本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ずっと彼を見てきた」同期レブロンとの“初共演”に名手カーメロは何を想う?「どうなるか分からない」<DUNKSHOOT>
2003年のNBAドラフトでレブロン・ジェームズ、クリス・ボッシュ、ドゥエイン・ウェイドらとともにプロ入りしたカーメロ・アンソニーは、デンバー・ナゲッツとニューヨーク・ニックスでエースとして活躍。オールスターにも計10回出場するリーグ屈指のスター選手だった。...
別窓で開く

ドンチッチ、ザイオン、ラメロ…米メディアが選ぶ25歳未満のプレーヤーランキングトップ10!【Part.2】<DUNKSHOOT>
現地時間9月17日、米メディア『Bleacher Report』が、25歳未満のプレーヤーランキングトップ25を発表した。 2021−22シーズンの開幕時点で24歳以下の選手が対象で、今年のドラフトで指名されたルーキーは除外。選手としての実績と伸びしろを考慮しランキングを作成したという。...
別窓で開く

「変わってくれなんて思っていない」“キング”レブロンが新加入のウエストブルックに期待することは?<DUNKSHOOT>
現地時間9月28日、今夏の補強戦線で一際注目を浴びたロサンゼルス・レイカーズがメディアデーを行なった。 レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスという超強力タッグを中心とした布陣で一昨季にNBAを制した元王者は、今夏ロースターを刷新。今年8月に5チーム間の大型トレードでワシントン・ウィザーズからラ...
別窓で開く

NBAのご意見番が現役SFトップ5を発表!“キング”を抑えて1位に立ったのは?<DUNKSHOOT>
元NBA選手のケンドリック・パーキンスは現役時代、フィジカルに長けたビッグマンとして14年間にわたってプレー。2008年にはポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンのビッグ3を支え、ボストン・セルティックスの22年ぶりの優勝に貢献した。 現在36歳のパーキンスはキャリアで多くのスター選手と...
別窓で開く

キッド新HCが“ヤング・ピカソ”と評するドンチッチへ金言「もっとチームメイトに頼っていい」<DUNKSHOOT>
現地9月27日(日本時間28日)、NBAはトレーニングキャンプに先立ち、メディアデー(コーチや選手がインタビューを受けたり宣材写真を撮影する日)を迎え、各チームが新シーズンに向けて本格的に始動した。 ダラス・マーベリックスで今季から新たに指揮を執るジェイソン・キッドHCは、チームの若きエース、ルカ・...
別窓で開く

優勝候補のネッツに不穏な空気…ワクチン“未接種疑惑”のアービングはホームゲームを欠場?<DUNKSHOOT>
NBAはいよいよメディアデーが始まり、10月19日の新シーズン開幕に向けてカウントダウンが始まった。 そんななか、今季の優勝候補にも挙げられているブルックリン・ネッツに開幕前から暗雲が立ち込めている。チームの看板選手の1人で、オールスターポイントガードのカイリー・アービングがホームゲームに出場できな...
別窓で開く

「肩の荷が下りることはない」アデトクンボの尽きない“ハングリー精神”<DUNKSHOOT>
昨季のNBAファイナル第6戦、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、フェニックス・サンズを相手に50得点、14リバウンド、5ブロックの超絶パフォーマンスで105−98の勝利へと導き、バックスに1971年以来となるチャンピオンシップをもたらした。...
別窓で開く

「ビジネスをわかってない愚か者」移籍騒動に揺れるシモンズをバークレーが一刀両断「選手が好き勝手にしている」<DUNKSHOOT>
チームと完全に決裂し、その去就に注目が集まっているフィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズ。ただ、新シーズン開幕まで1か月を切ったこの状況下で、いまだにトレード先は見つかっていない。「チームに残りたくない」として自身の放出を求めたシモンズに対し、周囲からは非難の声が相次いでいるが、一番...
別窓で開く

2年ぶりに帰ってくる“スプラッシュ・ブラザーズ”! 「ずっと歩みを見てきた」カリーもトンプソン復帰に歓喜<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは、2度の大ケガにより過去2シーズンの全休を強いられた。2019年のNBAファイナルで左ヒザの前十字靭帯を断裂し、昨季の開幕直前には右アキレス腱を断裂。懸命なリハビリを経て迎える今季は、完全復活を期すシーズンとなる。 そんなトンプソンのカムバックを...
別窓で開く

自身を現役PGの「トップ5」と断言したモラント。進境著しい22歳の次なる“野望”<DUNKSHOOT>
メンフィス・グリズリーズのジャ・モラントは、爆発的な身体能力と広いコートビジョン、電光石火のクイックネスを兼備したリーグ有数の若手ポイントガード(PG)だ。 2019年のドラフト2位は、ルーキーシーズンこそプレーオフ進出を逃がしたが、平均17.8点、7.3アシストの好成績を残して新人王を獲得。...
別窓で開く