本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「最も才能に恵まれている」レジェンドのジャバーが現役最高のビッグマンにデイビスを推挙!その理由は?<DUNKSHOOT>
現地時間7月13日(日本時間14日、日付は以下同)、世界中で絶大な支持を集める超人気ゲーム、『NBA 2K』シリーズの最新作「NBA 2K22」のカバーアスリートが発表された。 通常版のグローバル仕様のカバーにはダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチ、日本限定版にはワシントン・ウィザーズの八村塁が...
別窓で開く

「クーズマよりはるかに効率的」米メディアがカーメロのレイカーズ入りを予想!<DUNKSHOOT>
ポートランド・ブレイザーズのカーメロ・アンソニーはプロ18年目を終えた今オフ、フリーエージェント(FA)となる。5月に37歳となったが、インスタントスコアラーとして活躍できることを証明してその去就が注目されている。 レブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)、クリス・ボッシュ、ドゥエイン・ウ...
別窓で開く

「不満を言うつもりはない」クーズマがレブロンの“リーグ批判”に持論「だって彼らは選手たちに…」<DUNKSHOOT>
7月11日(日本時間12日)に行なわれたNBAファイナル第3戦は、ホームのミルウォーキー・バックスが120−100でフェニックス・サンズを下し、シリーズ初勝利をあげた。 そんななか、プレーオフ1回戦でサンズに敗れたロサンゼルス・レイカーズのカイル・クーズマのインタビュー「Hanging With K...
別窓で開く

コビーが「初代ドリームチームに勝てる」と豪語。数々の新記録を樹立したロンドン五輪アメリカ代表の軌跡【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
2004年のアテネ五輪で惨敗し、失墜したアメリカのプライドを取り戻したのが“リディームチーム”だった。2008年の北京五輪で頂点に返り咲くと、2012年のロンドン五輪にもアメリカはオールスターキャストで参戦。コビー・ブライアント曰く「ドリームチームに勝てる」ほどの豪華メンバー...
別窓で開く

「みんな身を粉にして働いている」シャックがレブロンのリーグ批判を一蹴「俺たちがすべきことは…」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、36歳となったプロ18年目も平均25.0点、7.7リバウンド、7.8アシストの成績を残したが、3月に右足首の脛腓靭帯を捻挫して21試合を欠場し、出場試合数は自己最少の45に終わった。 シーズン終了後、レブロンはリーグのスタンスに批判の声を上げたが、怪...
別窓で開く

大黒柱アデトクンボの負傷でバックス大敗。エースはシーズン終了の可能性も<DUNKSHOOT>
現地時間6月29日(日本時間30日、日付は以下同)、ミルウォーキー・バックスとアトランタ・ホークスのカンファレンス・ファイナル第4戦がアトランタのステイトファーム・アリーナで開催された。 シリーズ成績2勝1敗とバックスがリードして迎えたこの試合、ホークスは今プレーオフでチームトップの平均29.8点、...
別窓で開く

五輪4連覇を狙うアメリカ代表の“懸念材料” 。12人中11人がオールスター経験者も…<DUNKSHOOT>
現地時間6月28日、東京五輪に臨むアメリカ代表チームのメンバー12人が発表された。 レブロン・ジェームズ、ステフィン・カリー、カワイ・レナード、アンソニー・デイビス、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデンなどは不参加で、“ドリームチーム”とまでは呼べないメンバー構成ではあ...
別窓で開く

アービングの“ロゴ踏みつけ”にセルティックスOB勢は激高。一方で現役選手は無関心?<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツとボストン・セルティックスのイースタン・カンファレンス・ブレ—オフ1回戦第4戦。この試合の終了直後、ネッツのカイリー・アービングがコート中央にあるセルティックスのロゴを踏みにじった事件は、“リスペクトに欠ける行為”として、ケビン・ガーネットやケンドリック・...
別窓で開く

故障者が相次ぐリーグの現状にレブロンが持論「こんなの絶対におかしい」<DUNKSHOOT>
6月15日(日本時間16日、日付は以下同)、『The New York Times』は今季のNBAレギュラーシーズンにおいて、オールスターに選ばれた27選手(各カンファレンス12選手+代替選出3選手)が平均13.7試合を欠場したことを報じた。 今季は72試合の短縮シーズンであり、13.7試合は全体の...
別窓で開く

“ご意見番”パーキンスが現役ビッグマンTOP5を選出! 「俺の中ではMVP」と称賛した選手とは?<DUNKSHOOT>
ケンドリック・パーキンスは現役時代、守備専門のロールプレーヤー型センターだったが、世界最高峰のNBAで14シーズンを戦い、2008年にはボストン・セルティックスでポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンの“ビッグ3”とともにリーグ優勝を経験した。...
別窓で開く


[ dunkshoot デイビス ] の関連キーワード

dunkshoot デイビス アメリカ レブロン ロンドン
mvp