本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大型補強のレイカーズとネッツ、どちらのビッグ3が格上か? NBA御意見番たちの意見は<DUNKSHOOT>
今夏の移籍市場において主役を演じているのは、間違いなくロサンゼルス・レイカーズだ。“Mr.トリプルダブル”ラッセル・ウエストブルックのトレードを合意に至らせ、カーメロ・アンソニーとドワイト・ハワードの完全FA(フリーエージェント)組も契約合意。...
別窓で開く

【NBA秘話】リーグに隆盛をもたらしたデイビッド・スターン——“最後の晴れ舞台”で起きたサプライズ<DUNKSHOOT>
2020年1月1日、前NBAコミッショナーのデイビッド・スターンが不帰の人となった。 好き嫌いはあるにせよ、彼なくして現在のNBAの隆盛はなかった、それだけは確かな事実である。今回は追悼企画として、この名物コミッショナーの秘話をお届けする。スターンはドラフトで毎年激しいブーイングを浴びせられていたが...
別窓で開く

コビーが「初代ドリームチームに勝てる」と豪語。数々の新記録を樹立したロンドン五輪アメリカ代表の軌跡【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
2004年のアテネ五輪で惨敗し、失墜したアメリカのプライドを取り戻したのが“リディームチーム”だった。2008年の北京五輪で頂点に返り咲くと、2012年のロンドン五輪にもアメリカはオールスターキャストで参戦。コビー・ブライアント曰く「ドリームチームに勝てる」ほどの豪華メンバー...
別窓で開く

「彼はジョーダンではない!」レブロン主演の“名作映画”の続編をNBAジャーナリストが一刀両断<DUNKSHOOT>
今季のレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)は、フェニックス・サンズとのプレーオフ1回戦に2勝4敗で敗れ、一足早くオフシーズンに突入した。ただ、今夏の“キング”にはまだ大きな仕事が残っている。...
別窓で開く

レイカーズがウォリアーズを下して第7シードを死守!レブロンが決勝3ポイント&トリプルダブルで王者の意地見せる<DUNKSHOOT>
5月19日(日本時間20日)、ウエスカン・カンファレンスのプレーイン・トーナメントが行なわれ、7位のロサンゼルス・レイカーズと8位のゴールデンステイト・ウォリアーズが対戦。レイカーズが103−100で勝利し、プレーオフの第7シードを確定させた。 前半はウォリアーズがアンドリュー・ウィギンズなどの活躍...
別窓で開く

デュラントが独断で「NBAベストプレーヤー12人」を選出。物議を醸しそうな「チームメイトTOP5」は?<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、3年連続を含む得点王4回、歴代27位の通算2万3594得点、オールスター出場11回、優勝&ファイナルMVP各2回を誇る言わずと知れたスーパースターだ。 将来の殿堂入りが確実視される稀代のスコアラーが、自身の考える“ベストプレーヤー12人&rdq...
別窓で開く

レブロンが新人時代のオールスター“落選”を回顧「いまだにイライラさせられることはある(笑)」〈DUNKSHOOT〉
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは長年、NBA界の“キング”として君臨してきた。36歳となった今なおトップクラスのプレーを披露し、誰もがうらやむ栄光を手にしてきたが、果たせなかった数少ない出来事のひとつが、ルーキーでのオールスターゲーム出場だ。...
別窓で開く

ジャズの快進撃を支えるマイク・コンリー。初のオールスターは逃すも、オフの再契約には前向き〈DUNKSHOOT〉
2月23日(日本時間24日、日付は以下同)、NBAは今年のオールスターゲームに出場するリザーブメンバーを発表。先に発表されたスターターと合わせて、計24名のオールスター出場者が明らかとなった。 今回、最も多くの選手を送り込んだのは、イースタン・カンファレンス2位の21勝12敗(23日終了時点)を記録...
別窓で開く


[ dunkshoot デイビス ジョーダン レブロン ] の関連キーワード

dunkshoot チームメイト ジョーダン アメリカ ロンドン
スターン レブロン nba

<前へ1234次へ>