本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウエストブルックとカーメロを加えたレイカーズは何位?米メディアがオールスター出場累計ランキングTOP30を発表!<DUNKSHOOT>
1950〜60年代に前人未到の8連覇を成し遂げたボストン・セルティックス、90年代にマイケル・ジョーダン&スコッティ・ピッペンを中心に2度の3連覇を達成したシカゴ・ブルズ、シャキール・オニール(シャック)&コビー・ブライアントのコンビで2000年から3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズなど、NB...
別窓で開く

レブロン&デイビスを擁したレイカーズや2007年のヒート…米メディアがオールスター出場累計ランキングTOP30を発表!<DUNKSHOOT>
1950〜60年代に前人未到の8連覇を成し遂げたボストン・セルティックス、90年代にマイケル・ジョーダン&スコッティ・ピッペンを中心に2度の3連覇を達成したシカゴ・ブルズ、シャキール・オニール(シャック)&コビー・ブライアントのコンビで2000年から3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズなど、NB...
別窓で開く

シャックとコビーに“確執”はなかった?元同僚ペイトンが回顧「お互いの何かを欲しがる“悪ガキ”のよう」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは今夏の大型補強により、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニーといったビッグネームを擁する、強力ラインナップが完成した。...
別窓で開く

アメリカ代表の五輪最多得点者になったデュラントが後継者を指名!?「次はこの男が記録を破るだろう」<DUNKSHOOT>
7月31日、東京五輪の男子バスケットボールは予選ラウンド第3戦が行なわれ、大会4連覇を目指すアメリカがチェコと対戦。119−84で王者の力を見せつけ、準々決勝進出を決めた。 この試合でチームを牽引したのが、3大会連続のオリンピックを戦うケビン・デュラントだ。NBAで過去4度の得点王に立った32歳のス...
別窓で開く

レブロンとカリーの選出は確実も、アデトクンボとドンチッチは微妙?「NBA75周年記念チーム」のメンバーを予想<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日、日付は以下同)、NBAコミッショナーのアダム・シルバーはリーグ創設75周年目となる2021−22シーズンに向けて「我々は選手たちとチーム、過去と現在において世界中のファンの皆様を魅了してきたその双方を称えることを楽しみにしています」と語った。...
別窓で開く

「僕にとってベスト」注目FAのデローザンがレイカーズ入りを熱望!「実現したら気絶してしまう」<DUNKSHOOT>
プレーオフが終了しオフシーズンを迎えたNBAは、7月29日(日本時間30日、日付は以下同)にドラフトが開催され、8月2日にはフリーエージェント(FA)との交渉が解禁となる。 現在行なわれている東京オリンピックでは、アメリカ代表の選手を筆頭に、数多くのNBA選手たちが金メダルをかけて戦っているのだが、...
別窓で開く

アメリカの4連覇と五輪得点記録に挑むデュラント。“王者”のプレッシャーにも「チャレンジを楽しみにしている」<DUNKSHOOT>
東京五輪の男子バスケットボールは7月25日に開幕する。 4大会連続の金メダル獲得を目指すアメリカ代表は、今月上旬にラスベガスで行なわれたエキシビションマッチでナイジェリア、オーストラリアに2連敗を喫し、先行きが不安視された。今大会でエース役を担うケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)が、&ldq...
別窓で開く

コビーが「初代ドリームチームに勝てる」と豪語。数々の新記録を樹立したロンドン五輪アメリカ代表の軌跡【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
2004年のアテネ五輪で惨敗し、失墜したアメリカのプライドを取り戻したのが“リディームチーム”だった。2008年の北京五輪で頂点に返り咲くと、2012年のロンドン五輪にもアメリカはオールスターキャストで参戦。コビー・ブライアント曰く「ドリームチームに勝てる」ほどの豪華メンバー...
別窓で開く

NBAで37年間続いた“シャックの法則”がついに途切れる!本人は「記録はいつか終わるものだ」<DUNKSHOOT>
NBAのプレーオフは現在カンファレンス・ファイナルが繰り広げられており、6月30日(日本時間7月1日)にはフェニックス・サンズがロサンゼルス・クリッパーズを4勝2敗で下し、1993年以来28年ぶりのNBAファイナル進出を決めた。 その一方で、これまで30年以上にわたって続いていたある神話がひっそりと...
別窓で開く

37歳を迎えるレブロンの最適ポジションはPG、それともPF?レジェンドOBマジックが見解<DUNKSHOOT>
レブロン・ジェームズにとってNBAキャリア18年目となった2020−21シーズン。しかし、レギュラーシーズン中は右足の高位足関節捻挫で約1か月半の長期離脱を強いられ、プレーオフでも1回戦負けを喫し連覇の夢は潰えた。ルーキーイヤーから第一線で活躍し続けてきた“キング”も今年12...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン ブライアント レブロン ] の関連キーワード

dunkshoot ロンドン アメリカ レブロン デイビス