本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



東日本大震災で日本を支援したNBA選手たち——得点に応じた金額を寄付、コビーやレブロンからのメッセージ〈DUNKSHOOT〉
2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年。当時、NBAには日本人選手は存在しなかったものの、多くの選手や関係者が被災地に祈りを捧げ、支援の意を表明した。 震災当時、両親が東京にいたというコビー・ブライアント(当時ロサンゼルス・レイカーズ)は「私の思いと祈りは皆さんとともにあります」と語り...
別窓で開く


<前へ12次へ>