本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ネッツを撃破したテイタム擁するセルティックスを識者が絶賛!「本物のチャンピオンシップ・コンテンダー」<DUNKSHOOT>
現地時間4月25日、ボストン・セルティックスはブルックリン・ネッツとのプレーオフ ファーストラウンド第4戦を116−112で制し、無傷の4連勝でカンファレンス・セミファイナル進出一番乗りを決めた。 ジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを擁するセルティックスと、ケビン・デュラント、カイリー・アー...
別窓で開く

「ここに来た時からずっと言っている」ハーデンに不満を募らせるエンビード「もっとアグレッシブにならないと」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズは、今季途中にブルックリン・ネッツから、スコアラーのジェームズ・ハーデンを獲得。オールスターセンターのジョエル・エンビードとの超強力デュオを完成させ、イースタン・カンファレンス4位の51勝31敗(勝率62.2%)でレギュラーシーズンを終えた。 プレーオフに入ると...
別窓で開く

チーム退団の“前兆”?ウエストブルックがインスタグラムのレイカーズ関連の投稿を削除<DUNKSHOOT>
昨年8月、ワシントン・ウィザーズから電撃トレードでロサンゼルス・レイカーズへ移籍したラッセル・ウエストブルック。地元ロサンゼルス出身の司令塔は入団会見で「自分の仕事はレブロン(ジェームズ)の負担を楽にすることだ」と意気込みを語っていた。...
別窓で開く

「今のNBAはジョーダン引退以降、最高のレベル」元選手のローズが主張「MVP投票でKD、レブロン、ステフはいない」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAは、MVPの最終候補にヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)、ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が名を連ねた。1990〜2000年代にNBAでプレーした元選手のジェイレン・ローズは、リーグのレ...
別窓で開く

「間違いなく成功したという証」グリズリーズの俊英モラントが今季のMIPに!「受賞はチームとしての努力」<DUNKSHOOT>
現地時間4月25日、NBAは2021−22レギュラーシーズンの最優秀躍進選手賞(以降、MIP)にメンフィス・グリズリーズのジャ・モラントが選ばれたと発表した。 モラントはグリズリーズ史上初のMIPを受賞しただけでなく、一昨季に新人王にも輝いており、この2つのアウォードを獲得したリーグ初の選手となった...
別窓で開く

【NBA】ラプターズが崖っぷちから2連勝!シアカムが最多の23得点、渡邊雄太は終盤に出場し2得点<DUNKSHOOT>
現地時間4月25日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ対トロント・ラプターズのプレーオフ1回戦第5戦が行なわれ、ラプターズが103−88で勝利。3連敗後に連勝を飾り、シリーズ戦績を2勝3敗とした。 ホームの第4戦に勝利して迎えた敵地フィラデルフィアでの第5戦。ラプターズは前戦で股関節を痛めたフレ...
別窓で開く

1勝3敗からの逆転劇再び?ナゲッツのシリーズ突破にヨキッチは「何度も分が悪い状況を打ち破ってきた」と自信<DUNKSHOOT>
現地時間4月24日(日本時間25日、日付は以下同)、デンバー・ナゲッツはゴールデンステイト・ウォリアーズとのプレーオフ1回戦第4戦に126−121で勝利。シリーズ3連敗から一矢報い、これで対戦成績を1勝3敗とした。...
別窓で開く

御意見番バークレーがデュラントの“優勝功績”に疑問「ウォリアーズ時代の彼は“運転手”じゃなく“乗客”だ」<DUNKSHOOT>
プレーオフ1回戦でボストン・セルティックスと対戦しているブルックリン・ネッツだが、第3戦を終えた時点でシリーズ戦績は0勝3敗。いまだ1勝もできず、このままでは今年の1回戦では東西唯一となる、屈辱のスイープ負けを喫しかねない状況に追い込まれている。 第2シードのセルティックスに対し、ネッツは第7シード...
別窓で開く

「ジョーダンだって負ける可能性もある」1994、95年のロケッツ連覇を疑問視する声にオリーが反論<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンを擁したシカゴ・ブルズは、1991〜93年、1996〜98年と2度の3連覇を果たし、一時代を築いた。その間の1994、95年にリーグ制覇を果たしたのがヒューストン・ロケッツだったが、“神様”ジョーダンが現役引退をしていた時期でもあり、...
別窓で開く

プレーオフ史上最も多く“スウィープ負け”を喫した選手は?トップには意外なレジェンド選手2人の名前が<DUNKSHOOT>
現地時間4月16日(日本時間17日、日付は以下同)に幕を開けた2021−22シーズンのNBAプレーオフは、ファーストラウンド全8カードのうち7カードが4戦まで終えた。 そのうち、まだ1勝もできていないのはブルックリン・ネッツのみ。...
別窓で開く