本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



女子SPはテネルが史上最高スコアで首位! 連覇狙う15歳リュウが2位、3位にマライア・ベル【フィギュア全米選手権】
現地時間1月15日、全米選手権がラスベガスのオーリンズ・アリーナで開幕。初日に女子シングルのショートプログラムが行なわれた。 首位に立ったのは、2018年に同大会を制したブレイディ・テネル。黒をベースにしたスタイリッシュな衣装に身を包み、冒頭のダブルアクセル、3回転ルッツ+トゥループ、3回転フリップ...
別窓で開く

液晶パネル、過去最大級の価格上昇
− FPD各社の収益が大幅改善へ − 6月以降、液晶パネルの価格上昇が続いている。特にテレビ用を中心に価格の上昇率が高く、「過去最大級の上げ幅」(業界アナリスト)という水準まで来ている。2019年は多くのFPD(Flat Panel Display)メーカーが液晶の価格下落に苦しみ、営業赤字から抜け...
別窓で開く

電子ペーパーのイー・インク、20年上期は過去9年で最高益
− 生産増へ外部企業と提携拡大 − 電子ペーパーディスプレー(Electric Paper Display=EPD)の最大手、イー・インクホールディングス(台湾新竹市)の2020年4〜6月期業績は、売上高が前年同期比5%増の37.3億台湾ドル、営業利益は同3.2倍の3.5億台湾ドルだった。...
別窓で開く

液晶の増産投資がない? 混沌とする次世代FPD投資
− 有機EL本命にマイクロLEDにも各社注力 −■本記事の3つのポイント液晶ディスプレー投資が消滅の危機。現在の整備計画が完了すれば新たな増産投資計画がない今後は競争力の落ちた8.5G工場を有機ELに転換する投資が活発化する可能性。...
別窓で開く

ミニ/マイクロLED、台湾・中国勢が事業化に本腰
− 台湾エピスターが業界再編を主導 − ミニ/マイクロLEDの事業化に向けて台湾・中国メーカーの動きが活発化している。液晶の新規増産投資計画が先細るなか、大規模量産に巨額投資を要する有機ELを避け、ミニ/マイクロLEDで次世代ディスプレー技術を確立するのが狙い。LED産業にとっても、需要拡大の新たな...
別窓で開く

LG化学、液晶用偏光板事業を中国企業に売却
− 有機ELへのシフトに活路 − 韓国の大手化学メーカーであるLG化学(ソウル市)は、中国の化学材料メーカーである寧波杉杉(シャンシャン)グループに液晶パネル用偏光板事業を売却すると発表した。売却額は11億ドル(約1兆3000億ウォン)。...
別窓で開く

都会で男を釣るより絶対楽しい 東京→茨城に進学した女子大生の日常が最高だと話題に
地方の高校から東京の大学に進学した女子大生も、1年も経つと、そろそろ都会の生活に慣れてくる頃だ。田舎から都会へ——そんなテーマを描いたドラマや小説はいくつもあるし、なんとなくイメージができる。一方、東京の高校から茨城の大学に進学した女子大生は、どうだろう? 2020年6月12日に投稿された次のような...
別窓で開く

吉村知事vs西村大臣 実は吉村知事の完全勝利であるその理由
キャスターの辛坊治郎氏が5月7日(木)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!〜激論Rock&Go!」に出演、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言での休業要請問題について独自の視点で解説した。...
別窓で開く

ペンドルトン×ファイヤーキングってキャンパーじゃなくても使いたい!
コーヒーや紅茶、スープやミニサイズのラーメンなどなど、ホット系のものなら何でもござれのマグカップ。誰もがお気に入りの1個、若しくはそれ以上のカップを持っているのではないでしょうか。Fire-King Japanのオフィシャルサイトにて予約受付が行われているオリジナルマグカップは、お気に入りのラインナ...
別窓で開く

ペンドルトン × ファイヤーキング 待望のコラボレーション第2弾 TUCSON(ツーソン)柄マグが登場!
アメリカ発のガラス製食器ブランドファイヤーキング(Fire-King)は、1863年創業のアメリカのウールブランド ペンドルトン(PENDLETON)とのコラボレーション第2弾となる、2つのスタッキングマグを展開いたします。 2020年4月28日より、Fire-King Japan オフィシャルサイ...
別窓で開く


[ cso ] の関連キーワード

ファイヤーキング tucson ツーソン マライア