本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



成績大幅ダウンのハーデン。影響を受ける“2つの要因”に本人は「時間をかけなければならない」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは開幕5試合を終え、2勝3敗とスタートダッシュに失敗した。新型コロナウイルスのワクチン未接種問題によるカイリー・アービング欠場が痛手なのは間違いないが、同じく誤算なのがジェームズ・ハーデンの不調だろう。 2017−18シーズンから3年連続得点王に輝いたハーデンは、昨季途中にヒュー...
別窓で開く

バスケ男子、“ホーバス・ジャパン”初陣まで1か月!Bリーグ視察の指揮官は「いいチームが作れそう。自信があります」<DUNKSHOOT>
東京オリンピックでバスケットボール女子日本代表を史上初の銀メダルに導いた名将が、新たなステージで再び動き出している。 五輪閉幕後の9月に男子日本代表の新指揮官に電撃就任したトム・ホーバスHC(ヘッドコーチ)は10月27日、選手の視察に訪れたBリーグの試合後に取材に応じ、今後のチーム作りの構想を明かし...
別窓で開く

渡邊雄太がチーム練習に合流!30日からの敵地3連戦に帯同&復帰か<DUNKSHOOT>
ふくらはぎの張りで開幕から出遅れている渡邊雄太が、新シーズンの初陣に向け着々と歩みを進めている。 現地時間10月26日(日本時間27日、日付は以下同)、トロント・ラプターズのニック・ナースHCはチームの全体練習に渡邊が合流したことを明らかにした。指揮官は復帰時期こそ明言しなかったものの、「良い感じだ...
別窓で開く

開幕5戦で3敗のネッツ、早くも浮上した“アキレス腱“と乗り越えるべき壁<DUNKSHOOT>
現地時間10月27日(日本時間28日、日付は以下同)、ブルックリン・ネッツはホームのバークレイズ・センターでマイアミ・ヒートとの一戦に臨むも、93−106で黒星を喫した。 ネッツがフィールドゴール成功率38.8%(33/85)で3ポイントも32.6%(14/43)、対するヒートもフィールドゴールが3...
別窓で開く

“ジョーダン時代”以来の開幕4連勝を飾ったブルズ。それでもベテラン戦士は「何の意味もない」と冷静な姿勢を崩さず<DUNKSHOOT>
現地時間10月25日に行なわれたトロント・ラプターズ戦を111−108で制し、開幕4連勝を飾ったシカゴ・ブルズ。イースタン・カンファレンスで唯一の無敗、リーグ全体でも同じく4勝負けなしのゴールデンステイト・ウォリアーズと並ぶスタートダッシュとなったが、新戦力のデマー・デローザンは兜の緒を締め直してい...
別窓で開く

「レイカーズでも止められない」名物コメンテーターが好調ウォリアーズの優勝を予想<DUNKSHOOT>
ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンらを中心に、2015年から5シーズン連続でファイナル進出を果たし、うち3度のリーグ制覇を成し遂げたゴールデンステイト・ウォリアーズ。2010年代後半のNBAは、彼らを中心に回っていたと言っても過言ではないだろう。...
別窓で開く

「どうして私が入っていないんだ?」75周年チームから漏れたレジェンドが「傷ついた」胸中を吐露<DUNKSHOOT>
10月19日から21日(いずれも現地時間)にかけて、NBAは創設75シーズン目を祝して記念チームを発表。創設50周年の1996-97シーズンに選ばれた最も偉大な50選手に加え、新たに26選手(最後は得票数が並んだことで、計76選手が選出)が名誉あるリストに仲間入りを果たした。...
別窓で開く

レイカーズ、2000年の“極秘ミーティング”を名手AC・グリーンが語る「シャック中心、コビー中心のグループがあった」<DUNKSHOOT>
2000年代序盤のNBAには、史上最強のデュオとして恐れられた2人の選手がいた。 1人はシャックことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)。公称216センチ・147キロの巨漢ながら、圧倒的なパワーとそのサイズからは想像もつかないほどのクイックネスがあり、ペイントエリアを制圧した。...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】10年以上着用した選手はわずか3人…ハブリチェック、マリンらが袖を通した背番号17の歴史<DUNKSHOOT>
■NBA黎明期から着用され、レイカーズでは名誉番号に NBAにおいて背番号17は、リーグが創設された1946年の時点で、すでに8人が着用していた。しかし、10年以上着け続けた選手は3人しかいない。 そのうちの2人がジョン・ハブリチェックとクリス・マリンである。ハブリチェックはボストン・セルティックス...
別窓で開く

開幕から絶好調のモラントをジョージが称賛!「ローズと凄く似ている」と“史上最年少MVP”を引き合いに<DUNKSHOOT>
10月23日(日本時間24日、日付は以下同)に行なわれたメンフィス・グリズリーズとロサンゼルス・クリッパーズによる一戦は、120−114でアウェーのグリズリーズが勝利を収めた。 クリッパーズはポール・ジョージがゲームハイの41得点に10リバウンド、4アシスト、2スティールとチームを牽引。...
別窓で開く