本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



北、10月に「“SLBM”挑発」の可能性…米大統領選前に「新たな戦略兵器」を宣言か?
北朝鮮が、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射を準備しているとみられる活動が捉えられたことで、北朝鮮は11月の米大統領選を前に、SLBMによる挑発に出る可能性があると推測されている。...
別窓で開く

北SLBM「試験発射の準備」の兆候…トランプの「対北外交の“成果なし”」
北朝鮮による中距離潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射の準備状況を暗示する活動が、人口衛星に捉えられたと、米国シンクタンク“戦略国際問題研究所(CSIS)”が伝えた。4日(現地時間)ロイター通信によると、CSISはホームページに掲載した写真で、北朝鮮のシンポ(新浦)造船所内から船舶が幾隻か出...
別窓で開く

米国務省「北の状況、注視せねば」…対北外交には「米韓連合軍が重要」
北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長は、対南(対韓国)軍事行動計画の保留を電撃指示した中、米国務省の高位官僚は北朝鮮を綿密に注視し、対備態勢を整えておくことが重要だと強調した。...
別窓で開く

「トランプ大統領、金正恩氏の要求に米韓合同訓練を中断」=ホワイトハウス元補佐官
ドナルド・トランプ大統領が、キム・ジョンウン(金正恩)北朝鮮国務委員長の要請に、何の検討もなく、米韓合同訓練の中断を決定したとジョン・ボルトン元ホワイトハウス国家安全保障補佐官が暴露した。戦略国際問題研究所(CSIS)の先任研究員は、18日(現地時間)ツイッターで「ジョン・ボルトン氏は、自身の著書で...
別窓で開く

国連世界食糧計画「朝鮮半島緊張化にも、対北人道支援の論議は続ける」
国連世界食糧計画(WFP)のデイビッド・ビーズリー事務局長は、朝鮮半島の緊張状況とは別に、対北人道支援に関する論議を北朝鮮などと続けていくことを明らかにした。米国のラジオ放送局である自由アジア放送(RFA) などによると、ビーズリー事務局長は19日(現地時間)米戦略問題研究所(CSIS)主催のTV対...
別窓で開く

朝鮮半島問題専門家「北、次の挑発はSLBM発射」…「衛星写真にも捕捉」
北朝鮮による次の軍事挑発は、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の実験発射だと、政略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャ韓国部長は語った。17日(現地時間)米国のラジオ放送局である自由アジア放送(RFA)によると、チャ部長はTV会議で「北朝鮮はSLBM発射の可能性をほのめかしていて、これに関する...
別窓で開く

韓国政府の“対北ビラ散布”禁止、海外からも次々と批判の声
韓国政府が対北ビラ散布を禁止した措置に対して、国内の批判の世論が強くなっている中、海外の専門家たちからの指摘も次々と出てきている。12日(現地時間)米国外交専門誌“ザ ディプロマット”によると、戦略国際問題研究所(CSIS)選任研究員はツイッターで「ムン・ジェイン(文在寅)大統領は、いまや北朝鮮をな...
別窓で開く

「トランプは米韓防衛費交渉を早期妥結し、北朝鮮に集中せねば」=米国メディア
厳重な北核問題の解決のためにドナルド・トランプ米国行政府は、韓国と防衛費分担特別協定(SMA)をすみやかに締結すべきだという寄稿文が、米国の有力保守メディアに1日(現地時間)掲載された。米国の下院議員と米国のシンクタンク“戦略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャ 韓国部長はこの日、ワシントンポ...
別窓で開く


[ csis 北朝鮮 ] の関連キーワード

ホワイトハウス slbm 朝鮮半島 北朝鮮 国務省

<前へ1234次へ>