本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ハーデンの「プレッシャーは感じていない」発言にシクサーズOBが忠告「考え直した方がいい。嘘をつくな」<DUNKSHOOT>
ジェームズ・ハーデンは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズが1982−83シーズン以来のリーグ優勝を果たすうえで、キーマンと目されている。周囲の期待値は非常に高いなか、チームOBのチャールズ・バークレーが檄を飛ばしている。...
別窓で開く

「彼らの中に自分が見える」“キング”レブロンが一緒にプレーしたかった2人のレジェンドとは?<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは長年NBA界を牽引し、現役にしてレジェンドの座を確立している。そんな“キング”は、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)やコビー・ブライアント(元レイカーズ)以上に一緒に組んでみたかった選手がいるという。...
別窓で開く

ウェイド、ピッペン、ガーネットらレジェンド揃い!NBAの歴代ベスト“ドラフト5位チーム”を選定<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は過去4回に続き、「ドラフト5位指名」の最強チー...
別窓で開く

今季のレイカーズはNBA史上ワーストチーム?期待を裏切った過去のスター軍団と比較<DUNKSHOOT>
現地時間4月5日、ロサンゼルス・レイカーズは敵地でウエスタン・カンファレンス1位のフェニックス・サンズに110−121で敗退。これで今季48敗目(31勝)となり、同日に順位を争っていたサンアントニオ・スパーズが勝利したためプレーオフ不出場が決まり、レイカーズの2021−22シーズンは終焉を迎えた。...
別窓で開く

ポール、ウエストブルックらを輩出!NBAの歴代ベスト“ドラフト4位チーム”を選定<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は過去3回に続き、「ドラフト4位指名」の最強チー...
別窓で開く

「スーパーチームの失敗ではない」2004年レイカーズの敗因を米記者が分析「勝てなかった理由はシャック&コビー」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは今季開幕時、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニーというスター選手を揃え、「スーパーチーム」と呼ばれた。 フランチャイズの歴史を遡ると、2003−04シーズンにもシャキール・オニール(シャック)、コビー・ブライアント、ゲ...
別窓で開く

魔術師ウィリアムズが選んだ歴代最高のボールハンドラーは? 「アービング、次にカリーだ」<DUNKSHOOT>
NBAという世界最高峰のバスケットボールリーグにおいて、“史上最高の選手”や“最強スコアラー”はこれまで何度も議論されてきたテーマだ。 前者ではマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)やレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)、後者ではジョ...
別窓で開く

独特なシュートフォームをSNSでネタにされたマリオンが反論「俺はジャンプシューターとして一貫していた」<DUNKSHOOT>
フェニックス・サンズの勢いが止まらない。 現地時間3月24日、サンズは敵地でデンバー・ナゲッツを下して7連勝。今季60勝に到達するとともに、球団史上3度目のリーグ最高成績も確定させた。 そんななか、2000年代にサンズの中心選手として活躍したショーン・マリオンが、先日Twitterのスペース内で自身...
別窓で開く

「アレンに会えて嬉しい」ガーネットの永久欠番式典で和解した2人。約10年ぶりの雪解けにアリーナも大歓声<DUNKSHOOT>
現地時間3月13日(日本時間14日、日付は以下同)、ボストン・セルティクスはホームのTDガーデンでダラス・マーベリックスと対戦するも、終盤に競り合った末に92−95で惜敗した。 もっとも、この日のメインは試合後にあった。2007年夏に加入し、2007−08シーズンのリーグ制覇に大きく貢献。...
別窓で開く

バークレーがGOAT論争に言及。自身は「ジョーダン派」も「レブロンは期待値を超えていった」<DUNKSHOOT>
NBAのGOAT(史上最高の選手)論争は近年、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)とレブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)の2人を中心に回ってきた。プレーした時代やリーグ全体のスタイルが異なるため、比較がフェアではないとの見解もあるなかで、往年の名選手であるチャールズ・バークレー...
別窓で開く