本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



うその見抜き方、お願いを聞いてもらう方法も。今すぐ試したくなる心理学テクニック
 どうして占いを信じてしまうの? なぜ「限定」と書いてあると買ってしまうの? そんな日常の疑問から、相手のうそや本音を見抜く方法、無理なお願いを受け入れてもらうテクニックまで。すべて心理学が答えてくれる。 『思わずためしてみたくなる マンガ 心理学1年生』(宝島社)は、日常で役立つ心理学を、4コママ...
別窓で開く

梅干しの表面に白い粉。これはカビ? 食べられる?
 まもなくスーパーに青梅が出回る季節がやってくる。今年こそは、自家製梅干しや梅酒を作りたい、という方もいるだろう。 そんな「梅しごと」のノウハウが一冊にまとまっている本が、こちら。4月22日に発売された『石原洋子の梅干し 梅酒 梅料理』(主婦と生活社)だ。 梅干し名人の料理研究家・石原洋子さんが長年...
別窓で開く

【神ドラマ】もう一度見たい2000年代の月9、「HERO」「ガリレオ」を超えて1位になったものは?
gooランキングは、20〜40代男女を対象に実施した「もう一度見たいと思う2000年代の月9ドラマ」の結果を発表しました。1位に選ばれたのは、2006年10月〜12月放送の「のだめカンタービレ」でした。二ノ宮知子さんの原作漫画を実写化したもので、クラシック音楽をテーマに、天才肌で変わり者の音大生とエ...
別窓で開く

42歳で2人目出産。人気スタイリストが贈る「オールアバウトマタニティ」
雑誌『VERY』のカバーや特集をはじめ、数々の女性誌で活躍するスタイリスト・金子綾さん。このたび、光文社から初のマタニティスタイルブックを刊行した。42歳で2人目のお子さんを出産したという自身の経験も込められている。タイトルは、『妊婦本。自分らしくいつもどおり AYA KANEKO MATERNIT...
別窓で開く

【掟ポルシェの食尽族】最終回:かけがえのない出会いも……10年以上続くイベント『スナック掟ポルシェ』
自称「食べもののことになると人格が変わる」ほど食に執心する“食尽族”でミュージシャンの掟ポルシェ(ロマンポルシェ。、ド・ロドロシテル)が、実際に食べてみて感動するほど美味しかったものや、はたまた頭にくるほどマズかったもの、食にまつわるエピソードについて綴る...
別窓で開く

ウィル・スミスの平手打ち騒動、同情の声は日本だけ? クリスの過激ジョークに批判が少ないワケ
ウィル・スミスが「第94回アカデミー賞」授賞式の壇上でコメディアンのクリス・ロックを平手打ちした騒動は世界中で話題になっている。ことの発端は、ロックが脱毛症であるウィルの妻・ジェイダの髪型をネタにしたジョークを言ったこと。このジョークを聞いてウィルはその場から立ち上がってロックに近づき、平手打ちをし...
別窓で開く

マスク時代の顔面アップデート、いくらかかる?  失敗しない美容医療のかかり方
ずいぶん身近になってきた美容医療。すごく興味はあるのだけど、なんだか怖い、そしてハードルが高い。そんな心配を持つ人向けに、『予約の取れない神ドクターが指南!はじめましての美容医療』(KADOKAWA)が発売された。...
別窓で開く

アラフォー以上は7割超?!  セックスレスに悩む妻が封印すべき「萎え言葉」とは
 「家庭は円満。でも寂しい。レス夫婦になって7年。私、このまま枯れてくの...?」 本書『「君とはもうできない」と言われまして』(株式会社KADOKAWA)の表紙を見て、ハッとした人も多いのでは。自分が人知れず悩んできたことがタイトルになっている、と。...
別窓で開く

見た目年齢は「こめかみ」に表れる! 大きな差が出る「小さな心がけ」とは?
1万人以上の女性を輝かせてきた服飾戦略スタイリストの窪田千紘さんが、着こなしと人生が輝く黄金ルール77をまとめた『大人はもっと綺麗になれる』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を女性たちに贈ってくれた。窪田さんは、これまで蓄積してきた綺麗のメソッドを凝縮して「大人のビューティキャンプ」を不定期に開催...
別窓で開く

全身黒は威圧感。黒に代わる引き締めカラーは? 大人の着やせルール、教えます。
 年齢を重ねると肌のくすみや体型のくずれが気になる。忙しさに身を任せていると、そのカバーも覚束ない。でも、若いときとは違うから、と諦めてしまうのはもったいない。だって、人生はまだまだ長いのだから。では、いったい何をどんな風にしたら、今より綺麗になれる? そんな女性の悩みに応えてくれるのが、スタイリス...
別窓で開く