本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



露が戦車2年分、航空機1年分を失う 「数年は戦争できない」英紙
ロシアがウクライナ戦争で兵器をあまりにも多く失い、次の戦争を準備するには数年かかるという分析が出ている。英タイムズによると、米有力シンクタンクCSIS(戦略国際問題研究所)のマーク・カンシアン選任顧問は、ウクライナ軍が過去2ヶ月間に破壊したロシアの戦車と航空機がそれぞれ2年分と1年分の生産量に相当す...
別窓で開く

中国の台湾侵攻計画はウクライナ戦争よりも「速く致命的なもの」になる…米軍事専門家が主張
米国の軍事専門家が、ロシアのウクライナ戦争での苦戦は中国の台湾侵攻計画に大きな影響を与えないという見解を示している。米国営放送「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」が伝えた。ワシントンのシンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の研究者ボニー・リン氏は、中国政府が台湾に軍事行動を起こす場合、その攻...
別窓で開く

ロシア発射の誘導ミサイル、1100発のうち最大660発が失敗か 「非常に高い失敗率」海外報道
ロシアがウクライナを攻撃するために使用する精密誘導ミサイルの失敗率が60%に達するという分析が出たとロイター通信が24日(現地時間)報じた。ある米政府関係者は「ある日にはロシアの空対地巡航ミサイル失敗率が20〜60%に達したという諜報が入手された」と伝えた。専門家らは、20%以上の攻撃失敗率は高い水...
別窓で開く

穀物販売権の独占を目指すも後退を強いられた北朝鮮
米国の戦略国際問題研究所(CSIS)は2017年、脱北者ではなく、北朝鮮に暮らしている国民36人を対象に、特殊な手法を使って調査を行った。その結果、72%にあたる26人が、ほぼすべての家計収入を市場での活動で得ていると答えた。つまり、国営企業や国の機関から得られる給料、配給で生活を維持している人は少...
別窓で開く

外信「日米韓3ヵ国協力の強化、対朝強硬路線に回るのか」=韓国報道
外信は5年ぶりに保守党に政権交代を果たした韓国の次期大統領選挙の結果を報道し、日本と中国、米国の間で韓国の外交安保政策が強硬路線に変わる転換点を迎えることに一斉に注目した。米紙・ニューヨークタイムズ(NYT)は北朝鮮問題が新政府初の外交安保危機になると指摘するなど、北朝鮮との危機の高まりを心配する見...
別窓で開く

北SLBM試験発射の兆候か、新浦南造船所で「怪しい動き」=韓国報道
直近の1か月間、北朝鮮の新浦南造船所停泊地にある8.24英雄号試験用弾道ミサイル潜水艦(SSBA)が怪しい動きを見せていることがわかった。米国際戦略研究所(CSIS)が運用している北朝鮮専門ウェブサイト「Beyond Parallel」が8日(現地時間)、Satellogic衛星映像の分析から明らか...
別窓で開く

韓国紙「駐韓米大使に対北強硬派…かつて韓国を《パッシング》」「対北制裁乱す文政権への赤信号」
一年以上空席だった駐韓米国大使に対北朝鮮強硬派として知られるフィリップ・ゴールドバーグ(駐コロンビア大使)が内定したことが分かった。米国が韓国政府にアグレマン(赴任同意)を要請した状態であると外信や韓国メディアは伝えている。...
別窓で開く

米研究機関「バイデン政権はTPP復帰なく..新秩序つくり韓国入れる」 中国関与するTPPやRCEPをパスか
バイデン米政権がCPTPP(環太平洋パートナーシップ協定)に復帰せず、代わりに中国包囲網を狙った新たな協定を構築し、そこに韓国も加えるとの見方が米シンクタンクから出ている。CPTPP加盟をめぐって日本との「葛藤」が懸念されていた韓国だが、米国の意向が事実であれば「渡りに船」となるかもしれない。...
別窓で開く

米国務副次官補、岸田首相に「信頼感」示す一方…文大統領には「残り任期ですべきことがある」と指摘
マーク・ランバート米国務省日韓担当副次官補は26日、米シンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)対談に出演し、「文大統領は残り任期にすべきことがある。日韓協力が重要」と強調した。...
別窓で開く

マーク・ランバート米国務副次官補、「韓国、中国よりミャンマー批判に積極的」と発言=米シンクタンクとの対談で
マーク・ランバート米国務省日韓担当副次官補が26日、米シンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)対談に出演し、「韓国は中国の人権問題に対してもっと積極的に行動すべき」と発言した。韓国メディア「毎日経済」は28日、ランバート氏が「米国の対中戦線では、韓国の積極的な役割が必要」とし、「韓国が中国関連で...
別窓で開く