本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



升毅「まだ悲しみとの距離が全然取れていない」急逝した監督への特別な思い
東日本大震災から10年という節目を迎えた今年、改めて命の重みや大切な人を亡くす悲しみと向き合った人も多いはずです。そんな思いに寄り添ってくれるのは、まもなく公開を迎える注目のドキュメンタリー『歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3・11をたずねて』。そこで、本作についてこちらの方にお話をうかがってきまし...
別窓で開く

影のイタズラから偶発的に生まれた写真 5選
光を遮ることでできる影。影は光を遮った物体の形に類似したものになることが多いのですが、光の角度などに応じてちょっと変わった形の影となる場合もあったりします。時には人間の目を欺くような形の影ができてしまうこともあるようです。影のイタズラから偶発的に生まれた写真をいくつかご紹介します。...
別窓で開く

「最高にカッコいい」「ananの表紙で使えそう」本田圭佑のモデル風ポートレートにファン歓喜!
 元日本代表の本田圭佑が9月26日、自身のインスタグラムを更新。私服でのポートレート写真を掲載し、「かっこいい」「素敵」などとファンからの大きな反響を呼んでいる。  今月14日、リトアニア1部のスードゥバへの加入が決まった本田は、現地TV局へのインタビューに応じ、「僕は5か月間、どのチーム...
別窓で開く

愛猫の健康はアプリと全自動猫トイレで管理した方が楽だし正確だよね
都会暮らしでも比較的飼いやすいペットといわれるのがネコちゃん。愛くるしいしぐさや表情には、眺めているだけでも癒されますよね。もちろん、大事な家族の一員とはいえ、ネコちゃんとの暮らしにはそれなりの悩みもあるわけで、例えばトイレの後処理もそのひとつ。排泄のたびに片付けるのはやっぱり大変だし、ニオイも気に...
別窓で開く

「ラ・マル しまなみ」10〜11月に三原まで延長運転 広島行き観光クルーザーに接続
岡山〜広島を海路と陸路で縦断できます。アートとともに瀬戸内の旅を楽しむ列車 JR西日本は2021年8月18日(水)、岡山県内・瀬戸内エリアで土日を中心に運行される観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」の運転計画を発表しました。 観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」は「期待を膨ら...
別窓で開く

仏・強制収容所での壮絶な実話をアニメ化 映画『ジュゼップ 戦場の画家』
画家ジュゼップ・バルトリは1910年生まれのスペイン人。風刺漫画家でありながらスペイン内戦時代の20代の頃は共和国軍の一員として戦う。’45年にはNYに渡り、マーク・ロスコやウィレム・デ・クーニングらとも交流。雑誌『ホリデイ』『サタデー・イブニング・ポスト』のイラストを手掛け、芸術家としての名声を確...
別窓で開く

スペイン内戦に翻弄された画家の壮絶な生涯を描いた『ジュゼップ 戦場の画家 』日本での高評価に「感性の琴線に触れることが出来たのかなと思います」
セザール賞長編アニメーション賞受賞をはじめ、世界中で喝采を浴び、日本でも絶賛されたオーレル監督長編アニメーションデビュー作『ジュゼップ 戦場の画家』。8月13日より公開となります。実在する画家でイラストレーターのジュゼップ・バルトリを主人公にし、1939年まで続いたスペイン内戦でフランスへと逃れたジ...
別窓で開く

「日本のアニメには新しい息吹がある」フランスアニメの気鋭監督が語る魅力
東京アニメアワードフェスティバル2021でグランプリと東京都知事賞を受賞した注目のアニメーションが、ついにフランスから日本に上陸。アニメ好きのみならず、世界各国の観客を魅了している話題作をご紹介します。『ジュゼップ 戦場の画家』【映画、ときどき私】 vol. 4021939年2月、スペイン内戦から逃...
別窓で開く

暑い夏を爽やかな気分にしてくれる   “音楽”に注目のアニメーション映画3選
セザール賞長編アニメーション賞受賞をはじめ、世界中で喝采を浴び、日本でも絶賛されたオーレル監督長編アニメーションデビュー作『ジュゼップ 戦場の画家』を、8月13日(金) 、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となります。日本の映画祭でも喝采を浴び、早くから話題となった『ジュゼップ 戦場の画家』。...
別窓で開く

銀座にラルフ ローレンが手掛ける日本初のスケートボードランプが期間限定で出現
2021年7月30日、期間限定コンセプトストア「ラルフ ローレン 銀座」内ガーデンテラスに、ラルフ ローレンが手掛ける日本初のスケートボードランプ「RALPH LAUREN GINZA SKATEBOARD RAMPS」が登場します。...
別窓で開く


[ boi ] の関連キーワード

anan スペイン フランス ローレン