本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



鳥取で予約必須の超個性派カレー店『カジカリー』の絶品カレーを食べに行ってきた!
食楽web 高級寿司、高級フランス料理、高級クラブなどでは「完全予約制」などがよくありますが、カレー屋さんで同様の営業を行うお店は全国的に見てもかなり少ないと思います。さらに「1日30食限定」「曜日限定」「昼のみ営業(11時〜/12時〜/13時〜の3部制)」と、さらなる限定感を打ち出した、全国的に見...
別窓で開く

実は希少価値が高い!東京で食べられる“カケる系”「カレーチャーハン」6選
食楽web カレーは美味い! チャーハンも美味い! だからカレーとチャーハンが合体したらもっともっと美味い! をテーマに、カレーチャーハンを出す店を見つけて食べ歩いた2021年。 この場合のカレーチャーハンは、カレースパイスで味付けしたチャーハンではなく、カレールー&チャーハンの組み合わせ。...
別窓で開く

「ココイチ」以外に1000店舗を超える大手カレー専門店チェーンが存在しないワケとは
皆さん、カレーは週に何回くらい食べますでしょうか。全日本カレー工業協同組合の統計によれば、カレー製品生産量(カレー粉、カレールウ含む)は2017年以降毎年増加しています。2017年に生産量は10万6263トンであったものが、2020年には11万3570トンにまで増加しています。また、2019年には1...
別窓で開く

八重洲地下街がリニューアル、東京駅周辺再開発に合わせ 第1弾はカレーゾーン
 東京都中央区の八重洲地区などJR東京駅周辺で市街地再開発事業が相次ぐ中、八重洲地下街も2022年以降、順次リニューアルされることが決まった。地下街を八重洲地区の再開発エリアやさまざまな場所を結ぶ玄関口と位置づけ、魅力ある街に切り替える。リニューアル第1弾としてカレーの人気店を集めたゾーンが2月にオ...
別窓で開く

杉並区の人気鮮魚店「魚耕」が作ったサバ缶「サ・バイブス」がめちゃくちゃ美味しい理由
「サ・バイブス」(300円) | 食楽web 鮮魚といえば、いまやスーパーで買うのが当たり前の時代ですが、やっぱり理想は目利きのいる近所の魚屋さんで買うこと。ちなみに杉並区在住の筆者が絶大なる信頼を置いているのが荻窪の『魚耕 本店』です。 ここは昔ながらの魚屋さんのように、店員さんが元気いっぱいに声...
別窓で開く

ラーメンのマスキングテープ 食欲をそそる「Dramatic noodles」が通販へ
 ラーメンの柄がどんどん出てくるマスキングテープ「Dramatic noodles」の通信販売が、12月3日20時よりスタートとなります。価格は税込600円です。 本商品はマスキングテープを中心とした雑貨ブランドDramaticBlueを運営するDDAより10月から発売されているもの。...
別窓で開く

インド人が炒飯を作るとこうなる! 神田『Curry Aladdin』の「カレーチャーハン」が旨いワケ
食楽web カレーは美味しい。チャーハンも美味しい。だからカレーとチャーハンが合体したら絶対に美味しい! という前提のもと、都内でカレーチャーハンを食べられる店を探し歩く日々。 今回調査に向かったのは、JR神田駅、新日本橋駅、そして地下鉄の小伝馬町駅のほぼ中間。神田西福田町にあるインド料理の店『Cu...
別窓で開く

羊のプロも太鼓判! 羊肉とダシが香る絶品カレーを「DASHI CURRY TOKYO」でお取り寄せしてみた
食楽web こんにちは! 羊肉の消費者団体・羊齧協会の代表の菊池です。毎日暑くてじめじめした日が続くなか、今回は羊とスパイスの話題をお届けします。 今回は久々のお取り寄せ。しかもカレーです。カレー好きとしてはそれだけでテンションが上がるうえ、そこにラム肉が入るとなれば、もう言葉はありません! 今回取...
別窓で開く

気になる味は? 予約困難な馬肉専門店の馬肉カレーをお取り寄せしてみた
食楽web 東京・広尾の「ROAST HORSE(ローストホース)」と言えば、グルメな人の間で密かに話題の会員制馬肉専門店。筆者も一度足を運んだことがありますが、次から次へと出てくる馬肉料理は忘れ難いおいしさでした。...
別窓で開く

名店のカレーをレトルトで再現! ハウス「JAPAN MENU AWARD」の新作カレー3品を食べ比べ
食楽web ロングセラーの「カレーマルシェ」や、食べログのカレー百名店とコラボする「選ばれし名店」など、数々のレトルトカレーブランドを生み出す『ハウス食品』。8月9日からは、新ブランド「JAPAN MENU AWARD」が誕生し、「完熟トマトのバターチキンカレー」、「欧風ビーフカレー」、「タイ風グリ...
別窓で開く