本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウォリアーズの王座奪還、9位レイカーズの大逆転はあるか?米メディアが今季のプレーオフオッズを発表!【ウエスト編】<DUNKSHOOT>
昨年10月に開幕したNBAの2021−22シーズンは、オールスターゲームが終了し終盤戦に突入。今後プレーオフのシード争いや最終スポット争いなど、さらに熾烈さを増していくだろう。 そんななか『ESPN』がレギュラーシーズンの最終成績予想とプレーオフオッズを発表。ポストシーズン進出、そして優勝の可能性が...
別窓で開く

「なんだかムカつく」“最強スコアラー論争”にレブロンは不満?「決して俺の名前は出ないんだ」<DUNKSHOOT>
今季でキャリア19シーズン目を迎えるロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズ。これまで4度の優勝を勝ち取り、シーズンMVPとファイナルMVPにそれぞれ4度輝いたほか、18度出場したオールスターでMVPに3度選出、オールNBAチームに17度、オールディフェンシブチームにも6度選ばれるなど、輝かし...
別窓で開く

マブズのキッドHCがチームとしての“理想型”を語る。古巣レイカーズへのエールも「健康体を取り戻した時ジャッジすべき」<DUNKSHOOT>
3シーズン連続のプレーオフ進出を狙うダラス・マーベリックスが、年明け以降調子を上げている。 1月はウエスタン・カンファレンス2位タイの12勝4敗(勝率75.0%)、2月もウエスト4位の7勝3敗(勝率70.0%)で終え、現地時間3月3日(日本時間4日)終了時点で38勝25敗(勝率60.3%)のウエスト...
別窓で開く

レブロン、マジック、ジャバー…NBAの歴代ベスト“ドラフト1位チーム”を識者が選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、なかでも毎年注目されるのが、その年のNo.1プレーヤーと目される「ドラフト1位選手」だ。...
別窓で開く

「まだ全米放送してるのか?」プレーオフも危ういレイカーズを識者が酷評「戦うメンタリティが見えない」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは、オールスター明けの後半戦も調子が上がらない。ロサンゼルス・クリッパーズ、ニューオリンズ・ペリカンズとプレーイン・トーナメント進出枠を争うライバルに屈し、現地時間3月1日のダラス・マーベリックス戦にも競り合いの末に104−109と敗れた。 3連敗で借金は今季ワーストの「7」...
別窓で開く

オーナーも途中退席するほどの大敗を喫したレイカーズ。借金は今季ワーストの6、プレーイン圏外の危機も<DUNKSHOOT>
現地時間2月27日(日本時間28日)、ロサンゼルス・レイカーズは本拠地クリプトドットコム・アリーナでニューオリンズ・ペリカンズと対戦するも、95−123で完敗。これでチーム成績は27勝33敗(勝率45.0%)となり、借金が今季最大の6まで膨れ上がった。...
別窓で開く

「彼はクリーブランドに行くだろう」NBAアナリストがレブロンのキャブズ“再凱旋”を予測<DUNKSHOOT>
現地時間2月18〜20日に開催されたNBAのオールスター。この期間中に発したコメントで、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が大きな注目を集めている。 生まれ故郷のオハイオ州で迎えた球宴にて、かつて2度にわたって所属したクリーブランド・キャバリアーズに復帰する可能性を問われたレブロンは、...
別窓で開く

「間違いなくプレーオフには行くだろう」シャックがレイカーズ浮上を予想。一方で優勝は「たぶんしない」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズはレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板が出場しながら、2月に入ってミルウォーキー・バックス、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ相手に3連敗を喫し、26勝31敗と借金は今季ワーストの「5」に膨らんだ。...
別窓で開く

今季ワースト借金のレイカーズにOBも嘆き「今まで見てきたなかでもどん底」。トレード期限も動かず<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは、再び先の見えぬトンネルに入ろうとしている。 1月下旬から3連敗を含む2勝6敗と調子を落とし、26勝30敗で借金は今季ワーストの「4」。ウエスタン・カンファレンス9位でプレーイン・トーナメント出場(10位以内)も安泰ではない状況だ。フランチャイズOBのジェームズ・ウォージー...
別窓で開く

ウエストブルックは“被害者”?アリナスがレイカーズの問題点を指摘「シュートを打たない奴がいる」<DUNKSHOOT>
シーズン後半戦に突入した今なお調子が上がらず、26勝29敗でウエスタン・カンファレンス9位とプレーイン・トーナメント圏内に甘んじているロサンゼルス・レイカーズ。レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板がそれぞれケガで長期離脱した影響も大きいが、元NBA選手のギルバート・アリナス(元ワシン...
別窓で開く


[ dunkshoot デイビス ] の関連キーワード

dunkshoot クリーブランド レブロン nba