本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「あの年のジョーダンはMVPに値しない」バークレーが覗かせた強烈なプライド。92−93シーズンは“バークレーの年”だった<DUNKSHOOT>
NBAキャリア16年間で通算2万3757得点(歴代32位)、1万2546リバウンド(同20位)を記録し、殿堂入りも果たした史上屈指のパワーフォワードの1人、チャールズ・バークレー。輝かしいキャリアを送ったなかで、チャンピオンシップだけは一度も獲得できなかったが、そのなかでも1992−93シーズンは最...
別窓で開く

ジョーダンの“豪華すぎる背景”が話題!トロフィーがズラリと並ぶ部屋でオンライン取材に対応<DUNKSHOOT>
新型コロナウイルスが全世界に蔓延して以降、人々は感染予防のためにミーティングなどをオンラインで行なうケースが増えている。同様に、スポーツ選手などへのインタビューも、『Zoom』などを介して行なうのが現在のスタンダードだ。 その際、自分が今いる部屋をそのまま背景として話す人もいれば、バーチャル背景を利...
別窓で開く

ワクチン未接種のアービングについて「ホームゲームは彼抜きで戦うつもり」とナッシュHC。ベンチ起用の可能性も示唆<DUNKSHOOT>
今季の優勝候補と目されているブルックリン・ネッツだが、どうやらカイリー・アービング抜きのゲームプランを本格的に検討し始めたようだ。 ネッツが本拠地を置くニューヨーク州では、プロアスリートが屋内のアリーナでプレーするためには、新型コロナウイルスに対するワクチンの接種が必須だと義務付けられている。しかし...
別窓で開く

ドラ1新人カニングハムの出遅れも影響なし!サディーク・ベイは強気発言「ピストンズが停滞することはない」<DUNKSHOOT>
今年のドラフトロッタリー(抽選会)で51年ぶりに全体1位指名権を引き当てたデトロイト・ピストンズは、現地時間7月29日(日本時間30日、日付は以下同)に行なわれたドラフトでオクラホマ州大のケイド・カニングハムを指名。203cm・99kgの体格を誇る20歳は、サマーリーグ3試合で平均18.7点、5.7...
別窓で開く

「彼にもこの場にいてほしかった」引退会見でガソルが涙を堪え語った、自身のキャリアと盟友コビーへの思い<DUNKSHOOT>
現地時間10月5日、パウ・ガソルがプロキャリアに終止符を打つと発表した。 9月下旬、“ガソルがこの日にバルセロナで記者会見を開く”という情報が出回ると「ついにその日がきたか……」と、それが引退発表であるのはある程度予測されていた。...
別窓で開く

順調な仕上がりを見せるオルドリッジをナッシュHC、ハーデンが称賛「彼は凄くスマートな選手」<DUNKSHOOT>
現地時間10月8日(日本時間9日、日付は以下同)、プレシーズン2戦目を迎えたブルックリン・ネッツは、ホームのバークレイズ・センターでミルウォーキー・バックスと対戦。119−115で勝利を収めた。 ネッツはビッグ3の一角カイリー・アービングがいまだワクチン未接種のため、このままだとホームゲームでの出場...
別窓で開く

ワクチン未接種のアービングに対し、デュラントが心境を吐露「試合も練習も、ずっとここにいてほしい」<DUNKSHOOT>
現地時間10月8日(日本時間9日、日付は以下同)、プレシーズン2戦目を迎えたブルックリン・ネッツは、ホームのバークレイズ・センターでミルウォーキー・バックスと対戦。119−115で勝利を収めた。 この試合、ネッツはケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン、ジョー・ハリス、ブレイク・グリフィン、パティ...
別窓で開く

「必要なだけ時間をかけてほしい」チーム未合流の八村塁に指揮官がエール「とても楽しみにしている」<DUNKSHOOT>
現地時間10月8日、ワシントン・ウィザーズは翌日に予定されているプレシーズンゲーム2戦目(対ニューヨーク・ニックス)に向けた練習を行なった。 5日のヒューストン・ロケッツ戦に119−125で敗れたウィザーズは、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープとデニ・アブディヤが次戦から出場予定だが、トーマス・...
別窓で開く

「チームのために働きたい」アイバーソンが揺れる古巣76ersへ“ラブコール”「助けたいと思っているだけ」<DUNKSHOOT>
圧倒的なカリスマ性で世界中のバスケットボールファンを魅了したアレン・アイバーソン。彼がNBAを去ってから10年以上が経過した。今、アイバーソンは立場を変えてNBAのある球団に戻りたいと考えている。それは、全盛期を過ごしたフィラデルフィア・セブンティシクサーズにほかならない。...
別窓で開く

「ヤニスやデュラントより下」レブロンの“現在地”についてスポーツアナリストが主張「トップ10には入るが…」<DUNKSHOOT>
2003年にNBA入りして以降、常に第一線で活躍してきたレブロン・ジェームズ。今季でキャリア19年目、今年12月には37歳を迎えるが、いまだリーグトップクラスの実力を有しており、新陳代謝の激しいNBAにおいてこれほど長く、晩年まで高いレベルのパフォーマンスを維持した選手はほとんどいなかったと言ってい...
別窓で開く