本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



デイビス、ウォール、ブッカー…“大学バスケ界のローマ帝国”ケンタッキー大の歴代ベストメンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)。プロを目指す若手選手たちにとってNCAAでプレーすることがNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターをNBAに送り出してきた。...
別窓で開く

“2億ドル“に執着するシャックがゴベアにさらなる“口撃“!「彼はレブロンにはなれない。そしてシャックにも…」<DUNKSHOOT>
今季開幕直前、ルディ・ゴベアはユタ・ジャズと5年2億500万ドルの延長契約を結んだ。ディフェンス力は現役最高クラスながら、得点力は平凡なビッグマンが勝ち取ったこの超大型契約は方々で話題となったが、そのなかでゴベアを痛烈に批判したのがシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズ)だ。...
別窓で開く

アイバーソンが“96年ドラフト組最強説”を主張!ジョーダン擁する84年、レブロン率いる03年よりも「俺たちがベスト」と豪語<DUNKSHOOT>
NBA史上最高のドラフト豊作年と言えば、“神様”マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)を筆頭とした1984年が定説だ。しかし、“小さな得点王”として人気を博した殿堂入り選手のアレン・アイバーソン(元フィラデルフィア・セブンティシクサーズほか)は、...
別窓で開く

レイカーズはマジックが断トツ!他球団の記録保持者は…チーム別トリプルダブル達成数ランキング【パシフィック編】<DUNKSHOOT>
年々“ポジションレス化”が進行するNBAで、特に注目される記録のひとつが、1試合に3部門で2桁を稼ぐ「トリプルダブル」だ。最近ではワシントン・ウィザーズのラッセル・ウエストブルックが移籍1年目で球団新記録を打ち立てたことでも話題になった。そこで今回は、それぞれのチームにおける...
別窓で開く

「彼の個性の強さは…」名将ジャクソンがニックス時代のカーメロを批難。元チームメイトは擁護も〈DUNKSHOOT〉
ポートランド・トレイルブレイザーズのカーメロ・アンソニーはNBA史に名を刻むスコアラーだ。18年のキャリアで得点王1回、オールスター出場10回、オールNBAチーム選出6回など輝かしい実績を残し、スーパースターの地位を不動のものとしてきた。 今季はアキーム・オラジュワンやオスカー・ロバートソンといった...
別窓で開く

通算2万7000点を突破したカーメロ。歴代10傑入りに向けて「もっと上り詰めていく」と意欲〈DUNKSHOOT〉
3月19日(日本時間20日、日付は以下同)に行なわれたダラス・マーベリックス対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦。ルカ・ドンチッチの華麗なパス捌きがSNSを通じて世界中に拡散され話題となったが、試合を制したのはブレイザーズだった。 左足骨折から復帰して3試合目となったCJ・マッカラムが、決勝3ポイ...
別窓で開く

【NBA秘話】“幻”に終わったジョーダンvsマジックの1オン1対決。歴史的ビッグイベントが中止になった理由とは…〈DUNKSHOOT〉
NBAを代表するスーパースターが、本気モードの1オン1で戦ったら……。ファンであれば、誰もが想像したことがあるテーマだろう。現役の大物スターが直接対決するそんなイベントが、1990年代に2度計画されたことがあった。そのうちのひとつは、なんとマイケル・ジョーダンvsマジック...
別窓で開く

「レブロンは爆発力があるが、第4Qのコビーは…」アマレが両者を徹底分析!最強に選んだのは?〈DUNKSHOOT〉
アマレ・スタッダマイアーは高卒でNBA入りし、フェニックス・サンズの攻撃的なラン&ガンスタイルの中で才能を開花させた“動けるビッグマン”の代表格だった。今季からブルックリン・ネッツの育成コーチに就任した38歳は、自身の対戦経験を基に「コビー・ブライアントvsレブロン・ジェーム...
別窓で開く

ハーデンが2部門でランクアップ間近、ポールはスティール数でトップ5入りなるか…NBA後半戦に達成されそうな記録一覧【Part.2】〈DUNKSHOOT〉
NBAは3月10日(日本時間11日)よりシーズン後半戦がスタート。レギュラーシーズン終了予定の5月中旬まで、各チームとも残りの36試合前後を消化していくことになる。 後半戦を見ていくうえで最大の注目は、各カンファレンスの首位レースやプレーオフの座を巡る順位争いになるだろうが、一方で選手個人の活躍も見...
別窓で開く

北京五輪でコビーが果たした”グルーガイ”としての役割。かつての恩師とチームメイトが当時を懐古〈DUNKSHOOT〉
オリンピックにおけるバスケットボールの歴史を語るうえで、1992年のバルセロナ五輪で金メダルを獲得した「ドリームチーム」は欠かせない。現役NBA選手が史上初めて五輪の舞台に参戦し、“神様”マイケル・ジョーダンを筆頭にマジック・ジョンソン、ラリー・バード、チャールズ・バークレー...
別窓で開く