ・ブルズ、シャキール・オニール(シャック)&コビー・ブライアントのコンビで2000年から3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズなど、NB...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ジャバー、バード、ピッペンが着用し人気が爆発!バスケ選手の憧れのナンバー「33」の歴史<DUNKSHOOT>
NBAに興味を持った時期によって、背番号33と聞いて思い浮かべる選手は違うだろう。オールドファンにとってはカリーム・アブドゥル・ジャバー、それより少しあとの時代だとラリー・バードやパトリック・ユーイング、そして1990年代のシカゴ・ブルズに夢中になった人たちにとっては、スコッティ・ピッペンのイメージ...
別窓で開く

大型補強のレイカーズとネッツ、どちらのビッグ3が格上か? NBA御意見番たちの意見は<DUNKSHOOT>
今夏の移籍市場において主役を演じているのは、間違いなくロサンゼルス・レイカーズだ。“Mr.トリプルダブル”ラッセル・ウエストブルックのトレードを合意に至らせ、カーメロ・アンソニーとドワイト・ハワードの完全FA(フリーエージェント)組も契約合意。...
別窓で開く

【NBA秘話】リーグに隆盛をもたらしたデイビッド・スターン——“最後の晴れ舞台”で起きたサプライズ<DUNKSHOOT>
2020年1月1日、前NBAコミッショナーのデイビッド・スターンが不帰の人となった。 好き嫌いはあるにせよ、彼なくして現在のNBAの隆盛はなかった、それだけは確かな事実である。今回は追悼企画として、この名物コミッショナーの秘話をお届けする。スターンはドラフトで毎年激しいブーイングを浴びせられていたが...
別窓で開く

コビーが「初代ドリームチームに勝てる」と豪語。数々の新記録を樹立したロンドン五輪アメリカ代表の軌跡【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
2004年のアテネ五輪で惨敗し、失墜したアメリカのプライドを取り戻したのが“リディームチーム”だった。2008年の北京五輪で頂点に返り咲くと、2012年のロンドン五輪にもアメリカはオールスターキャストで参戦。コビー・ブライアント曰く「ドリームチームに勝てる」ほどの豪華メンバー...
別窓で開く

「彼はジョーダンではない!」レブロン主演の“名作映画”の続編をNBAジャーナリストが一刀両断<DUNKSHOOT>
今季のレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)は、フェニックス・サンズとのプレーオフ1回戦に2勝4敗で敗れ、一足早くオフシーズンに突入した。ただ、今夏の“キング”にはまだ大きな仕事が残っている。...
別窓で開く

クリス、ソーントン、リーブス…米メディアが発表した“通算勝率の低い選手”ワースト30は?【Part.2】〈DUNKSHOOT〉
NBAプレーヤーたるもの、キャリアで1度はチャンピオンになりたいと思うもの。しかし、なかにはチームの勝利に恵まれず、優勝はおろかプレーオフにも進めないまま現役生活を終えた者もいる。ここでは『Hoopshype』が取り上げた通算勝率が低い30選手を紹介する。 Part.2は15〜1位まで一気に見ていこ...
別窓で開く

ニックスを名門復活に導いたランドルが今季のMIPに!同賞の受賞はチーム史上初<DUNKSHOOT>
現地時間5月25日、NBAは今季のMIP(Most Improved Player/最も成長した選手)にニューヨーク・ニックスのジュリアス・ランドルを選出した。 ケンタッキー大出身のランドルは2014年のドラフト7位でロサンゼルス・レイカーズに入団。...
別窓で開く

レイカーズがウォリアーズを下して第7シードを死守!レブロンが決勝3ポイント&トリプルダブルで王者の意地見せる<DUNKSHOOT>
5月19日(日本時間20日)、ウエスカン・カンファレンスのプレーイン・トーナメントが行なわれ、7位のロサンゼルス・レイカーズと8位のゴールデンステイト・ウォリアーズが対戦。レイカーズが103−100で勝利し、プレーオフの第7シードを確定させた。 前半はウォリアーズがアンドリュー・ウィギンズなどの活躍...
別窓で開く


[ dunkshoot デイビス ジョーダン dunkshoot ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン part スターン レブロン
アメリカ デイビス ロンドン nba バード
クリス