本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



元ドラ1のマーティンが現役時代を回想!「守るのがタフな選手」と「止められなかった相手」を明かす<DUNKSHOOT>
2000年にニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)へ入団し、NBAで15年間プレーしたケニョン・マーティンが現役時代を振り返り、「守るのがタフだった選手」、そして「止められなかった選手」を明かしている。 00年のドラフト1位指名でNBA入りしたマーティンは、類まれな身体能力を武器にアスレ...
別窓で開く

「その時が来た」ピュアシューターのレディックが現役引退を発表「すべてに感謝」<DUNKSHOOT>
現地9月21日(日本時間22日)、2010年代のNBAを代表するピュアシューターの1人だったJJ・レディックが現役引退を発表した。 37歳のレディックは自身のポッドキャスト番組で「その時が来たことを実感している。父親になる時が来た。これまでを振り返って、立ち止まり、人生の次のステップに突入する準備を...
別窓で開く

サンズの2年連続のファイナル進出にOBが否定的な意見「昨年は好条件が揃っていた」<DUNKSHOOT>
昨季のフェニックス・サンズは名司令塔クリス・ポールの獲得によって、シーズンではウエスタン・カンファレンス2位の51勝21敗(勝率70.8%)と好成績をマーク。2010年以来のプレーオフでは1回戦で前年王者のロサンゼルス・レイカーズを撃破すると、その後も破竹の勢いで勝ち上がり、28年ぶりのNBAファイ...
別窓で開く

「僕らは全く違う」ナゲッツのポーターJr.がデュラントとの比較に言及「彼はNBAのベストプレーヤー」<DUNKSHOOT>
デンバー・ナゲッツ期待の若手マイケル・ポーターJr.は、2018年のドラフト前の時点で208㎝のサイズとコート上のどこからでも点を奪えるプレースタイルから、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)と比較されていた。 だが背中のケガもあって上位指名も有力視されていたドラフトでは14位まで落ち、ルーキ...
別窓で開く

ウォリアーズが元レイカーズのガード3人に興味。エースのカリーの控えに指名されるのは?<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは、今年のドラフト1巡目でジョナサン・クミンガ(7位)とモーゼス・ムーディー(14位)を指名。FA(フリーエージェント)では2015、17、18年の優勝に貢献したベテランのアンドレ・イグダーラ、3ポイントと守備に定評のあるオットー・ポーターJr.、シュート力の高いビッ...
別窓で開く

ペニーとコビーのどちらかを選ぶなら?共闘したグラントの回答が秀逸「私はペニーにするね」<DUNKSHOOT>
NBAで17シーズンにわたってプレーしたホーレス・グラントは、シカゴ・ブルズで1990年代前期の3連覇(91〜93年)、ロサンゼルス・レイカーズで2001年に優勝メンバーとなり、計4度の優勝を勝ち取ったレジェンドだ。 現地9月12日(日本時間13日、日付は以下同)、現在56歳のグラントは、YouTu...
別窓で開く

カーメロ、コールマンらアクの強い選手が並ぶ、シラキュース大歴代ベストメンバー!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとって“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを世界最高峰の舞台に送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に...
別窓で開く

ネッツの最重要選手はアービング?「彼がいなければ優勝できない」とレジェンドPGトーマスが断言<DUNKSHOOT>
ケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン、カイリー・アービングの超強力ビッグ3を擁するブルックリン・ネッツは、今季の優勝の有力候補と言っていい。そしてそのなかで、かつてデトロイト・ピストンズで活躍したレジェンドPG(ポイントガード)のアイザイア・トーマスは、アービングこそネッツの最重要選手だと考えて...
別窓で開く

パーキンスが移籍先を探すウォールにシクサーズ行きを推奨!「シモンズとエンビードのコンビより良い」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズとヒューストン・ロケッツのジョン・ウォールは、どちらも移籍の噂が出ている。オールスター出場も経験している両者の実力は誰もが認めるところだが、元NBA選手のケンドリック・パーキンスは、シクサーズの大黒柱であるジョエル・エンビードと組ませるなら、ウォ...
別窓で開く

米メディアが25歳未満のプレーヤーランキングを発表!11〜25位には“ポスト・レナード”らがランクイン【Part.1】<DUNKSHOOT>
現地時間9月17日(日本時間18日、日付は以下同)、米メディアの『Bleacher Report』が、25歳未満のプレーヤーランキングトップ25を発表した。 2021−22シーズンの開幕時点で24歳以下の選手が対象で、今年のドラフトで指名されたルーキーは除外。選手としての実績と伸びしろを考慮しランキ...
別窓で開く