本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


ソフトバンク、五回に6点=プロ野球・DeNA—ソフトバンク
 ソフトバンクが快勝。2—2の五回、グラシアルの2点中前打、牧原大の犠飛などで一挙6点を奪った。2番手の松本が4回を投げ、1失点で今季初勝利。DeNAは四回の牧の11号ソロなどで2度追い付いたが、内野守備の乱れが響いた。 (了)【時事通信社】...
別窓で開く

DeNA宮崎再び負傷か ソフトバンクに大敗で借金6
 ◇交流戦 DeNA2—8ソフトバンク(2022年5月25日 横浜) DeNAはソフトバンクに大敗。同点の5回にネフタリ・ソト内野手、嶺井博希捕手の失策などで6失点し、屈した。 「3番・三塁」でスタメンの宮崎敏郎内野手は、5回の守備から交代しベンチに退いた。初回に出塁したときに、塁上で両太腿裏を気に...
別窓で開く

DeNA宮崎、太腿違和感か?5回の守備から交代
 ◇交流戦 DeNA—ソフトバンク(2022年5月25日 横浜) DeNAの宮崎敏郎内野手が「3番・三塁」で先発出場し、2—2の5回の守備から倉本寿彦内野手と交代しベンチに退いた。 同選手は、初回に右前打で出塁したときに、一塁走者としてリードをとりながら、両太腿裏を両手で叩くような仕草をしていた。...
別窓で開く

横浜市出身のソフトバンク松本が地元凱旋登板4球で牧に同点被弾
 ◇交流戦 ソフトバンク—DeNA(2022年5月25日 横浜) ハマッ子の松本が、出会い頭に痛い目に逢った。ソフトバンク松本裕樹投手(26)が25日のDeNA戦の2—1の4回から2番手登板。横浜市出身の高卒8年目右腕は、凱旋(がいせん)登板となったが先頭の4番牧に外高め144キロ直球を左翼スタンド...
別窓で開く

ソフト東浜が3回1失点で降板 2回に左足首に打球が直撃
 ◇交流戦 ソフトバンク—DeNA(2022年5月25日 横浜) ソフトバンクの東浜巨投手が、3回3安打1失点でマウンドを降りた。2番手は松本。 東浜は2回2死から関根の打球を左足首付近に受けた。 3回も続投したが、2死二塁から柴田に適時二塁打を浴びた。 東浜は11日の西武戦で無安打無得点試合を達成...
別窓で開く

DeNA嶺井「先輩・東浜」からプロ初安打
 ◇交流戦 DeNA—ソフトバンク(2022年5月25日 横浜) 【交流戦 DeNA—ソフトバンク(2022年5月25日 横浜】DeNAの嶺井博希捕手が、0—1の3回に先頭の打席で東浜巨投手から左前打。これが同投手からのプロ初安打となった。 両者は沖縄尚学の1学年先輩、後輩で、2人のバッテリーで08...
別窓で開く

ソフトB東浜が打球直撃アクシデントでひやり 左足首付近
 ◇交流戦 ソフトバンク—DeNA(2022年5月25日 横浜) ソフトバンクの東浜巨投手が、2回2死で、関根の打球が左足首付近に当たるアクシデントに襲われた。 関根に7球ファウルで粘られた後、12球目のシンカーを打った打球が左足首付近に当たった。東浜はバランスを崩し、痛がるそぶりを見せた。転がった...
別窓で開く

ソフトB、藤本監督の甲斐批判に「怒るのはそっちじゃない」の声 敗戦招いた守備ミス以上に問題視される選手は
24日に行われ、ソフトバンクが「3-4」で敗れたDeNA戦。試合後に伝えられたソフトバンク・藤本博史監督のコメントがネット上で物議を醸している。 ソフトバンクは8回表終了時点で「3-3」と接戦を演じたが、直後の8回裏2死二、三塁、4番手・又吉克樹が嶺井博希に投じた3球目ストレートが内角高めに抜け、こ...
別窓で開く

DeNA「交流戦シリーズ」2022レジェンド対決第2弾で小池コーチ登場
 横浜スタジアムでの交流戦DeNA—ソフトバンク2回戦試合前に、「交流戦シリーズ」球団史上初9試合連続レジェンドOB1打席対決第2弾として、小池正晃外野守備走塁コーチ対新垣渚氏の対決が実現した。 「松坂世代」の2人。現役時代は無安打だった相手に意気込んだ小池コーチだったが、3球目の135キロの直球で...
別窓で開く

DeNA・嶺井、「東浜先輩」とシーズン初対決へ
 DeNAは25日、交流戦でソフトバンク2回戦(横浜)に臨む。両軍のスタメンが発表され、嶺井博希捕手が「8番」でスタメン。 相手先発の東浜巨投手は、沖縄尚学の1学年先輩で、2人のバッテリーで08年センバツで全国制覇を果たした。 その後ともに亜大に進学。同大でもバッテリーを組み、リーグ優勝などにも貢献...
別窓で開く


[ dena ] の関連キーワード

ソフトバンク