本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「空飛ぶヤコブさん」「ヤンソンさんの誘惑」。イケアで味わう名前もユニークなスウェーデンの伝統料理
「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社は「もっと北欧フード フェア」を2021年3月11日から5月16日まで期間限定で開催します。北欧料理のフェアをイケア・ジャパンで開催するのは、初めてです。...
別窓で開く

有機EL材料大手のUDC、21年売上高は最大5.6億ドル
− 有機ELの生産増が寄与 − 有機EL用燐光発光材料メーカーのユニバーサルディスプレイコーポレーション(UDC、米ニュージャージー州)は、2021年(21年12月期)の売上高として前年比24〜31%増となる5.3億〜5.6億ドルを計画する。有機ELの生産能力が面積ベースで年末には19年末比で約50...
別窓で開く

2つのアメリカンアイコンがタッグ! 「 C 」のロゴを一体化させたCoach x Championコレクション
コーチは、Coach x Champion Athleticwear コレクションを発表し、アレッサンドロ・シモネッティが撮影・監督を務め、モデルのパロマ・エルセッサー (Paloma Elsesser) とTikTokスターのウィズダム・ケイ (Wisdom Kaye)、マハ・ゴンダル (Maha...
別窓で開く

韓国が購入する“ジョンソン・エンド・ジョンソン”のワクチン…「予防効果は66%」
米製薬企業“ジョンソン・エンド・ジョンソン”は、自社の開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンが、臨床試験で66%の予防効果を示したと、29日 明らかにした。ロイター通信によると、ジョンソン・エンド・ジョンソンは 米国と中南米、南アフリカで4万3000人あまりを対象に実施した臨床試験の結果、それぞれ...
別窓で開く

不二製油グループ本社 新社長に酒井取締役 清水氏は特別顧問に
不二製油グループ本社は、4月1日付で酒井幹夫取締役の社長就任を決めた。清水洋史社長は取締役相談役となり、6月下旬の総会で退任、特別顧問に就任予定。トップ交代の理由は、新しいリーダーシップのもと、グループの持続的な成長と企業価値向上をより一層推進するため。社外取締役を中心に構成する指名・報酬諮問委員会...
別窓で開く

女子SPはテネルが史上最高スコアで首位! 連覇狙う15歳リュウが2位、3位にマライア・ベル【フィギュア全米選手権】
現地時間1月15日、全米選手権がラスベガスのオーリンズ・アリーナで開幕。初日に女子シングルのショートプログラムが行なわれた。 首位に立ったのは、2018年に同大会を制したブレイディ・テネル。黒をベースにしたスタイリッシュな衣装に身を包み、冒頭のダブルアクセル、3回転ルッツ+トゥループ、3回転フリップ...
別窓で開く

液晶パネル、過去最大級の価格上昇
− FPD各社の収益が大幅改善へ − 6月以降、液晶パネルの価格上昇が続いている。特にテレビ用を中心に価格の上昇率が高く、「過去最大級の上げ幅」(業界アナリスト)という水準まで来ている。2019年は多くのFPD(Flat Panel Display)メーカーが液晶の価格下落に苦しみ、営業赤字から抜け...
別窓で開く

電子ペーパーのイー・インク、20年上期は過去9年で最高益
− 生産増へ外部企業と提携拡大 − 電子ペーパーディスプレー(Electric Paper Display=EPD)の最大手、イー・インクホールディングス(台湾新竹市)の2020年4〜6月期業績は、売上高が前年同期比5%増の37.3億台湾ドル、営業利益は同3.2倍の3.5億台湾ドルだった。...
別窓で開く

液晶の増産投資がない? 混沌とする次世代FPD投資
− 有機EL本命にマイクロLEDにも各社注力 −■本記事の3つのポイント液晶ディスプレー投資が消滅の危機。現在の整備計画が完了すれば新たな増産投資計画がない今後は競争力の落ちた8.5G工場を有機ELに転換する投資が活発化する可能性。...
別窓で開く

ミニ/マイクロLED、台湾・中国勢が事業化に本腰
− 台湾エピスターが業界再編を主導 − ミニ/マイクロLEDの事業化に向けて台湾・中国メーカーの動きが活発化している。液晶の新規増産投資計画が先細るなか、大規模量産に巨額投資を要する有機ELを避け、ミニ/マイクロLEDで次世代ディスプレー技術を確立するのが狙い。LED産業にとっても、需要拡大の新たな...
別窓で開く