本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



魔術師ウィリアムズが選んだ歴代最高のボールハンドラーは? 「アービング、次にカリーだ」<DUNKSHOOT>
NBAという世界最高峰のバスケットボールリーグにおいて、“史上最高の選手”や“最強スコアラー”はこれまで何度も議論されてきたテーマだ。 前者ではマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)やレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)、後者ではジョ...
別窓で開く

“コビーのキャリア最高のプレー”としてガソル&レディックが挙げたのは?「あのパスが選手としての評価をさらに高めた」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズ一筋20年のキャリアで、コビー・ブライアントはいくつもの伝説を残してきた。数え切れないほどのハイライトプレーを生み出したなかで、“コビーのベストプレーをひとつだけ挙げる”となれば、多くのNBAファンが頭を悩ませることだろう。...
別窓で開く

「今の状態で開幕したらMVPになれたかも」絶好調セルティックスがイースト首位浮上、直近28戦で24勝にテイタムも手応え<DUNKSHOOT>
今季序盤のボストン・セルティックスは、10月に2勝4敗、12月にも6勝9敗と負け越し、一時はイースタン・カンファレンスのプレーイン・トーナメント進出圏外にまで沈んでいた。 ところが、1月に入って白星先行へと好転する。1月下旬から9連勝と勝ちまくり、連敗もなしと絶好調。リーグベストのディフェンシブ・レ...
別窓で開く

「我々には時間がない」レブロンが偉業達成も、レイカーズがペリカンズに大逆転負けを喫しプレーイン進出すら黄信号に<DUNKSHOOT>
37歳にして驚異的なオフェンスパフォーマンスを披露し、得点王レースのトップを走っているロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズ。現地時間3月27日(日本時間28日、日付は以下同)に行なわれたニューオリンズ・ペリカンズ戦でもゲームハイの39得点を叩き出し、アベレージを30.1点まで伸ばすとともに...
別窓で開く

欧米では“陰謀説”も…。モスクワ勾留中の“世界最高女子バスケ選手”ブリトニー・グライナーの今<DUNKSHOOT>
アメリカと日本が対戦した、昨年の東京五輪女子バスケットボール決勝戦で、ゲームハイの30得点をマークしてアメリカを優勝に導いた、センターのブリトニー・グライナー。身長162cmの日本のガード町田瑠唯と、203cmのサイズを誇るグライナーの、41cm差のマッチアップも話題となった。...
別窓で開く

「意味のある試合でプレーしたい。6月下旬にね」去就が注目されるビールは優勝を渇望。一方でウィザーズへの忠誠も<DUNKSHOOT>
 今季のワシントン・ウィザーズは開幕直後こそ10勝3敗とロケットスタートを切ったが、その後は急失速。現地時間3月27日(日本時間28日、日付は以下同)時点の成績は32勝42敗(勝率43.2%)、イースタン・カンファレンス12位に沈んでいる。 プレーイン・トーナメント出場圏内にいるイースト10位のアト...
別窓で開く

「本当にイライラする」ビールがウエストブルックへの誹謗中傷に怒り「ヤツらは彼のプレーを観ていない」<DUNKSHOOT>
ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールが、現地時間3月24日に公開されたドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)のポッドキャスト番組に出演した。 そこで昨季の同僚で、今季ロサンゼルス・レイカーズでプレーしているラッセル・ウエストブルックがチーム不振のA級戦犯として誹謗中傷の被...
別窓で開く

「あれは失礼だ」ナゲッツの“写真ミス”がエースに火をつけた?49得点のブッカーは「笑っちゃったけどね」<DUNKSHOOT>
現地時間3月25日、リーグ首位を走るフェニックス・サンズはコロラド州デンバーのボール・アリーナでデンバー・ナゲッツと対戦。 第3クォーター終了時には2点リードを奪われていたサンズだが、最終クォーターに36得点を奪って140−130でナゲッツを下し、今季60勝目を記録した。これでサンズはウエスタン・カ...
別窓で開く

NBAの歴代ベスト“ドラフト3位チーム”を選定!代表格はジョーダン、他ポジションは現役の候補も多数<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は「ドラフト3位指名」の最強チームを、アメリカン...
別窓で開く

独特なシュートフォームをSNSでネタにされたマリオンが反論「俺はジャンプシューターとして一貫していた」<DUNKSHOOT>
フェニックス・サンズの勢いが止まらない。 現地時間3月24日、サンズは敵地でデンバー・ナゲッツを下して7連勝。今季60勝に到達するとともに、球団史上3度目のリーグ最高成績も確定させた。 そんななか、2000年代にサンズの中心選手として活躍したショーン・マリオンが、先日Twitterのスペース内で自身...
別窓で開く