本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



昨季に続く巻き返しを誓うウエストブルック「プレーオフへたどり着けば0勝0敗だ」<DUNKSHOOT>
現地時間2月2日(日本時間3日、日付は以下同)、ロサンゼルス・レイカーズは7試合ぶりのホームゲームでポートランド・トレイルブレイザーズを下し、連敗を3でストップさせた。 1月21日から30日にかけて行なわれたイースタン・カンファレンスのチームとのロード6連戦では、3試合目のブルックリン・ネッツ戦こそ...
別窓で開く

「今、最強なのはエンビードだ」シャックも太鼓判を押すMVP候補が自身の転機を語る<DUNKSHOOT>
現地時間1月25日(日本時間26日、日付は以下同)に行なわれたニューオリンズ・ペリカンズ戦。ホームのフィラデルフィア・セブンティシクサーズは前半を終えて50−58と8点のビハインドを背負っていた。 だがシクサーズは後半に入って67−49と一気に形成を逆転し、最終スコア117−107で勝利。前戦に続き...
別窓で開く

デイビスが18試合ぶりに復帰!レブロンとの黄金コンビが揃ったレイカーズがネッツを下し再び勝率5割に<DUNKSHOOT>
現地時間1月25日、ロサンゼルス・レイカーズは敵地ブルックリンに乗り込み、イースタン・カンファレンスの強豪ブルックリン・ネッツと対戦した。 この日、レイカーズはチームの顔であるアンソニー・デイビスが18試合ぶりに復帰。...
別窓で開く

「ミスから学べていない」レイカーズ復帰のブラッドリーが現在のチームに警鐘「ポストシーズンにはほど遠い」<DUNKSHOOT>
イースタン・カンファレンスのチーム相手にアウェー6連戦を戦っているロサンゼルス・レイカーズは、現地時間1月21日(日本時間22日、日付は以下同)のオーランド・マジック戦こそ116−105で勝利したが、23日のマイアミ・ヒート戦は107−113で黒星を喫した。...
別窓で開く

「デイビスが戻ればガラッと変わる」ラブが不振のレイカーズの復活を予想「リーグを驚かす気がする」<DUNKSHOOT>
1月23日(日本時間24日、日付は以下同)時点で、ロサンゼルス・レイカーズは23勝24敗(勝率48.9%)でウエスタン・カンファレンス8位。開幕前は優勝候補と目されたなか、ここまでは期待外れな結果に終わっている。 そんななか、クリーブランド・キャバリアーズでレブロンと4シーズン共闘し、2016年には...
別窓で開く

「俺たちにとって最高の経験」ヒートの攻守の要がレイカーズとのファイナルを回想「またあの舞台に立ちたい」<DUNKSHOOT>
現地1月23日、マイアミ・ヒートはホームでロサンゼルス・レイカーズと対戦する。 この2チームは新型コロナウイルスのパンデミックによってレギュラーシーズンが中断となった2019−20シーズンにフロリダ州オーランドのバブル(隔離された施設)でNBAファイナルを戦った。...
別窓で開く

「本当にムカつく!」ご意見番バークレーがレイカーズのフロント陣を痛烈批判「2人に責任をなすりつけようとしている」<DUNKSHOOT>
現地時間1月19日(日本時間20日、日付は以下同)のインディアナ・ペイサーズ戦、ロサンゼルス・レイカーズのフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)は「このチームに高い期待を抱いている。ビッグマーケットであり、勝利以外のどんなことも望んでいない」と、必勝態勢で臨んだ。...
別窓で開く

37点差の大敗から立ち直ったレイカーズ。主砲レブロンはファンへ「二度と同じことを起こさない」と誓う<DUNKSHOOT>
「自分の口からどんな言葉が出てくるのかと思うと嫌だった。で、俺は君たち(記者)と話さないことを決めたのさ」 現地時間1月15日に行なわれたデンバー・ナゲッツ戦で、37点差の大敗を喫したロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、試合後の会見を欠席した理由をそう明かした。 そうして迎えた17日の...
別窓で開く

「努力や危機感が足りない」マジックの批判を受け止め、レブロンが決意表明!「俺たちはもっと良くなることを約束する」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは現地1月15日のデンバー・ナゲッツ戦で37点差の大敗を喫し、3連敗で再び勝率5割を下回った。この結果にフランチャイズOBであるマジック・ジョンソンが苦言を呈した。 今季のレイカーズはレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ...
別窓で開く

平均30点も視野に入れる今季のレブロンは何位?現地メディアが“37歳以上”の平均得点TOP10を発表!<DUNKSHOOT>
昨年12月30日、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが37歳の誕生日を迎えた。多くの選手は30歳を超えると徐々に衰えが見え始め、それまでチームのエースを任されていた選手は役割の変更を余儀なくされたり、他球団へ移籍、そして30代中盤で引退するのが一般的だが、レブロンは依然としてNBAのトッ...
別窓で開く


[ dunkshoot デイビス ] の関連キーワード

dunkshoot デイビス レブロン バークレ