本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



メーガン妃、実父宛ての手紙をめぐる裁判で勝訴 「約3年間、我慢してきた」と心情吐露
メーガン妃が、実父に宛てた個人的な手紙を無断掲載した英紙『Mail on Sunday』への訴訟で勝利し、長期にわたる法廷闘争を終えた。同紙の親会社が今年2月の裁判結果を不服とし控訴院に上訴していたが、このたび却下された。メーガン妃は声明を発表し、「正しいことのために立ち上がるのが怖いと感じたことの...
別窓で開く

銀行規制当局・バーゼル委員会が気候関連リスクに注目する理由 ポストコロナのIT・未来予想図(第63回)
 国際的な銀行規制を所管するバーゼル銀行監督委員会は11月16日、気候関連リスクに関する原則案を公表した。なぜ銀行規制当局が気候関連リスクに注目するのか。同委員会の元メンバーである山岡浩巳氏が解説する。連載「ポストコロナのIT・未来予想図」の第63回。...
別窓で開く

「バカバカしさに脱帽しました」市川紗椰が楽しむサブスクの「しょうもなプレイリスト」を紹介
『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、サブスク配信サービスでみつけた「しょうもなプレイリスト」を紹介。* * *いつでもどこでも好きな音楽が聴き放題のサブスク配信サービス。...
別窓で開く

マラドーナは死んでいない——“英雄”が去ってから1年。今アルゼンチンで何が起きているのか【現地発】
ディエゴ・マラドーナの一周忌に際し、南米サッカー連盟は、「マラドーナ星」なるものを勝手に登録し、彼の古巣であるナポリは左足が黄金に輝く銅像をお披露目。『Amazon prime』では、遺族の了解を得ないまま製作されたドラマが公開された。 星も銅像も「死者であること」が前提だが、今、アルゼンチンで起き...
別窓で開く

NHKの受信料には法的根拠がない? 判決の根拠を突き崩す事態が続出
 今春問題になっていた放送法改正案もすっかり忘れられてしまった感がある。NHKの受信料値下げ問題はどうなったのか。そもそも通信の時代に、もはや現行の放送法は時代遅れもいいところ。最高裁が支持した受信料の法的根拠すら怪しくなってきているのだ。【有馬哲夫/大学教授】 ***  10月31日の第49回衆議...
別窓で開く

筧美和子 20歳の時は「パンと張った体が当時は悩みでした」
●ゲスト:筧美和子(かけい・みわこ) 1994年、東京都生まれ。2011年、高校在学中にスカウトされ、芸能界デビュー。13年、恋愛リアリティー番組「テラスハウス」(フジテレビ系)に出演、注目を集める。14年、ドラマ「最高の離婚Special 2014」(フジ系)で本格女優デビュー。その後も様々なドラ...
別窓で開く

『ナイナイANN』4週連続SP企画 「スタンドバイミー」歌おう、『岡-1』、石田M-1解説、出川哲朗も登場
お笑いコンビ・ナインティナインのレギュラーラジオ『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木曜 深1:00/ニッポン放送)で、12月9日から4週連続で豪華ゲストを迎えた「SPECIAL “4” WEEKS!!」を放送することが決定した。 1週目となる9日は「矢部浩之『スタンドバイミー』リリース...
別窓で開く

岩田剛典、カジュアルなラフコーデに反響「美しくかっこいい」「最高」
岩田剛典、カジュアルなラフコーデに反響「美しくかっこいい」「最高」 12月1日、岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)がInstagramを更新した。...
別窓で開く

ももクロ「コラボしたい」五木ひろしが初出場/ももいろ歌合戦出演者一覧
ももいろクローバーZが2日、大みそかに日本武道館で開催する「第5回ももいろ歌合戦」の出陣式をオンラインで行い、「忘れられない年越しに」と意気込みを語った。NHK紅白歌合戦出場の「終了」を宣言した歌手五木ひろし(73)ら50組を超える出演者を発表し、「4人そろって五木さんとコラボできるならしたい」とラ...
別窓で開く

「愛おしいよ」前田敦子、息子飾りつけのクリスマスツリーを公開「成長が目まぐるしくて驚きと感動」
「愛おしいよ」前田敦子、息子飾りつけのクリスマスツリーを公開「成長が目まぐるしくて驚きと感動」 12月2日、前田敦子がInstagramを更新した。【写真】息子が飾りつけをしたクリスマスツリーを公開前田は、自身のInstagramアカウントに...
別窓で開く