本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「良い選手だが、ロールプレーヤー」不振のウエストブルックにシャックが忠告「レブロンが1番手、ADが2番手、そしてラスだ」<DUNKSHOOT>
10月24日(現地時間)、ロサンゼルス・レイカーズはメンフィス・グリズリーズ戦で121-118と接戦を制し、今季3戦目にしてシーズン初白星を掴んだ。巨大戦力を誇りながら手探りのスタートとなっている名門に、殿堂入りセンターのシャキール・オニールは、厳しい見解を突きつけている。とりわけ新加入のラッセル・...
別窓で開く

NBAの2021-22シーズンが開幕! レイカーズはレブロン&デイビスが躍動も、新戦力が振るわずPSから7連敗<DUNKSHOOT>
現地時間10月19日、NBAの2021-22シーズンが開幕した。オフに大型補強を行ない、今季の優勝候補に挙げられているロサンゼルス・レイカーズは、本拠地ステイプルズ・センターで同地区のゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦した。 レイカーズはレブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスという2枚看板、...
別窓で開く

「変わってくれなんて思っていない」“キング”レブロンが新加入のウエストブルックに期待することは?<DUNKSHOOT>
現地時間9月28日、今夏の補強戦線で一際注目を浴びたロサンゼルス・レイカーズがメディアデーを行なった。 レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスという超強力タッグを中心とした布陣で一昨季にNBAを制した元王者は、今夏ロースターを刷新。今年8月に5チーム間の大型トレードでワシントン・ウィザーズからラ...
別窓で開く

「70勝しても驚かない」“御意見番”がレイカーズの大台突破を大胆予想!<DUNKSHOOT>
レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスの2枚看板を擁してリーグ連覇を狙った昨季のロサンゼルス・レイカーズだが、プレーオフ1回戦でフェニックス・サンズにあっけなく敗れ、その夢は潰えた。今オフには大補強を敢行し、再び優勝候補に名乗りを上げたが、元NBA選手のケンドリック・パーキンス(元ボストン・セル...
別窓で開く

大補強のレイカーズが上位を席巻!主要スタッツ3部門の現役通算ランキングTOP10<DUNKSHOOT>
今年のオフシーズンも選手の移籍が相次いだNBAだが、話題の中心は実績あるベテランを次々と獲得したロサンゼルス・レイカーズにほかならない。 もともとレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスを擁した布陣に、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドらを補強。...
別窓で開く

ネッツがディアンドレ・ジョーダンを放出、レイカーズ入りが濃厚か<DUNKSHOOT>
遡ること2年前、2019年夏。ブルックリン・ネッツはケビン・デュラント、カイリー・アービング、ディアンドレ・ジョーダンとの契約を発表し、一躍オールスター軍団と化した。 2016年夏のリオデジャネイロ五輪でアメリカ代表として共闘し、金メダルを獲得した3選手をロースターに加えて優勝候補に名乗りを上げたの...
別窓で開く

ウエストブルックとカーメロを加えたレイカーズは何位?米メディアがオールスター出場累計ランキングTOP30を発表!<DUNKSHOOT>
1950〜60年代に前人未到の8連覇を成し遂げたボストン・セルティックス、90年代にマイケル・ジョーダン&スコッティ・ピッペンを中心に2度の3連覇を達成したシカゴ・ブルズ、シャキール・オニール(シャック)&コビー・ブライアントのコンビで2000年から3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズなど、NB...
別窓で開く

現代の選手は「ソフト」レジェンドのアービングが語る“古き良き時代”と現リーグの相違点<DUNKSHOOT>
NBAは2021-22シーズンで創設75周年を迎え、これまで数々の名勝負や名選手を輩出してきた。この間、3ポイントラインの導入、ハンドチェック・ルールの廃止といったルール変更に始まり、センター全盛からポジションレスのスタイル変更、施設や医療の充実など、様々な変化とともに、世界最高峰のリーグとして成長...
別窓で開く

レブロン&デイビスを擁したレイカーズや2007年のヒート…米メディアがオールスター出場累計ランキングTOP30を発表!<DUNKSHOOT>
1950〜60年代に前人未到の8連覇を成し遂げたボストン・セルティックス、90年代にマイケル・ジョーダン&スコッティ・ピッペンを中心に2度の3連覇を達成したシカゴ・ブルズ、シャキール・オニール(シャック)&コビー・ブライアントのコンビで2000年から3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズなど、NB...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ジャバー、バード、ピッペンが着用し人気が爆発!バスケ選手の憧れのナンバー「33」の歴史<DUNKSHOOT>
NBAに興味を持った時期によって、背番号33と聞いて思い浮かべる選手は違うだろう。オールドファンにとってはカリーム・アブドゥル・ジャバー、それより少しあとの時代だとラリー・バードやパトリック・ユーイング、そして1990年代のシカゴ・ブルズに夢中になった人たちにとっては、スコッティ・ピッペンのイメージ...
別窓で開く


[ dunkshoot デイビス ジョーダン ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン デイビス レブロン バード
nba キング