本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


DeNAの4番手・伊勢 痛恨被弾…三浦監督「もっとバッテリーで反省しないと」
 ◇セ・リーグ DeNA4—5巨人(2022年6月22日 東京D) DeNA打線が今季2戦2敗だった巨人の先発・メルセデスを攻略しながら投手陣が踏ん張れずに競り負けた。 先発・石田が3回4失点で降板し、同点の7回に4番手・伊勢がウォーカーに痛恨の一発を被弾。伊勢は今季初被弾で初黒星も喫した。...
別窓で開く

巨人・ウォーカー決勝弾!特打効果で2戦連発「これからもファンを喜ばせるために全力尽くす」
 ◇セ・リーグ 巨人5—4DeNA(2022年6月22日 東京D) 巨人はウォーカーが試合を決めた。4—4の7回先頭でバックスクリーンへ決勝の15号ソロ。「感触は良かった。勝利につながってうれしい」と笑った。 2戦連発弾を含む2安打で、打率は吉川を3毛差上回るチームトップの.2969。連日の早出練習...
別窓で開く

阪神・湯浅 前回登板の悔しさ晴らす3人斬り「絶対に抑えてやるという気持ちで」
 ◇セ・リーグ 阪神4ー5広島(2022年6月22日 マツダ) “やり返す”思いをボールに込めた。同点の8回に登板した阪神・湯浅が、わずか10球で3人を料理。前回登板の悔しさをぶつけた。 「3人で抑えることができて良かったですし、前回登板で失点を許してしまっていたので今日は絶対に抑えてやるという気持...
別窓で開く

阪神「ナカ・チカ」猛打賞競演! 1番・中野はド根性ヘッスラ、3番・近本は自己最長更新19戦連続安打
 ◇セ・リーグ 阪神4ー5広島(2022年6月22日 マツダ) 阪神の1番・中野、3番・近本が攻撃の起点となった。全4得点に絡む奮闘。まずは4月20日のDeNA戦以来となる1番を任された中野が気迫を見せた。 「最近は自分の役割ができていなかった中で、打順が変わって、思い切っていこうと開き直った。...
別窓で開く

105.プロ野球・ひとこと(時事通信) 2022年06月22日23時27分
プロ野球・ひとこと
 ◇打ちたかった ヤクルト・浜田 六回に決勝2ラン。「(前日から)結果が出ていなかったので、何とか一本打ちたかった」 ◇芯で捉えた 巨人・ウォーカー 七回に決勝の15号ソロ。「しっかり芯で捉えることができて、大きな打球になった。勝利につながり、とてもうれしい」 ◇考えないと DeNA・三浦監督 七回...
別窓で開く

「アップグレード」して久々白星=佐々木朗、スライダーに進歩—プロ野球・ロッテ
 久しぶりのお立ち台で白星の喜びをかみしめた。ロッテの佐々木朗が7回無失点の好投で、5月20日以来、約1カ月ぶりの6勝目。「ほっとしている」と感慨を込めた。 直球、変化球ともに精度が高かった。一回は先頭の源田に安打を許したが落ち着いていた。走力のある源田の盗塁を警戒しながら、川越を3球三振。...
別窓で開く

巨人・井納翔一 古巣・DeNAとの今季初対戦は1球もストライクが入らず、4球で降板
 ◇セ・リーグ 巨人5—4DeNA(2022年6月22日 東京D) 巨人の井納翔一投手(36)がDeNA戦(東京D)にリリーフ登板。今季4試合目のマウンドで2年前まで在籍した古巣相手と今季初対決となったが、1球もストライクが入らず4球で無念の降板となった。...
別窓で開く

巨人・ウォーカーが決勝ソロ…宇草の一発で広島が今季4度目のサヨナラ勝ち
 巨人5—4DeNA(セ・リーグ=22日)——巨人が効果的な本塁打で競り勝った。一回に岡本和が2ラン、三回には吉川がソロを放ち、同点の七回にウォーカーが...
別窓で開く

巨人・増田陸 強烈な自打球が左膝付近を直撃 元木&阿部コーチ駆け寄るも“ド根性”で打席続行
 ◇セ・リーグ 巨人5—4DeNA(2022年6月22日 東京D) 巨人のホープ、増田陸内野手(22)がDeNA戦(東京D)で自打球を左膝付近に当てて途中交代するアクシデントがあった。 「7番・一塁」で先発出場。5—4で迎えた8回、先頭打者として入った第4打席だった。この回から登板した5番手右腕・平...
別窓で開く

DeNA・伊勢が痛い今季初被弾 3連勝を逃した三浦監督「反省しないといけない」
 ◇セ・リーグ 巨人5—4DeNA(2022年6月22日 東京D) DeNAは苦手の巨人・メルセデスを攻略しながら、投手陣が踏ん張り切れずに競り負けた。今季2戦2敗のメルセデスに対し、三浦監督は「テンポ良く向こうのペースで投げられている。自分のペースで打席に入れるよう準備してもらう。(野球は)間合い...
別窓で開く


[ dena ] の関連キーワード

ロッテ 佐々木