本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「レイカーズは言い訳ばかり」“ビッグ3解体論”を主張するパーキンスがウエストブルック放出を推奨<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズにとって、2021−22シーズンはここまで誤算が続いている。クリスマスゲームでブルックリン・ネッツに競り負けて今季ワーストの5連敗を喫し、16勝18敗と3度目の借金生活に突入。そんな悩める名門について、辛口批評で人気を博すNBAアナリストのケンドリック・パーキンスは、レブロン...
別窓で開く

ハーデンがいよいよ完全復調?36得点&トリプルダブルでレイカーズを撃破し「勝利のためなら何でもやる」<DUNKSHOOT>
現地時間12月25日(日本時間26日、日付は以下同)に行なわれたクリスマスゲーム5試合のうち、最も注目されていたのがブルックリン・ネッツとロサンゼルス・レイカーズによるスーパースターたちの競演だった。 しかしネッツはケビン・デュラントとカイリー・アービングが新型コロナウイルスの安全衛生プロトコル入り...
別窓で開く

今季のレイカーズは優勝不可能!? NBA過去75年で開幕20試合以降勝率5割を切ったチームの優勝は皆無<DUNKSHOOT>
今季開幕前、豪華戦力を揃えて優勝候補の一角と目されたロサンゼルス・レイカーズに黄信号が灯っている。 危機的状況はデータが如実に物語る。米国主要プロスポーツのスタッツ解析を行なう『Elias Sports Bureau』が発表したデータによると、NBAの過去75シーズンのチャンピオンで、開幕から20試...
別窓で開く

今季2度目の3連敗を喫したレイカーズ。離脱者続出の現状にレブロンは「現在地を見極めるのが難しい」<DUNKSHOOT>
今季、キャリア19シーズン目を戦っているロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズ。今月末に37歳を迎える大ベテランは、ここまで平均37.0分をプレーし、26.4点、6.6リバウンド、6.6アシスト、1.70スティール、0.95ブロックという一線級の成績を残している。...
別窓で開く

「レブロン1人に頼ってはいけなかった」レイカーズGMが“ウエストブルック獲得の理由”を明かす<DUNKSHOOT>
現地時間12月21日(日本時間22日、日付は以下同)に行なわれたフェニックス・サンズとの試合に90−108で敗れ、今季成績を16勝16敗、ウエスタン・カンファレンス7位につけているロサンゼルス・レイカーズ。開幕前にラッセル・ウエストブルックらを獲得し、優勝候補の一角と目されたものの、ここまでは補強が...
別窓で開く

シャックがヒート時代のボッシュを「ロールプレーヤー」と一刀両断!「ビッグ3として称賛されただけ」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAには、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドを擁するロサンゼルス・レイカーズと、ケビン・デュラント、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデン、ブレイク・グリフィン、ラマーカス・...
別窓で開く

「彼が諦めなくて嬉しい」トーマスのNBA復帰をレブロン、スマートが祝福「あの男は戦士だから」<DUNKSHOOT>
「この24時間はいろんなことがありすぎて圧倒されてきたよ。でもこれは僕がずっと望んでいたことで、それを目指してやってきた。ラッキーなことに、僕はその機会を手にしたんだ。レイカーズでまたプレーできるなんて最高さ。...
別窓で開く

「俺はステフ・カリーを応援する」シャックが古巣レイカーズに愛のムチ。浮上に向けたキーマンも指名<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのロサンゼルス・レイカーズは、最も議論に挙がっているチームである。 レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドとオールスター経験者揃いの巨大戦力を誇りながら、ゴールデンステイト・ウォリアーズ...
別窓で開く

「レイカーズと契約間近だった」小兵トーマスが今夏の秘話を明かす「きっと凄いことになっていただろう」<DUNKSHOOT>
現地時間12月14日(日本時間15日、日付は以下同)、元オールスター選手のアイザイア・トーマスが『Stadium』のシャムズ・シャラニア記者とのインタビューに応じた。 トーマスは175㎝・83㎏の小兵ながら、キャリア平均18.1点、2.4リバウンド、4.9アシストを誇るスコアリングガード。...
別窓で開く

「今のレイカーズはガラクタだ」パーキンスがレブロン擁するスター軍団を痛烈批判!「話すのはもううんざり」<DUNKSHOOT>
今夏に大型補強を敢行したロサンゼルス・レイカーズは、シーズンの約3分の1である28試合を消化して15勝13敗と勝率5割前後を行き来している。 スーパースター揃いゆえのケミストリーの問題は開幕前から指摘されていたが、元NBA選手で。現在はアナリストを務めるケンドリック・パーキンスは、波に乗れない要因に...
別窓で開く