本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



超有名レストランで巻き起こる想定外のサプライズ『ザ・メニュー』映画レビュー「背筋がぞわっとするような濃い味のスリラー」
一度でいいから行ってみたいレストランってありますか? 予約で数ヶ月待ちとか、一見さんお断りとか、いろんな理由でハードルが上がっていると余計気になってしまいますよね。11月18日(金)公開の映画『ザ・メニュー』は、そんな世界中のグルメから羨望の的となっている超有名レストランを舞台にした、背筋がぞわっと...
別窓で開く

バンナムスタジオ発インディーレーベルによる『第1回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト』開催
バンダイナムコスタジオのインディーゲームレーベル「GYAAR Studio(ギャースタジオ)」が、社外のインディーゲームクリエイターに向けた『第1回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト』を開催。受賞者には、コンテスト総額最大1億円の支援金が贈呈されるほか、バンダイナムコグループが培っ...
別窓で開く

ぼる塾・田辺、最後の晩餐はハンバーグ「私は世界を見ています」と食レポで自信
お笑いカルテット「ぼる塾」の田辺智加、あんり、きりやはるかが14日、都内で実施された映画『ザ・メニュー』(11月18日公開)の公開直前イベントに出席した。3人は同作にキーアイテムとして登場するハンバーガーの食レポで対決したが、田辺は自信満々だったようだ。映画『ザ・メニュー』の出演者に扮して登場したぼ...
別窓で開く

韓国、タイ、台湾も…“アジアホラー”がアツい! 大島育宙オススメ4作品
ananトレンド大賞2022“CULTURE”。ここでは、アジアの文化背景を生かした高品質なホラーが多く誕生した“アジアホラー”に注目。お笑い芸人、YouTuberの大島育宙さんが解説します。アジアホラー日本だけでなく韓国やタイ、台湾など、近年ますます盛り上がってきているアジア発のホラー。...
別窓で開く

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』を日向ハル(フィロソフィーのダンス)がレビュー「孤独を知ったシュリだからこそ表現出来る強さや優しさ」
全世界歴代興行収入No.1を記録した『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)をはじめ、日本でも大ヒットを記録した『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』『ソー:ラブ&サンダー』など、観客を熱狂の渦に巻き込み続けているマーベル・スタジオが贈る劇場公開最新作『ブラックパンサー/ワカンダ・...
別窓で開く

【おとな向け映画ガイド】ディオールが全面協力。ロンドンの普通のおばさんが見た夢──『ミセス・ハリス、パリへ行く』
高松啓二さんの水先案内をもっと見る(https://lp.p.pia.jp/article/pilotage/251950/index.html) 渡辺祥子さん(映画評論家)「……メゾンの内情、繰り返される仮縫い、お針子さんの劣悪労働条件などが暖かな人柄のミセス・ハリスの束の間のパリ滞在の合間に丁...
別窓で開く

特殊効果の巨匠によるダークなストップモーションアニメ『マッド・ゴッド』メイキング 「多くのアイデアは夢から盗んだ」[ホラー通信]
特殊効果の巨匠フィル・ティペットが手掛けたストップモーションアニメ『マッド・ゴッド』が12月2日より公開。その制作工程を映したメイキング映像と制作秘話が公開された。多種多様な化け物たちが蠢く暗黒世界を描いた独創的な本作。心理学者カール・ユングに影響を受けたティペットは、「多くのアイデアは夢から盗んだ...
別窓で開く

民泊先で待ち受ける恐怖 先の読めない展開が話題のスリラー映画『バーバリアン』デジタル配信開始[ホラー通信]
先の読めない展開で観る者の度肝を抜くジェットコースター・スリラー『バーバリアン』が、11月9日より各配信サービスにてデジタル配信(購入/レンタル)を開始する。本作は全米で9月に劇場公開されスマッシュヒット。日本では、今回のリリースに先駆けて「Disney+」でいち早く配信され、話題を呼んでいた。描か...
別窓で開く

MCU史上最もエモい展開に号泣!『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』 ネイモア&アイアンハート解説【ネタバレなし】
『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』©Marvel Studios 2022■ヒーローの喪失を乗り越える自分のライター人生の中で、初めて涙目で試写室を後にしました。自然と涙と熱いものがこみあげてくる……それが『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』でした。...
別窓で開く

亡き王の“意思と気高さ”を引き継ぐ。『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』が本日公開
マーベル・スタジオの劇場公開最新作『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』がついに本日から公開になる。全世界で驚異的なヒットを記録した前作から4年。主人公ティ・チャラを演じたチャドウィック・ボーズマンが病でこの世を去った後、制作陣が新作で挑んだのは、ボーズマンが役を通じて表現した“気高さ”と、そ...
別窓で開く