本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「世代に1人のタレント」“ご意見番”がレイカーズのキーマンにデイビスを指名!「攻守両面でゲームを支配できる」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは今夏、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードといったオールスター経験者を獲得し、強力な陣容を完成させた。これまで議論の中心は、ウエストブルックがレブロン・ジェームズと共存できるか、周囲を生かせるか、だったが、2008年にボストン・セルティックス...
別窓で開く

2013年の“ドラ1”はイスラエルへ。明暗分かれるNBA過去20年のドラフト1位選手を総チェック<DUNKSHOOT>
8月25日(日本時間26日)、元NBAドラフト1位のアンソニー・ベネットがイスラエルのプロクラブ、ハポエル・エルサレムと契約したことが明らかとなった。 カナダ出身で現在28歳のベネットは、2013年のドラフトでクリーブランド・キャバリアーズから1位指名を受けてNBA入り。...
別窓で開く

「こんなの不公平だ」ロバートソンが嘆き。昨季のウエストブルックは「MVPを勝ち取るべきだった」<DUNKSHOOT>
2020-21レギュラーシーズンのMVPは、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが最終候補に入り、101の1位票のうち91票を獲得したヨキッチが初受賞となった。...
別窓で開く

米メディアがNBAパワーランキングを発表!1位はネッツ、大型補強のレイカーズは3位。八村塁所属のウィザーズは?<DUNKSHOOT>
フリーエージェントやトレードによる戦力補強を概ね終え、来たる2021−22シーズンに向けて着々と準備を整えつつあるNBA全30チーム。そんななか、8月22日(日本時間23日、日付は以下同)に『ESPN』が最新のパワーランキングを発表した。 トップに立ったのは、ケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン...
別窓で開く

「彼は過小評価されている」ハワードがウエストブルックに最大級の賛辞!「ロサンゼルスの誰もが感謝する」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは今オフ、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板の負担を軽減すべく、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードといったオールスター選手、さらに若手のケンドリック・ナン、マリーク・モンクという若手を加えるなど大補強を敢行した。...
別窓で開く

「レイカーズに立ち向かえる存在」ウォリアーズのファイナル進出を識者が大胆予想!<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは今夏、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードというオールスター経験者を次々と補強し、2枚看板のレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスを含めた強力な陣容を整えた。今季の優勝候補筆頭とも目されるなか、『ESPN』のマーク・スピアーズ記者は、ゴー...
別窓で開く

レブロン、カリー、デュラントと共闘したジャベール・マギーの「キャリアを助けてくれた」選手とは?<DUNKSHOOT>
NBAキャリア13シーズンを終えたジャベール・マギーは、今夏ケビン・ラブ(クリーブランド・キャバリアーズ)の出場辞退により、急遽アメリカ代表に招集され、東京オリンピックに参加。 213㎝・122㎏のセンターは、ローテーションには入れなかったものの、出場4試合で平均6.3点、1.3リバウンド、フィール...
別窓で開く

レイカーズの新シーズンについてレブロンの元同僚が持論「プレーオフの16試合で判断される」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAは、ロサンゼルス・レイカーズを中心に回るのは間違いない。レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に加え、8月に電撃トレードでラッセル・ウエストブルックを加え、さらにフリーエージェントでカーメロ・アンソニーやドワイト・ハワードらを獲得し、“スーパー...
別窓で開く

ビッグ3のネッツとレイカーズがクリスマスに激突!NBAが2021-22シーズンの一部スケジュールを発表<DUNKSHOOT>
8月17日(日本時間18日、日付は以下同)、NBAは2021-22シーズンの開幕週とクリスマスゲームのスケジュールを発表した。...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ジャバー、バード、ピッペンが着用し人気が爆発!バスケ選手の憧れのナンバー「33」の歴史<DUNKSHOOT>
NBAに興味を持った時期によって、背番号33と聞いて思い浮かべる選手は違うだろう。オールドファンにとってはカリーム・アブドゥル・ジャバー、それより少しあとの時代だとラリー・バードやパトリック・ユーイング、そして1990年代のシカゴ・ブルズに夢中になった人たちにとっては、スコッティ・ピッペンのイメージ...
別窓で開く