本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「なんだかムカつく」“最強スコアラー論争”にレブロンは不満?「決して俺の名前は出ないんだ」<DUNKSHOOT>
今季でキャリア19シーズン目を迎えるロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズ。これまで4度の優勝を勝ち取り、シーズンMVPとファイナルMVPにそれぞれ4度輝いたほか、18度出場したオールスターでMVPに3度選出、オールNBAチームに17度、オールディフェンシブチームにも6度選ばれるなど、輝かし...
別窓で開く

レブロン、マジック、ジャバー…NBAの歴代ベスト“ドラフト1位チーム”を識者が選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、なかでも毎年注目されるのが、その年のNo.1プレーヤーと目される「ドラフト1位選手」だ。...
別窓で開く

オールスター前後の“勝負の時期”に最も躍動した選手は誰だ!? NBA2月の得点ランキングを発表<DUNKSHOOT>
去る2月20日(現地時間)にオールスターゲームが行なわれたNBAは、約1週間の小休止を経て、シーズン後半戦に突入する。 特に上位を目指すチームにとって、ここからはポストシーズンも見据えた勝負の時期となる。今回は過去30年(1992〜2021年)のシーズン別に、“前半戦の終盤”...
別窓で開く

マッグレディが独自の「歴代ベスト5」を選定。悩んだPFとセンターの候補者、「最高のライバル」の名も<DUNKSHOOT>
現役時代にNBAで2度の得点王に輝いた経験を持ち、2017年にバスケットボール殿堂入りも果たしたトレイシー・マッグレディ。そんなレジェンドが、『Playmaker HQ』のインタビューで自身が選ぶ「歴代ベスト5」を発表している。...
別窓で開く

コビー・ブライアントが死の直前に送った3通のメッセージ。レブロンとは“ライバル”から“ブラザー”の関係に【NBA秘話|前編】<DUNKSHOOT>
コビー・ブライアントがヘリコプター墜落事故でこの世を去ってから、早くも2年が過ぎた。 今回は世界中のファンを魅了したこの悲劇のスーパースターの物語をお届けする。コビーは死の直前、3人のバスケットボールにまつわる友人とメッセージを交わしていたという。その内容には、コビー・ブライアントという人物の温かい...
別窓で開く

「間違いなくプレーオフには行くだろう」シャックがレイカーズ浮上を予想。一方で優勝は「たぶんしない」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズはレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板が出場しながら、2月に入ってミルウォーキー・バックス、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ相手に3連敗を喫し、26勝31敗と借金は今季ワーストの「5」に膨らんだ。...
別窓で開く

ジョーダン、ドクターJ、カーター…NBA歴代“ベストダンカーチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
バスケットボールの花形プレーと聞いて、多くの人が思い浮かべるのがリングに直接ボールをねじ込む「ダンクシュート」だろう。特に世界中から傑出したアスリートが集うNBAでは、毎年オールスターのメインイベントとしてスラムダンク・コンテストが行なわれるなど、数々の跳躍自慢が時代を彩ってきた。...
別窓で開く

NBAの歴代“ベストスコアラーチーム”を選定!ジョーダンやカリーら6人で得点王25回の超豪華布陣に<DUNKSHOOT>
ビッグマンが試合を支配した一昔前からアウトサイドシュートが主体となった現代にいたるまで、時代によって様々にトレンドを変えてきたNBA。その時々のプレースタイルに合わせて古今東西あらゆる点取り屋が誕生し、リーグを牽引してきた。 NBAでは過去75シーズンで計34人の得点王が存在するが、彼らを含む歴代の...
別窓で開く

NBAの歴代“ベストディフェンダーチーム”を選定!守備も超一流だったジョーダンとともに名を連ねたのは?<DUNKSHOOT>
攻守が激しく入れ替わり、近年はハイスコア化が目覚ましいNBAだが、頂点に立つためには守備が不可欠なのは今も昔も変わらない。では現役を含む歴代の全選手を対象に、ポジション別最強ディフェンダーを選出した場合、どういった顔ぶれが並ぶのだろうか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者...
別窓で開く

平均30点も視野に入れる今季のレブロンは何位?現地メディアが“37歳以上”の平均得点TOP10を発表!<DUNKSHOOT>
昨年12月30日、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが37歳の誕生日を迎えた。多くの選手は30歳を超えると徐々に衰えが見え始め、それまでチームのエースを任されていた選手は役割の変更を余儀なくされたり、他球団へ移籍、そして30代中盤で引退するのが一般的だが、レブロンは依然としてNBAのトッ...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン ブライアント ] の関連キーワード

ベストダンカーチーム dunkshoot ブライアント ジョーダン レブロン
nba カータ ブラザ