本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「なんだかムカつく」“最強スコアラー論争”にレブロンは不満?「決して俺の名前は出ないんだ」<DUNKSHOOT>
今季でキャリア19シーズン目を迎えるロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズ。これまで4度の優勝を勝ち取り、シーズンMVPとファイナルMVPにそれぞれ4度輝いたほか、18度出場したオールスターでMVPに3度選出、オールNBAチームに17度、オールディフェンシブチームにも6度選ばれるなど、輝かし...
別窓で開く

マブズのキッドHCがチームとしての“理想型”を語る。古巣レイカーズへのエールも「健康体を取り戻した時ジャッジすべき」<DUNKSHOOT>
3シーズン連続のプレーオフ進出を狙うダラス・マーベリックスが、年明け以降調子を上げている。 1月はウエスタン・カンファレンス2位タイの12勝4敗(勝率75.0%)、2月もウエスト4位の7勝3敗(勝率70.0%)で終え、現地時間3月3日(日本時間4日)終了時点で38勝25敗(勝率60.3%)のウエスト...
別窓で開く

ノビツキーが悲願のNBA制覇を遂げた2011年ファイナルを回顧「彼らが結成1年目だったのはすごく幸運だった」<DUNKSHOOT>
21年間のNBAキャリアで歴代4位の通算1522試合出場、同6位の通算3万1560得点、同13位の3ポイント成功数1982本を記録し、将来の殿堂入りが確実視されているダーク・ノビツキー。2011年には悲願のリーグ制覇を成し遂げたが、ダラス・マーベリックス一筋のレジェンドは“時の運&rdq...
別窓で開く

レブロン、マジック、ジャバー…NBAの歴代ベスト“ドラフト1位チーム”を識者が選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、なかでも毎年注目されるのが、その年のNo.1プレーヤーと目される「ドラフト1位選手」だ。...
別窓で開く

「まだ全米放送してるのか?」プレーオフも危ういレイカーズを識者が酷評「戦うメンタリティが見えない」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは、オールスター明けの後半戦も調子が上がらない。ロサンゼルス・クリッパーズ、ニューオリンズ・ペリカンズとプレーイン・トーナメント進出枠を争うライバルに屈し、現地時間3月1日のダラス・マーベリックス戦にも競り合いの末に104−109と敗れた。 3連敗で借金は今季ワーストの「7」...
別窓で開く

イースト首位を走るヒートの“守備の要”アデバヨを指揮官が絶賛!「彼と同等のことができる選手はそう多くない」<DUNKSHOOT>
現地時間2月28日に行なわれたマイアミ・ヒートとシカゴ・ブルズによるイースタン・カンファレンス頂上対決は、ホームのヒートがブルズを寄せ付けず112−99で勝利を収めた。 ヒートはゲイブ・ヴィンセントとタイラー・ヒーローがそれぞれ20得点、ジミー・バトラーが15得点、7リバウンド、4アシスト、4スティ...
別窓で開く

ヤングが自身22度目の40得点超え。23歳以下ではジョーダン、レブロンに次ぐ数字も「勝てなければ意味がない」<DUNKSHOOT>
今季2年ぶり2度目のオールスターへ選出されたアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングは、球宴明け初戦となった現地2月25日のシカゴ・ブルズ戦、今季ワーストのフィールドゴール17.6%(3/17)の14得点に終わり、チームも接戦の末108−112で敗れた。「チームのために良くならなきゃいけないことは分かっ...
別窓で開く

オーナーも途中退席するほどの大敗を喫したレイカーズ。借金は今季ワーストの6、プレーイン圏外の危機も<DUNKSHOOT>
現地時間2月27日(日本時間28日)、ロサンゼルス・レイカーズは本拠地クリプトドットコム・アリーナでニューオリンズ・ペリカンズと対戦するも、95−123で完敗。これでチーム成績は27勝33敗(勝率45.0%)となり、借金が今季最大の6まで膨れ上がった。...
別窓で開く

レブロンとブロニーの“親子共演”にマブズは興味なし?「そのために指名権は消費しない」とオーナーが明言<DUNKSHOOT>
2003年のNBA入りから常に第一線を走り続けているレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)。キャリア19年目を迎えた今季もここまでリーグ3位の平均29.0点をマークするなど、依然としてハイパフォーマンスを披露し続けている。 ただ、そんな“キング”も37歳、引退の時が...
別窓で開く

「彼はクリーブランドに行くだろう」NBAアナリストがレブロンのキャブズ“再凱旋”を予測<DUNKSHOOT>
現地時間2月18〜20日に開催されたNBAのオールスター。この期間中に発したコメントで、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が大きな注目を集めている。 生まれ故郷のオハイオ州で迎えた球宴にて、かつて2度にわたって所属したクリーブランド・キャバリアーズに復帰する可能性を問われたレブロンは、...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン ] の関連キーワード

dunkshoot クリーブランド ジョーダン レブロン nba