本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レブロンも「どんどん成長している」と太鼓判を押すドラ2新人グリーン。飛躍の理由は“フォームの微調整”と“守備を読むプレー”<DUNKSHOOT>
現地時間3月9日(日本時間10日、日付は以下同)のロサンゼルス・レイカーズ戦で、キャリアハイの32得点をマークしたジェイレン・グリーン。昨年のドラフトでヒューストン・ロケッツから2位指名された期待のルーキーは、試合後「今夜はバスケットが大きく見えた」と語った。...
別窓で開く

【NBA】レブロンが今季2度目の50得点でレイカーズがウィザーズを撃破!八村は15得点も後半は不発<DUNKSHOOT>
現地時間3月11日(日本時間12日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは敵地でロサンゼルス・レイカーズと対戦して109−122で敗戦。八村塁は途中出場で25分36秒プレーし、15得点(フィールドゴール6/11、3ポイント2/3、フリースロー1/2)、6リバウンド、1アシスト、1スティールを記録し...
別窓で開く

ペイトンがブルズ黄金デュオについて持論「レブロンはジョーダンより優れたオールラウンダー。それが当時のピッペン」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズ黄金期のデュオ、マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンの両雄を比較するとすれば、“史上最高のプレーヤー”とも称される神様ジョーダンに軍配を上げる人が大多数だろう。 しかし、往年の名選手であるゲイリー・ペイトンは、“キング”ことレブロン...
別窓で開く

【NBA】八村塁がFG成功率70%で18得点の活躍も、ウィザーズは敵地でクリッパーズに惜敗…次戦はレイカーズと対戦<DUNKSHOOT>
現地時間3月9日(日本時間10日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは敵地でロサンゼルス・クリッパーズと対戦して109−115で敗戦。八村塁は途中出場で24分3秒プレーし、18得点(フィールドゴール7/10、3ポイント1/4、フリースロー3/4)、3リバウンド、1アシスト、1スティールを記録した...
別窓で開く

ウォリアーズの王座奪還、9位レイカーズの大逆転はあるか?米メディアが今季のプレーオフオッズを発表!【ウエスト編】<DUNKSHOOT>
昨年10月に開幕したNBAの2021−22シーズンは、オールスターゲームが終了し終盤戦に突入。今後プレーオフのシード争いや最終スポット争いなど、さらに熾烈さを増していくだろう。 そんななか『ESPN』がレギュラーシーズンの最終成績予想とプレーオフオッズを発表。ポストシーズン進出、そして優勝の可能性が...
別窓で開く

バークレーがGOAT論争に言及。自身は「ジョーダン派」も「レブロンは期待値を超えていった」<DUNKSHOOT>
NBAのGOAT(史上最高の選手)論争は近年、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)とレブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)の2人を中心に回ってきた。プレーした時代やリーグ全体のスタイルが異なるため、比較がフェアではないとの見解もあるなかで、往年の名選手であるチャールズ・バークレー...
別窓で開く

「ウエストブルックを誇りに思う!」レイカーズのレジェンドOBマジックが“悩めるスターPG”を称賛<DUNKSHOOT>
今季ここまで誤算続きのロサンゼルス・レイカーズは、現地時間3月5日(日本時間6日、日付は以下同)に本拠地クリプトドットコム・アリーナでゴールデンステイト・ウォリアーズと激突。124−116で接戦を制し、2月25日のロサンゼルス・クリッパーズ戦から続いていた連敗を4でストップさせた。 この日はレブロン...
別窓で開く

「3万点まで行くべきだと思う」通算2万5000点到達もデュラントにとっては通過点「どこまで順位が上がるか楽しみ」<DUNKSHOOT>
「リーグでも優れたチーム、そしてベストな選手が2人がいる相手と対戦する時というのは、競争者としてワクワクする。それに子どもの頃から尊敬してきたプレーヤーと戦うんだから楽しみなんだ。そういう機会があれば、自分の最大限の力を発揮しようとするものなのさ」 現地時間3月6日(日本時間7日、日付は以下同)に行...
別窓で開く

「あんな振る舞いは許さない」75周年記念式典でのロッドマンの“問題行動”にシャックが苦言<DUNKSHOOT>
2022年NBAオールスターのハーフタイム中に行なわれた、リーグ75周年記念チームの表彰セレモニー。マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)やマジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)といったレジェンドから、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)やステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォ...
別窓で開く

Gリーグで2戦合計100得点!NBA定着のチャンスを掴んだ28歳苦労人の波瀾万丈のキャリア<DUNKSHOOT>
Gリーグで2戦合計100得点をマークし、その2日後にボストン・セルティックスと2年契約を締結。そんなキャリアのビッグチャンスを掴んだのが、カナダ人ガードのニック・スタウスカスだ。 デンバー・ナゲッツの下部組織、グランドラピッズ・ゴールドに所属していたスタウスカスは、3月1日のウィスコンシン・ハード戦...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン バークレ レブロン ブルズ
nba