本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「皆それぞれの『G.O.A.T.』がいる」名手ウェイドが“NBA史上最高選手論”に持論「1人に絞らなくたっていい」<DUNKSHOOT>
現地時間11月16日、マイアミ・ヒートで3度の優勝を経験したレジェンドのドゥエイン・ウェイドのインタビューが、米紙『Washington Post』へ掲載された。 2003年のドラフト1巡目5位でヒートから指名されたシューティングガードは、NBAキャリア16シーズンのうち約15シーズンをヒートでプレ...
別窓で開く

「俺は入らないとわかっていた」75周年記念チームに落選したハワードが胸中を吐露「もう忘れよう」<DUNKSHOOT>
現地時間11月9日(日本時間10日)、ロサンゼルス・レイカーズのドワイト・ハワードが『Bleacher Report』のテイラー・ルックスとのインタビューに登場した。 その中で、10月下旬に発表されたNBAの75周年記念チームに落選したことについて言及した。「俺は入らないと分かっていた。(理由は)政...
別窓で開く

マジック、バード、ジャバー、レブロンら新旧レジェンドが豪華共演!NBA75周年を記念した短編動画「NBA Lane」が公開<DUNKSHOOT>
NBAは現地時間10月7日(日本時間8日)、創設75周年記念シーズンを前に、リーグの歴史を称える短編動画「NBA Lane」を公開した。 俳優・プロデューサーのマイケル・B・ジョーダンが主演し、総勢30名以上の現役NBA選手やレジェンドが集まり、75年の歴史を大いに感じさせる内容になっている。...
別窓で開く

ブランドン・ロイが“同い年”レブロン、“憧れ”コビーとの思い出を語る「最終的に私の2番目になった」<DUNKSHOOT>
NBAで太く短いキャリアを送ったブランドン・ロイ。抜群のオールラウンド能力を備えながら、両ヒザのケガに悩まされ、実働6シーズンでNBAの舞台を去った“ガラスの天才”が、自身のお気に入りの選手について語った。...
別窓で開く

レブロンとカリーの選出は確実も、アデトクンボとドンチッチは微妙?「NBA75周年記念チーム」のメンバーを予想<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日、日付は以下同)、NBAコミッショナーのアダム・シルバーはリーグ創設75周年目となる2021−22シーズンに向けて「我々は選手たちとチーム、過去と現在において世界中のファンの皆様を魅了してきたその双方を称えることを楽しみにしています」と語った。...
別窓で開く

37歳を迎えるレブロンの最適ポジションはPG、それともPF?レジェンドOBマジックが見解<DUNKSHOOT>
レブロン・ジェームズにとってNBAキャリア18年目となった2020−21シーズン。しかし、レギュラーシーズン中は右足の高位足関節捻挫で約1か月半の長期離脱を強いられ、プレーオフでも1回戦負けを喫し連覇の夢は潰えた。ルーキーイヤーから第一線で活躍し続けてきた“キング”も今年12...
別窓で開く

レイカーズのオーナーによる“球団ベスト5”に落選したウエストが不満を吐露「もし私がいなかったら…」<DUNKSHOOT>
昨季10年ぶりにNBAの頂点に返り咲き、ボストン・セルティックスと並ぶ史上最多の優勝17回を成し遂げたロサンゼルス・レイカーズ。 リーグどころか世界中のスポーツ界でも屈指の名門チームである彼らは、昨季までの72シーズンでプレーオフ出場61回、NBAファイナルには32回進出。...
別窓で開く

「ジョーダンは予測可能、でもコビーは…」キトルズが両者の違いについて実体験から持論を展開!<DUNKSHOOT>
コビー・ブライアントはロサンゼルス・レイカーズのみならず、NBA界にその名を刻むレジェンドだ。2020年1月26日(日本時間27日)、不慮のヘリコプター墜落事故に見舞われ41歳で人生に幕を閉じたあとも、武勇伝が絶え間なく語られてきたが、同じ1996年のドラフトでプロ入りした“同期&rdq...
別窓で開く

“2億ドル“に執着するシャックがゴベアにさらなる“口撃“!「彼はレブロンにはなれない。そしてシャックにも…」<DUNKSHOOT>
今季開幕直前、ルディ・ゴベアはユタ・ジャズと5年2億500万ドルの延長契約を結んだ。ディフェンス力は現役最高クラスながら、得点力は平凡なビッグマンが勝ち取ったこの超大型契約は方々で話題となったが、そのなかでゴベアを痛烈に批判したのがシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズ)だ。...
別窓で開く

アイバーソンが“96年ドラフト組最強説”を主張!ジョーダン擁する84年、レブロン率いる03年よりも「俺たちがベスト」と豪語<DUNKSHOOT>
NBA史上最高のドラフト豊作年と言えば、“神様”マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)を筆頭とした1984年が定説だ。しかし、“小さな得点王”として人気を博した殿堂入り選手のアレン・アイバーソン(元フィラデルフィア・セブンティシクサーズほか)は、...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン ブライアント レジェンド ] の関連キーワード

dunkshoot ブランドン ジョーダン ハワード lane
レブロン バード nba