本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レイカーズの復権を託されたハムHCが語る“成功への近道”「選手の健康を保ち、パフォーマンスを計算していく必要がある」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは新ヘッドコーチ(HC)にダービン・ハムを迎え、2022−23シーズンにプレーオフ進出を逃した今季の巻き返しを誓う。フランチャイズの28代目指揮官となった48歳は、大黒柱レブロン・ジェームズの負担をいかに軽減させるかが、“成功への近道”だとビジョンを明...
別窓で開く

ナッシュ、カーター、オニール——NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者ランキング【レジェンド編】<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。 シリーズ開幕前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビュ...
別窓で開く

「以前は5つの選択肢があったけど今はない」現代NBAにウォージーが見解。古巣レイカーズには「再建を拒否した」<DUNKSHOOT>
現代NBAはマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズ)やコビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)からバトンを受け取った“キング”ことレブロン・ジェームズ(レイカーズ)は37歳となり、世代交代が徐々に進んでいる。 そのなかで、NBA人気が徐々に高まっていた1980年代に...
別窓で開く

今季のレイカーズは「犠牲心がなかった」ピッペンが名門失墜の要因を分析<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAにおいて、ロサンゼルス・レイカーズは最も期待を裏切ったチームのひとつだった。レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードら、多くのビッグネームを擁する優勝候補筆頭がなぜプレーオフ進出すら果たせなかったの...
別窓で開く

「レブロンのトレードを検討すべき」というコメンテーターの発言に元選手が反論。「コビーをトレードするようなものだ」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズの“キング”レブロン・ジェームズは、来季(2022−23シーズン)にNBA20年目の節目を迎える。 今季優勝候補に挙げられながら、プレーオフ進出どころか、プレーイン・トーナメント出場権すら手にできなかったことで、オフシーズンの大刷新報道が過熱するなか、...
別窓で開く

「レブロンのトレードを検討すべき」名物コメンテーターがレイカーズに“大手術”を推奨。移籍先は「ヒートだと考える」<DUNKSHOOT>
開幕前は優勝候補の最右翼と目されながら、リーグ制覇どころかプレーオフ出場、さらにはプレーイン進出すらも逃すなど、大きく期待を裏切った今季のロサンゼルス・レイカーズ。レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルックのスタートリオを擁した上でのこの体たらくに、世界中のファンが失望し...
別窓で開く

「恐ろしい状況だ」成績不振の責任を指揮官に押し付けたレイカーズに非難の声が続出!「完全に混乱。無礼な対応だ」<DUNKSHOOT>
現地時間4月11日、ロサンゼルス・レイカーズはフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)の解任を発表した。 今季のレイカーズは、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニーとタレントを擁しながら33勝49敗(勝率40.2%)でウエスタン・カンファレンス1...
別窓で開く

「シーズン・トリプルダブルのラスを必要としなかった」デイビスがウエストブルック不発の要因を分析<DUNKSHOOT>
現地時間4月10日(日本時間11日、日付は以下同)、NBAは今季のレギュラーシーズンの全日程が終了。ロサンゼルス・レイカーズは33勝49敗(勝率40.2%)の成績でウエスタン・カンファレンス11位、プレーオフ進出を逃し一足早く2021−22シーズンを終えた。...
別窓で開く

ウェイド、ピッペン、ガーネットらレジェンド揃い!NBAの歴代ベスト“ドラフト5位チーム”を選定<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は過去4回に続き、「ドラフト5位指名」の最強チー...
別窓で開く

「彼は責任を取らないといけない」レイカーズOBがデローザン獲得をパスしたレブロンを批判<DUNKSHOOT>
昨夏、ロサンゼルス・レイカーズはカイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレルと将来のドラフト指名権をワシントン・ウィザーズに放出し、万能ポイントガードのラッセル・ウエストブルックを獲得。 さらにフリーエージェント市場では、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジ...
別窓で開く


[ dunkshoot デイビス キング ] の関連キーワード

dunkshoot レイカーズ レブロン ナッシュ デイビス
nba カータ